療法食としても有名なロイヤルカナンですが、健康なネコちゃんを対象としたキャットフードのラインナップも豊富です。
では一体、その他にはどんな魅力があって人気を集めているのでしょうか?
今回は、ロイヤルカナンという商品の良い点から悪い点まで徹底的にご紹介していきたいと思います。

ロイヤルカナンってどんな商品?

ロイヤルカナンでは、多くの種類のキャットフードを取り扱っており、その機能は品種や年齢、生活環境や体内のメンテナンスと幅広く対応しています。
その機能性の良さから、多くのペットショップやネット通販などで取り扱いがされています。
そこでまずは、ロイヤルカナンの特徴をご紹介します。

注視すべき原材料

まずは、ロイヤルカナンの原材料をご覧下さい。

肉類(鶏、七面鳥)、とうもろこし、植物性分離タンパク*、動物性脂肪、コーングルテン、米、小麦、植物性繊維、加水分解タンパク(鶏、七面鳥)、小麦粉、チコリパルプ、魚油(オメガ3系不飽和脂肪酸源)、大豆油(オメガ6系不飽和脂肪酸源)、酵母および酵母エキス、フラクトオリゴ糖、ルリチシャ油、マリーゴールド抽出物(ルテイン源)、アミノ酸類(DL-メチオニン、L-リジン、タウリン、L-カルニチン)、ゼオライト、ミネラル類(Cl、Ca、K、Na、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(A、コリン、D3、イノシトール、E、ナイアシン、C、パントテン酸カルシウム、B6、B2、B1、葉酸、ビオチン、B12)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)

(『FBNアメリカン ショートヘアー』を参考)

日本で昔から馴染みのあるネコちゃんの品種といえば、『アメショー』の愛称でお馴染みのアメリカンショートヘアではないかと思い、今回はロイヤルカナンの『フィーライン ブリード ニュートリションシリーズ(FBN)』から、アメリカンショートヘアに適したレシピで製造されたキャットフードを例にあげてご紹介します。

ロイヤルカナンでは主原料に鶏や七面鳥といった肉類を使用しているため、一見すると動物性タンパク質が豊富に使われていますが、原材料を詳しく見てみると、とうもろこしや米、小麦などといった穀物が多く使われているので、穀物が主原料のキャットフードと考えられてもおかしくありません。

そこで以下では、ロイヤルカナンFBNシリーズのアメリカンショートヘアに使われている素材の特徴をご紹介します。

また、ご紹介している素材がネコちゃんに適しているか否かを判断しやすくするため、良質な素材はオレンジ、給餌に注意やケアが必要、または判断が難しい素材をグリーン、給餌を避けるべき素材をブルーで表示します。

肉類(鶏、七面鳥)】 動物性タンパク質として適している

鶏や七面鳥といった家禽ミート(鳥類の家畜のこと)は、肉食動物であるネコちゃんが必要としている動物性タンパク質なので、栄養をスムーズに吸収することができることから、近年増加傾向にあるキャットフードによるタンパク質のアレルギーの影響を受けにくいです。

但し、ロイヤルカナンで使用されている肉類はヒューマングレード(人間の食品基準を満たしたペットフードのこと)ではないので、安全面については少し気になるところです。

魚油】 オメガ3脂肪酸の源

魚油とは、イワシやサンマなどの大量に捕獲される魚から摂れる脂肪油のことで、脳の働きを活発にしたり、血液の流れを良くしたりするEPADHAといったオメガ3脂肪酸が含まれています。

大豆油】 オメガ6脂肪酸が豊富

大豆油とは、大豆の種子から摂れる油脂のことで、アレルギー抑制などが期待されているオメガ6脂肪酸が豊富に含まれています。

酵母および酵母エキス】 タンパク質が豊富

酵母は、ネコちゃんだけでなく、すべての哺乳類の皮膚や消化器官にすんでいるといわれており、豊富なタンパク質やビタミンによって健康をサポートする効果があります。
また、長年発酵し続けた天然の酵母は、その効果が高いことが分かっているので、人間の手で養殖された酵母より、天然酵母が使用されているキャットフードの方が、より高い栄養効果を発揮してくれます。

