生物学的に適切であるため、新鮮な肉を使って猫本来の食事をドライフードにしたプレミアムキャットフード『オリジンキャットフード』をご存知でしょうか?
今回は、驚くほどおいしいと話題のオリジンキャットフードの特徴や口コミ、よくある質問など、あなたが知りたいオリジンの情報をご紹介します。

目次

オリジンキャットフードってどんな商品?

オリジンキャットフードは食事における差別化を求めている飼い主さんのため、新鮮な肉を使用して猫が本来、食べている食事をドライフードで再現し、より猫らしい食生活を追求した結果、輝かしい数々の受賞歴を得ることができました。
以下では、安全と鮮度を追求したオリジンキャットフードの特徴をご紹介します。

オリジン公式サイトを見てみる♪

豊富な食材による天然の原材料

まずは、オリジンキャットフードの原材料をご覧下さい。

新鮮丸ごと大西洋サバ, 新鮮丸ごと大西洋ニシン, 新鮮丸ごと大西洋カレイ, 新鮮丸ごとアカディアンレッドフィッシュ, 新鮮大西洋アンコウ, 新鮮丸ごとシルバーヘイク, 乾燥丸ごとサバ, 乾燥丸ごとニシン, 乾燥 アオギス, ニシン油, 丸ごとグリーンピース, 丸ごとシロインゲン豆, 丸ごと赤レンズ豆, 乾燥 スケトウダラ, 乾燥 アラスカポロック, ヒマワリ油, 丸ごとピント豆, 丸ごとヒヨコ豆, 天然魚風味, 丸ごとグリーンレンズ豆, 丸ごとイエローピース, ベニバナ油, レンズ豆繊維, フリーズドライ タラレバー, 新鮮丸ごとカボチャ, 新鮮丸ごとバターナッツスクワッシュ, 新鮮ケール, 新鮮ホウレン草, 新鮮カラシ菜, 新鮮コラードグリーン, 新鮮カブラ菜,新鮮丸ごとニンジン, 新鮮丸ごとリンゴ, 新鮮丸ごと梨, 乾燥ケルプ, カボチャの種, ヒマワリの種, 塩化コリン, 亜鉛タンパク化合物, ミックストコフェロール(天然酸化防止剤), 銅タンパク化合物, チコリー根, ターメリック, サルサ根, アルテア根, ローズヒップ, ジュニパーベリー, 乾燥 ラクトバチルスアシドフィルス菌発酵生成物, 乾燥 プロバイオティクス発酵生成物, 乾燥 ラクトバチルスカゼイ発酵生成物

※他の種類のオリジンキャットフードには含まれていない食材や成分がありますが、
今回は『ORIJEN Six Fish』を参考にご紹介します。

オリジンキャットフードは、ニューイングランド沖で漁獲された新鮮な天然魚を使用することで、猫本来が必要としているたんぱく質を豊富に含有しています。

また、原材料の上位6種類の魚(サバ、ニシン、カレイ、アカディアンレッドフィッシュ、アンコウ、シルバーヘイク)においては、3分の2が保存剤を使用せずに冷蔵または急速冷凍にて保管しているため、かなり鮮度が高いです。

そして以下では、こだわりの食材とその効果をご紹介します。

また、優良な食材はオレンジ、注意が必要な食材はグリーン、危険な食材はブルーで表示します。

さらに、オリジンキャットフードでは優良な食材が豊富に使用されているため、優良な食材に限って「魚」「豆」「オイル」「野菜・果物・海藻」の4つのジャンルに分けてご紹介します。

】 乾燥やフリーズドライにより栄養&美味しさUP

オリジンキャットフードでは、以下の魚を乾燥させることでたんぱく質を濃縮し、少量でも十分な栄養素を確保することができています。
さらに、フリーズドライ加工を施すこともあり、それに伴い旨味を高め、魚がもつ美味しさをより引き立たせるので、愛猫も喜んで食べてくれます。

  • サバ
  • ニシン
  • カレイ
  • アカディアンレッドフィッシュ
  • アンコウ
  • シルバーヘイク
  • アオギス
  • スケトウダラ
  • アラスカポロック

ちなみに、日本ではあまり聞き慣れない『アカディアンレッドフィッシュ』は、カレイやアンコウと同じ底魚(海底または海底付近に生息する魚のこと)ですが漁獲が禁止されていた高級魚として扱われていたため、キャットフードに使用されることは滅多にありませんでしたが、2016年より持続可能な漁業として認証を取得したため、高品質を求めるオリジンキャットフードでも使用されるようになりました。

また、『シルバーヘイク』(別名は、メルルーサ)もアカディアンレッドフィッシュと同じ底魚で、底引き網漁により混獲されることが多く、日本ではお弁当の白身魚フライなどに使用されることがあります。

さらに、『アオギス』においては北西太平洋のみに分布しており、大西洋に位置するイングランド沖には生息していないので、乾燥したものを使用しています。

そして、原材料に分けて記載がされている『スケトウダラ』と『アラスカポロック』ですが和名と英名の違いだけで、同種の魚です。

】 豊富な食物繊維とビタミン&ミネラルの宝庫

市販のキャットフードで使用されている豆類は植物性たんぱく質を確保するために含有しているため、猫の身体に負担をかけてしまいがちです。
しかし、オリジンキャットフードでは十分な動物性たんぱく質を含有した上で豆類を使用しているため、ビタミンやミネラル、食物繊維を摂取しやすくなります。

以下では、特に優秀な働きをする豆をご紹介します。

グリーンピース』 トップクラスの食物繊維を含有

グリーンピースに含まれる豊富な食物繊維は不溶性食物繊維のため、水溶性食物繊維と比べて腸壁を刺激しやすいので、便秘に効果的です。

さらに、不要な腸内細菌や老廃物、発がん性物質を体外への排出を促す効果もあるため、善玉菌を増やしたり、がんの抑制をしたりする効果が期待できます。

また、茹でたグリーンピースを猫に与える場合は、すりつぶすと甘味が引き立つので好むことが多いですが、与え過ぎると消化不良を起こすので注意しましょう。

シロインゲン豆』『ヒヨコ豆』 豊富なミネラルと食物繊維を含有

シロインゲン豆とヒヨコ豆にはミネラルが豊富に含まれており、中でも鉄分が豊富で、その量は、市販のキャットフードに使われることが多い大豆と同等ともいわれています。
また、グリーンピースほどではありませんが、シロインゲン豆にも豊富な食物繊維が含まれおり、良質なたんぱく質も含有しているため、豆類の中では猫の体質に合った食材といえます。

赤レンズ豆』『グリーンレンズ豆』『ピント豆
豊富なビタミンやミネラル、食物繊維を含有

レンズ豆は食物繊維だけでなく、ビタミンB1、B2、B3、B5、B6などといったビタミンや、鉄分、マグネシウム、カルシウム、リン、セレン、亜鉛などといったミネラルといった栄養素が種類豊富に含まれています。
また、ピント豆(うずら豆)にもビタミンやミネラル、食物繊維が含まれており、中でも抗酸化作用に効果があるビタミンEも含んでいます。

オリジンキャットフードでは、栄養の添加が殆ど行われていないため、おそらく、赤レンズ豆やシロインゲン豆といった豊富な栄養素を使用することで、天然の栄養素を確保していることが伺えます。

イエローピース』 ビタミンAが豊富

イエローピース(黄色いエンドウ豆)は豆類には珍しく、ビタミンAが多く含まれています。

人間や犬などの雑食動物は、β-カロテンを摂取することでビタミンAを補給することができるのですが、肉食動物である猫はそれができないので、直接、ビタミンAを補給する必要があるので、イエローピースは猫にとって良質な天然の栄養素といえます。

オイル】 血液をサラサラにし、健康的な肉体づくりをサポート

オリジンキャットフードでは、『ヒマワリ油』と『ベニバナ油』が使用されており、それぞれにリノール酸という不飽和脂肪酸が約70%も含まれているため、動脈硬化や高血圧の原因となるLDLコレステロールを減少させる働きがあります。

また、ヒマワリ油は香ばしい匂いがするものの、くせがない油なく、ベニバナ油は無臭のため、使用してもオリジンキャットフード特有の食材の匂いを損なうことはありません。

野菜・果物・海藻】 ビタミンやミネラル、食物繊維を多く含む

野菜や果物には豊富な栄養素が含まれており、肉食動物である猫にも良質なビタミンやミネラルを補給させることができます。
また、海藻には野菜や果物を超える豊富なミネラルが含有されていることから、使用量を制御しています。