フラクトオリゴ糖】 善玉菌を増やす

お腹の中には、善玉菌と悪玉菌があり、おやつばかり食べたり、味付けがされた食事を多く食べたりと、乱れた食生活を送っていると、善玉菌が減り、悪玉菌が活発になって、便秘や消化不良を起こすこととなりますが、このような危険な事態を防いでくれるのが、フラクトオリゴ糖です。
フラクトオリゴ糖はビフィズス菌や乳酸菌といった善玉菌の有用栄養源となるため、善玉菌を増やし、腸内の腐敗物を体外へ排出したり、悪玉菌の数を減らしたりすることに一役かってくれます。

ルリチシャ油】 オメガ6脂肪酸を含有

ルリチシャ油とは、ルリジサという青紫色の花(ハーブの一種)の種子から摂れる油脂のことで、大豆油同様、オメガ6脂肪酸を含んでおり、皮膚の乾燥による痒みを抑える効果があります。

マリーゴールド抽出物】 ルテインを配合

マリーゴールドの花言葉の1つに『健康』という言葉があり、マリーゴールドが持つ効果は昔から知られていました。
特に、視覚機能の調整に特化したルテインの効果は絶大で、シニア猫の白内障予防や、コントラスト感度の向上に役立っています。

植物性分離タンパク】  通常の植物性タンパク質より溶けやすい

タンパク質には2種類あり、肉や魚から得られる動物性タンパク質と、小麦や大豆といった植物から得られる植物性タンパク質に分けられ、肉食のネコちゃんの身体に適しているタンパク質は動物性タンパク質であることが分かっています。
しかし、ロイヤルカナンでは、植物性分離タンパクという水への分散性に優れた植物性タンパクを使用しており、公式サイトでは、消化率90%以上の超高消化性タンパクと紹介されています。

動物性脂肪】  大切なエネルギー源だが、摂取方法は要注意

動物性脂肪はその名の通り、肉から取れる脂肪のことで、動物が活動するために必要なエネルギーとして大切な栄養素ですが、それ故に、摂取量が多いと肥満や動脈硬化などの原因になるため、注意が必要な素材です。

また、動物性脂肪は人間の食品にも広く使われており、中でもベーコンや、牛や豚、羊といった肉に含まれている動物性脂肪は国際がん研究機関で発がん性のリスクがあるといわれているので、人間の食事をネコちゃんにあげている飼い主さんは、こちらもチェックしておくといいですよ。

植物性繊維】  糸や布として使用されることもある

植物性繊維は植物から取れる繊維のことで、別名『セルロース』とも呼ばれています。
主に糸や布として利用しているため違和感を示す愛好家もいますが、食物から直接、採取しているということもあり、問題視していない専門家が多いです。

加水分解タンパク(鶏、七面鳥)】 アレルギー対応としても使用されている

加水分解タンパクとは、鶏や七面鳥などに含まれるタンパク質を水によって分解して、より小さなタンパク質にすることで、旨味やコクをもたらすとして、多くの食品にも使用されています。
また、タンパク質にアレルギーを示すネコちゃんは、タンパク質の分子が小さくなることで、身体が過度に反応しなくなるといわれており、タンパク質によるアレルギーに対応したキャットフードに使われることもあります。

そして、加水分解には3種類の方法があり、その内の塩素分解法を使った場合、発がん性物質が少量生成するといわれています。
現在では安全面を考慮し、酵素分解法や熱水抽出法が増えてきていますが、コスト面などの理由により主流は塩素分解法です。

チコリパルプ】 植物繊維のこと

チコリパルプとは、チコリの植物繊維のことで、お通じ改善などに役立つとされていますが、製紙の原料として使われることもあります。

アミノ酸類、ミネラル類、ビタミン類】 栄養素の添加が多い

このキャットフードは総合栄養食(そのフードと水だけで必要な栄養素を確保することができるペットフード)のため、栄養素を調整するためにサプリメントを添加していますが、添加している量が気になります。
キャットフードによってはレシピや調理方法を工夫して、食材がもつ天然の栄養素を存分に引き出し、サプリメントの添加を極力抑えているケースもありるので、これ程多くの栄養素を添加していると不安が残ります。