以下では、特に優秀な食材をご紹介します。

緑黄色野菜』 体に優しい食物繊維

まずは、以下の表をご覧ください。

食材 主な栄養素(効果)
カボチャ
バターナッツスクワッシュ
(カボチャの一種)
コラードグリーン
ビタミンC(免疫力向上)
ビタミンE(抗酸化作用)
ケール
カラシ菜
ビタミンC
カルシウム(大腸がんのリスクを下げる)
ホウレン草 ビタミンC
葉酸(食欲不振・口内炎の改善)
カブラ菜 ビタミンB1(疲労回復・食欲不振の改善)
ビタミンB2(新陳代謝の促進)
ニンジン
リンゴ
ビタミンC
カリウム(筋肉の保持)
ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンC

同じビタミンやミネラルでも、異なる種類のビタミンやミネラルを含有することで、サプリメントを上回る良質な栄養素を発揮することができます。

また、これらの野菜や果物には豊富な食物繊維が含まれているので、水をあまり飲まないネコちゃんでも、スムーズな便通が期待できます。

カボチャの種』『チコリー根』 尿トラブルを回避

カボチャの種やチコリー根には、排尿を促す効果があり、膀胱炎や尿路結石といった泌尿器系の病気を発症しやすい猫には嬉しい効果です。

ヒマワリの種』 美容効果抜群

ヒマワリの種には血流を改善する効果があるため、皮膚の調子を整え、被毛を美しくする効果が期待されており、ヒマワリの種を加工して作られた化粧品もあります。

ケルプ』 豊富すぎるミネラル

ケルプとは、コンブ科やヒバマタ科など大形海藻全般の総称です。
便秘や貧血、消化不良の改善に効果がありますが、過剰に摂取すると便秘や冷え性の原因になるため、オリジンキャットフードでは少量を使用しています。

ニシン油】 レンダリングにより製造

ニシン油とは、ニシンまたはニシンの副産物(骨や頭、ウロコや内臓など)を高熱処理して抽出したものです。また、この工程をレンダリングといいます。

レンダリングはキャットフードの製造工場とは異なる工場で行われることが多く、素材となる食材の品質や鮮度をフードの製造元が確認することは殆ど無いので安全とは言い切れません。

オリジンキャットフードでは、世界最高と謳われる工場を有しているため、自社でニシン油を製造している可能性はありますが、その旨については開示されていません。

ターメリック】 食べられないネコちゃんがいる

ターメリックはショウガ科の一種で、血液をサラサラにしたり、肝機能を高めたりする効果があります。

しかし、胆石、胆汁管に障害があったり、胃潰瘍、胃酸過多を患っていたり、妊娠したりしている猫には刺激となるので、ターメリックを使用していないフードを与えることをオススメします。

天然魚風味】 原材料不明

オリジンキャットフードには、天然魚風味という素材が使用されています。
おそらく、フードの匂いを良くするための香料やパウダーのようなものでしょうが、具体的にどのような物か分からないので、不安なところです。

肉食動物の猫に適した高たんぱく・高カロリーの成分

まずは、カナガンキャットフードの成分をご覧ください。

粗たんぱく質 40%以上、粗脂肪 20%以上、粗繊維 3%以下、水分 10%以下、カルシウム 1.5%以上、リン 1.3%以上、マグネシウム 0.1%以下、タウリン 0.3%以上、オメガ6脂肪酸 2.5%以上、オメガ3脂肪酸 2.1%以上、DHA 1.1%以上、EPA 0.65%以上、代謝エネルギー 406kcal/100g

※『ORIJEN Six Fish』参考

猫にとって大切な栄養素といわれるたんぱく質と脂肪の合計が60%以上という数字は、高たんぱくのキャットフードの特徴です。

また、代謝エネルギーが406kcal/100gと、他のプレミアムドッグフード(良質故に高価なフードのこと)よりカロリーが高いので、運動をたくさんさせると、良質な筋肉がついて健康的な身体を形成することができます。

12種類の著名な賞を受賞

オリジンキャットフードは、こだわりの工場やレシピ、購買活動などにより、数々の賞を受賞しています。

以下では代表して、近年に受賞した3種類の賞を表にして簡潔にご紹介します。

賞名 対象 年度 内容
DBIA賞 DOGSTAR® キッチン
※自社工場
2016年度 DBIA賞(デザイン・ビルト・インスティテュート・オブ・アメリカ賞)は、工業や加工業、研究機関施設のジャンルに与えられる賞です。
オリジンキャットフードを製造しているDogStar®という工場は、ペットフード設備として初めて受賞しました。
マーケテイング殊勲賞 Champion Petfoods
※製造・販売元
2016年度 その組織や企業にとって、多大な影響を与えたマーケティング戦略を開発し、尚且つ、実施した組織や企業に与えられる賞です。
アルバータ州首相殊勲賞 Champion Petfoods 2015年度 アルバータ州をより良い州へと発展させるために貢献した組織に与えられる賞で、優れたビジネスの実績と強いリーダーシップを示し、地域のために貢献し続けること実証しなければ得られない賞です。