以下は、ロイヤルカナン『FBNアメリカン ショートヘアー』に添加されているサプリメント全種です。

  • アミノ酸類  DL-メチオニン、L-リジン、タウリン、L-カルニチン
  • ミネラル類  Cl、Ca、K、Na、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se
  • ビタミン類  A、コリン、D3、イノシトール、E、ナイアシン、C、パントテン酸カルシウム、B6、B2、B1、葉酸、ビオチン、B12

  • とうもろこし、コーングルテン、米、小麦、小麦粉】 穀物はアレルギーの原因

    上記でも少しご紹介しましたが、ネコちゃんは肉食動物のため、腸が短いので、穀物のように消化に時間と手間が掛かる食材は苦手としており、このような素材を繰り返し摂取することで体調不良やアレルギーを起こしてしまうことがあります。
    それでもキャットフードに穀物を使用するのは、肉や魚に比べて安い値段で仕入れることができる上、総合栄養食として必要なタンパク質(植物性)が確保できるので、未だにキャットフードに取り入れられているのです。

    ゼオライト】 猫砂に使われることが多い

    ゼオライトは別名『沸石』と呼ばれており、吸着機能、イオン交換機能、触媒機能の3つの効果が期待されていることから、消臭・除菌を目的として猫砂に用いられることが多いです。
    また、水を浄化したり、土壌を改善したりする効果もあるので、水槽や園芸に使われることもあります。
    このように間接的に利用する機会があっても、体内に取り入れるキャットフードに使われることは珍しいです。

    酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)】 発がん性や未確認の点に注意

    酸化防止剤の中には危険なものも多く、ロイヤルカナンで使われている、BHAと没食子酸プロピルは注意が必要な酸化防止剤です。

    まず、BHA(『ブチルヒドロキシアニソール』の略)は環境省で使用上の規定の量が決められています。
    1981年、発がん性があるとして厚生省が使用禁止を求め、翌年、規制告示が成されたのですが、同年、アメリカやイギリスに再調査を求められ、1998年に使用再開を果たされています。(人間の食品における出来事です。)

    続いて、没食子酸プロピルは、単体で摂取した場合、変異原性が認められており、他の物質と一緒に摂取した場合の相互作用については未確認のため、危険視されています。

    適正な成分

    まずは、ロイヤルカナンキャットフードの成分をご覧ください。

    たんぱく質 29.0 %以上、脂質 14.0 %以上、粗繊維 6.5 %以下、灰分 8.1 %以下、水分 6.5 %以下、 カロリー含有量(代謝エネルギー) 383 kcal/100 g

    (『アメリカン ショートヘアー』を参考)

    ロイヤルカナンの成分はキャットフードとして理想的な数値であり、活発で好奇心旺盛なネコちゃんが多いアメリカンショートヘアは運動量も多いので、エネルギー含有量も丁度良いといえます。

    豊富なラインナップ

    ロイヤルカナンでは、大きく分けて3種類のキャットフードがありますので、以下でご紹介いたします。
    あなたのネコちゃんに合ったキャットフードを探す参考にしてみてください。

    ちなみに、ロイヤルカナンでは療法食の取り扱いもしていますが、療法食は獣医師の指導に従って与えることを目的として製造されているため、個人での選択は難しいので、今回は総合栄養食のみをご紹介いたします。

    フィーライン ブリード ニュートリション(FBN)】品種に合わせたキャットフード

    FBNは、ネコちゃんの品種によって異なる身体の特徴や必要とする栄養に配慮して作られた、品種専用のキャットフードです。
    また、ネコちゃんのマズル(口吻)に合わせて粒の形も調整しているので、キャットフードの食べにくさに悩んでいる鼻ペチャさんにもオススメです。

    以下では、ロイヤルカナンで取り扱っている品種専用のキャットフードを一覧でご紹介いたします。

  • アメリカンショートヘア
  • ノルウェージャンフォレストキャット
  • ブリティッシュショートヘア
  • ラグドール
  • メインクーン
  • シャム
  • ペルシャ、チンチラ、ヒマラヤン
  • ※ペルシャ、チンチラ、ヒマラヤンは、同じ血統のネコちゃんであり、毛色や出生地によって呼び方が異なっています。