安全で栄養のあるキャットフードを作るための自社工場

オリジンキャットフードは、USDA(アメリカ合衆国農務省)、FDA(アメリカ食品医薬品局)、カナダ政府、EU(欧州連合)など、厳しい標準を設けている機関に見合った食品安全工程が行われている自社工場で調理をしています。

また、工場では自社ブランドであるオリジンとアカナのみを製造しています。
これは、他者のフードを製造しないことで、自社のこだわりや良さを最大限に発揮できると考えているからです。

5タイプのキャットフード

オリジンキャットフードでは、5つのタイプのキャットフードを扱っているので、一覧にしてご紹介します。

ORIJEN Cat & Kitten(キャット&キティ) 子猫から高齢猫まで、全ライフステージ向けのキャットフードです。
鶏や七面鳥といった肉だけでなく、その鳥が産んだ卵や、サバやニシンといった魚もバランス良く使用しています。
ORIJEN Six Fish(シックスフィッシュ) 当記事の原材料や成分の参考にてご紹介したキャットフードで、魚をメインに調理された全ライフステージ用のキャットフードです。
新鮮な魚を使用しているため、フードからは魚のいい匂いがします。
ORIJEN Regional Red(レジオナル・レッド) アンガスビーフ、イノシシ肉、ボーアヤギ肉、ロムニーラム肉、ヨークシャー豚肉、天然サバといった豊富な種類の肉を使用しているため、たんぱく質アレルギーの対策もできる全ライフステージ用のキャットフードです。
フード全体の肉と魚の割合が90%を超えているため、猫本来の食事に近いキャットフードといえます。
ORIJEN Tundra(ツンドラ) イノシシ肉や鹿肉といった筋肉質で脂肪分が少ないジビエ肉や、良質なたんぱく源となる放し飼いされた鴨肉とマトン肉を使用した、全ライフステージ用のキャットフードです。
祖先の猫と同じような食事をすることで、他のキャットフードより高い栄養価を得ることができます。
ORIJEN Fit & Trim 体重が増えすぎてたネコちゃんのため、たんぱく質を増やし、炭水化物を制限したキャットフードです。
脂肪を適度に含有しているため、ダイエットによるイライラが起こりにくいです。
※キャットフード名をクリックすると、オリジンキャットフードの公式HPへ移行します。

飼育環境に合わせた内容量

オリジンキャットフードは、パッケージにもこだわりをもっています。

飼育環境や頭数に合わせた4つの内容量

オリジンキャットフードは飼育しているネコちゃんの頭数や食の細さなどに合わせて、340g1.8㎏2.27㎏5.45㎏4種類のサイズに分けて販売をしています。

ちなみに、日本で飼育されている成猫(1~6歳の猫)の平均体重が3~4㎏とされており、その体重を参考に給餌量を計算すると、30日で1.71㎏を必要とする計算になります。

飼育頭数や猫の体重や年齢を考慮した上で、キャットフードを選びましょう。

鮮度を保つアルミ箔裏地

Champion Petfoodsが販売しているペットフードのパッケージは、酸素が袋を通過しないため、アルミ箔裏地を採用しており、密封後は酸素の出入りはできません。

また、袋の中に残った酸素は排気システムで押し出されており、その量には多少の差があり、真空パックに見える状態の袋もありますが、品質に差はありません。

オリジンキャットフードを実際に使用した人たちの口コミまとめ

実際にオリジンキャットフードを使用した人たちのリアルな口コミをまとめてみました。

オリジンキャットフードの良い口コミ

女性

たくさん食べてくれる

どのドライフードをあげても食いむらがあり、思うようい食べてくれませんでした。
でも、オリジンのキャットフードをあげると初めて完食しました。

男性

毛艶が良くなった!