    フィーライン ケア ニュートリション(FCN)】特別なケアを叶えるキャットフード

    FCNは、キャットフードで「毛玉ケアがしたい!」「オーラルケアがしたい!」「肥満予防がしたい!」など、特別なケアをしたいネコちゃんのために、成分を調整しています。
    また、FCNはドライフードとウェットフードの取り扱いがあるので、組み合わせて与えてられ、パッケージや公式サイトでは給餌方法も記載されています。

    以下では、ロイヤルカナンで取り扱っている特別なケアができるキャットフードを簡単にご紹介いたします。

  • ヘアボール ケア
  •   体内の被毛を便と一緒に体外へ排出するためのサポートが可能!

  • ライト ウェイト ケア
  •   体重が気になるネコちゃんのため、健康的な体重維持をサポート!

  • ヘアー&スキン ケア
  •   被毛と皮膚の健康維持をサポート! 長毛種のネコちゃんに人気です。

  • オーラル ケア
  •   粒の大きさや形を調節して噛む時間を増やし、ブラッシング効果を発揮!
      ※FCNシリーズで唯一、ウェットフードの取り扱いがありません。

  • ユリナリー ケア
  •   ミネラルバランスを調整して尿pHを下げ、ネコちゃんが形成しやすい尿路結石を防止!

    ※FCNは総合栄養食であり、療法食ではないので、獣医師の指導は必要ありません。

    フィーライン ヘルス ニュートリション(FHN)】年齢や個性に合ったキャットフード

    FHNは、年齢やライフスタイル、嗜好性など、個々のネコちゃんに合わせて栄養バランスが考えられたキャットフードです。

    以下では、ロイヤルカナンで取り扱っているFHNを簡単にご紹介いたします。

    母猫・子猫シリーズ

  • ベビーキャット ミルク
  •   誕生から生後2ヶ月の子猫を対象にしたインスタントミルクです。

  • マザー&ベビーキャット
  •   妊娠から授乳期までの母猫と生後1ヶ月から4ヶ月の子猫を対象とした栄養豊富なキャットフードです。

  • キトン
  •   生後12ヶ月までの子猫を対象とした成長期に欠かせない栄養を含んだキャットフードです。

    成猫シリーズ(対象年齢:生後12ヶ月から7歳まで)

  • アロマ エクシジェント
  •   アロマの香りで食欲を刺激するキャットフードです。

  • セイバー エクシジェント
  •   味わいと食感で食欲を刺激します!

  • プロテイン エクシジェント
  •   タンパク質含有量40%以上の高たんぱくキャットフード!

  • インドア
  •   室内で生活をしているネコちゃんに適した栄養バランスで、便臭のケアもしてくれます! 

  • インドア ロングヘアー
  •   室内で生活をしている長毛種のネコちゃんのため、グルーミングにより誤飲した被毛も便と一緒に体外へ排出できるように食物繊維が豊富に含まれています! 

  • アペタイト コントロール ステアライズド
  •   食いしん坊や不妊手術により太りやすいネコちゃんのためのキャットフードです!
      満腹感があるので、食欲を満たしてくれます。

  • フィット
  •   外出をするネコちゃんを対象に作られたキャットフードです!
      適度に運動をしているネコちゃんにも適しています。

  • センシブル
  •   胃腸が弱い子のために作られた高エネルギーのキャットフード!
      代謝エネルギーが高いことで消化する食事の量を減らせるので、身体への負担を抑えることができます。

    中高齢猫シリーズ(対象年齢:生後7歳から12歳まで)

  • インドア 7+
  •   室内で生活をしている中高齢のネコちゃんを対象にしたキャットフード!
      ビタミンやミネラルの調整をして、ネコちゃんが弱りやすい腎臓の健康をサポートします。

  • アペタイト コントロール ステアライズド 7+
  •   太りやすいネコちゃんのためのキャットフード!
      加齢に伴い太りやすくなるネコちゃんたちの体重管理を行なえます。

    高齢期シリーズ(対象年齢:生後12歳以上)

  • エイジング 12+
  •   老化に伴う食欲減退や腎臓の機能の健康をサポートをしてくれるキャットフードです。

  • エイジング ステアライズド 12+
  •   体重調整に適したキャットフードです!
      高齢に伴い運動量が減ったネコちゃんの体重を管理することに適しています。

    製造工場の新規設立によるロイヤルカナン難民

    ロイヤルカナンはフランスの工場で製造が行なわれていますが、2018年からアジアへの輸出は韓国工場から行なうこととなりました。

    ペットフードに関する安全基準は、輸出国の基準に従っているため、ペットフードへの安全意識が高いフランス製のロイヤルカナンは人気を集めていたのです。
    しかし、他国の工場で生産が行なわれることとなると、別のキャットフードに切り替えようと考える飼い主さんも多く、このような方々をネット上ではロイヤルカナン難民と呼んでいます。
    レシピそのものを変更する予定はないそうなので心配ないとは思いますが、ロイヤルカナンを与えている飼い主さんは健康への意識が高いので、このような言葉が生まれたのかもしれませんね。

    多頭飼いにも嬉しい内容量

    ロイヤルカナンの内容量は基本、400g入りと2kg入りです。
    1日の食事量が3kgのネコちゃんの場合35g(『FBNアメリカン ショートヘアー』を参考)のため、2kg入りの場合、2匹で食べれば約1ヶ月で完食できる量なので、フードの劣化の心配も不要となります。

    また、公式サイトや一部ペットショップまたは通販サイトにて、4kg入りと10kg入りも販売されていますが、フードの保存を考えると、保存環境が充実していない一般家庭での利用はあまりオススメできません。

    ロイヤルカナンを実際に使用した人たちの口コミまとめ

    ロイヤルカナンをあげている方たちが感じたリアルな口コミを、良い口コミと悪い口コミに分けてご紹介いたしますので、参考にしてみてください。

    ロイヤルカナンの良い口コミ

    女性

    便臭が緩和されました。

    うちの子は、とにかくうんちの匂いが強烈で、食事中にトイレをされると食欲が無くなり、直ぐに片付けずにはいられませんでした。
    けど、ロイヤルカナンをあげるようになったらうんちの匂いが抑えられ、「トイレしてたの?」と猫に尋ねるくらいでした。
    今後もあげ続けようと思っています。

    女性

    毛艶が良くなった!

    ロイヤルカナンに変えてから、毛がツヤツヤするようになりました。
    撫でると滑らかで、何度でも触りたくなります。

    女性

    獣医さんに勧められたので買いました。

    多頭飼いをしており、他の子の分まで食べてしまう子がいるので、獣医さんに相談したところ、ロイヤルカナンを勧められたので、与えることにしました。
    食い意地の悪さは治っていませんが、うちの子たちは皆、喜んで食べてくれるので継続してあげています。

    男性

    品種対応が嬉しい!

    我が家ではメインクーンを3匹飼っています。
    体格がしっかりしているので、その体つきに見合ったキャットフードが無くて困っていましたが、ロイヤルカナンでメインクーン用のキャットフードが販売されていることを知り、急いで購入しました。
    特別、気に入っている様子はありませんが、毎日、残さずに食べています。

    女性

    身体の弱点にアタックしてくれる!

    ネコを2匹飼育しており、そのうちの1匹が尿路結石になってしまい、元気な子も対策をしたいと思って、ロイヤルカナンをあげ始めました。
    今まで食べていたキャットフードを気に入っていたせいか、なかなか食べてくれませんでしたが、今では普通に食べてくれているので安心です。

    ロイヤルカナンの悪い口コミ

    女性

    添加物が怖い

    今までロイヤルカナンをあげていたのですが、発がん物質がある酸化防止剤を使っていると知り、他のキャットフードに変えました。
    気にしすぎなのかもしれませんが、この子には長生きして欲しいのでロイヤルカナンは中止しました。

    男性

    大量リコールの対象になった記憶が・・・

    2007年の大量リコールの際、ロイヤルカナンもその対象になった記憶があります。
    あのときは、多くのペットフードが対象になったので仕方がないのかもしれませんが、食べ物なので、1度でもリコール騒ぎを起こしたキャットフードはあげる気になれないのが正直なところです。

    ロイヤルカナンを実際に試してみた!

    今回は、ロイヤルカナンのインドアをあげてみました。

    フード自体は、あまり匂いがせず、オイルコーティングによるベタつきもありませんでした。
    いざ、フードをお皿に出して飼い猫に与えてみると、特に匂いを嗅ぐ仕草もなく、直ぐに食べ始め、休むことなく完食しました。

    今回は、1週間分のサンプルをいただいて試してみたので体調に大きな差はありませんでしたが、ウンチの匂いが若干、薄らいだように感じます。

    これほど喜んで食べてくれるのであれば、口コミ評価が高い理由も分かります。

    ロイヤルカナンはこんなネコちゃんにおすすめ

    ロイヤルカナンは様々なタイプのネコちゃんに合わせてキャットフードを作っているので、ターゲットを絞って勧めるのは難しいのですが、あえていうなら、キャットフードをあまり好まないネコちゃんにオススメです。

    ロイヤルカナンでは栄養や機能を中心として製造をしていますが、嗜好性にも力を注いでいるので、普段はあまりドライフードを食べない子なら、その差が如実に出ることでしょう。

    ロイヤルカナンは公式サイト、Amazon、楽天のどこが最安値で購入できる?

    ロイヤルカナンは多くの店舗や通販サイトで販売されています。
    以下では、公式サイト、Amazon、楽天の3ヶ所から、最も安いロイヤルカナンをご紹介いたします。

    公式サイト Amazon 楽天
    400g 822円 1,180円 516円
    2kg 3,402円 2,795円 2,380円
    4kg 5,875円 12,500
    ※但し、2袋セット
    3,980円
    10kg 11,750円 10,500円 8,200円

    ※全て税込み価格です。

    楽天が圧倒的な安さを誇っていました。
    ちなみに、公式サイトでは1回の注文につき5,000円(税抜)以上購入すれば送料が無料になります。

    ロイヤルカナンに関するよくある質問

    ロイヤルカナンの購入者が疑問に思ったことを質問形式でまとめてみました。
    購入前の判断材料にしてみてください。

    フードの切り替えには、何日間程度が必要ですか?

    フードの切り替えは、7~10日ほどかけて、徐々にロイヤルカナンへ移行してください。
    急に切り替えてしまうと、身体が新しいキャットフードに慣れていない状態なので、下痢や嘔吐をしてしまうことがあるため、気をつけましょう。

    開封後の賞味期限を教えてください。

    開封後は、1ヶ月から1ヶ月半を目安に食べきってください。
    未開封時は、風味と品質を守るために窒素充填包装を行なっていますが、開封するとその効果がなくなり、酸素に触れて劣化が始まるので、早めに完食することをオススメします。

    保存方法を教えてください。

    直射日光と高温多湿を避け、冷暗所で保存してください。
    冷蔵庫で保存する場合は、フードを冷蔵庫から出し入れする際に生じる結露に注意しましょう。結露はカビ発生の原因となります。

    ドライフードの表面がベタベタしていました。猫にあげても大丈夫でしょうか?

    ロイヤルカナンでは美味しさをアップするために、粒の表面にフレーバーをコーティングしています。
    気温の変化などにより、粒そのものの油分が溶け出し、フレーバーと触れてベタついて見えることがありますが、品質には問題ない、と公式サイトでも紹介しています。

    ただし、フレーバーには人工と天然の2種類があり、人工的に造られた化学調味料や香料であることも多いので、ロイヤルカナンが公表している情報だけでは安心できない部分もあります。

    ドライフードの色が以前と違いますが、品質に問題はありませんか?

    ロイヤルカナンのドライフードは、着色料を一切使用していないので、素材の色がフードに影響します。
    ロイヤルカナンでは頻繁に使われているコーングルテンや乾燥家禽は季節によって色が全く異なるので、以前とはフードの色が違ってしまうのです。

    まとめ

    ロイヤルカナンでは、ネコちゃんの特徴に合わせてキャットフードが製造されている一方、不安視されている原材料が目立ちます。
    ネコちゃんの健康志向が高まっている昨今、人気に陰りがでないことを願いたいところです。