まだ2歳なのに毛がパサパサしていたので、試しに340gのキャット&キティをあげてみました。
直ぐに効果はでませんでしたが、食いつきが良かったので2ヶ月くらい続けたら、毛がツヤツヤして、撫でると気持ちがいい毛に生まれ変わりました。今では、シックスフィッシュやレジオナルレッドと交互にあげています。

男性

安全

食材の産地や飼育方法や工場の様子などを公開しているし、安全なものだけを選りすぐって調理しているのは、安全である証拠だと思うのであげています。

女性

軟便が治りました。

子猫の頃から、軟便か下痢をしていたので、うちの子に合ったキャットフードを探していたところ、オリジンが良い、という噂を聞きつけ、早速あげてみました。
オリジンをあげてから1週間ほどすると、コロコロとした適度な硬さがあるウンチをするようになり、安心しました。
今では手放せません。

女性

穀物不使用だから選びました

猫に穀物は良くないと猫の専門誌に書かれていたので、穀物不使用のオリジンを選びました。
食いつきはいいし、調子も良さそうなので、うちの子に合ったキャットフードを見つけ出すことができました。

男性

飼い猫が妊娠したので、その期間だけ与えました

普段は市販のキャットフードをあげているのですが、飼い猫が妊娠したので、体にいいものを食べさせてあげようと思い、オリジンをあげました。
子猫が生まれてからしばらくはオリジンをあげていましたが、母子ともに喜んで食べていました。

女性

オリジンのシックスフィッシュを重宝してます。

ドライフードを食べると、毛が抜けたり、皮膚が赤くなったりしているので、病院で検査をしたら「鶏アレルギー」が発覚しました。
それからは、魚を主原料にしているキャットフードをメインであげており、シックスフィッシュはその内の一種類です。

オリジンキャットフードの悪い口コミ

男性

長期間あげるのはダメみたいです。

ネットで安いものを見つけ、一度に2袋購入したところ、1袋目は喜んで食べてくれたのですが、2袋目は飽きてしまったのか、残すようになりました。

女性

大袋の管理が大変

1袋5㎏以上もある大袋なのにジッパーもついていないので、保管が大変です。
猫好きの知り合いに「小分けにするといいよ!」といわれて実行してますが、もう少し、使いやすい袋を用意して欲しいです。

オリジンキャットフードを実際に試してみた!

オリジンキャットフードは開封すると、かつお節のような良い匂いがし、当時、初めて購入したプレミアムフードだったので、市販のキャットフード特有のオイルや人工香料の匂いがするものと思っていたので、衝撃的でした。

お皿へ出す前に、数粒を床に落としてしまうと、遠巻きに様子を見ていた飼い猫が、落ちた粒の匂いを嗅ぎ、口へ入れました。
美味しかったようで、残りの粒も食べると、私の背中に飛び乗って催促をしていました。

お皿に出して与えると、1分とかからずに完食しました。

その後、繰り返し、オリジンキャットフードを与えていると、だんだんと毛艶が良くなり地肌の赤みが薄らぎほんのり桜色のキレイな皮膚になりました。

ちなみに、私は小型犬も1匹飼っているのですが、その子もオリジンキャットフードを食べたがっており、猫が数粒を残すと、お皿を舐めてキレイにしていました。

オリジンキャットフードはこんなネコちゃんにおすすめ

オリジンキャットフードは、猫の食いつきが抜群に良いので、食いムラがあるネコちゃん食が細いネコちゃんにオススメのキャットフードです。

また、小麦やトウモロコシといったアレルギーを起こしやすい穀物は一切使われていないので、穀物アレルギーのネコちゃんも安心して食べることができます。

ただし、ジビエ肉やヤギ、鴨といった日本で販売しているキャットフードにはあまり使われていない肉を使用しているフードの場合、警戒して食べないことがあるので、フードの切り替えを行うときは慎重にしてください。

オリジンキャットフードは公式サイト、Amazon、楽天のどこが最安値で購入できる?

公式サイトのアカナファミリージャパンでは、同社が製造を行う『アカナ』のみを販売しているため、『オリジン』を購入するためには、ペットショップもしくはAmazonや楽天といった通販サイトで購入する必要があります。

以下では、Amazonと楽天の料金をご紹介します。

Amazon 楽天
30g 162円
340g 1,312円 1,080円
1.8kg 6,123円 5,011円
2.27kg 12,700円
5.45kg 14,580円 9,199円
※サイトによっては取り扱いが無いタイプやサイズがあるため、種類は問いません。

オリジン公式サイトを見てみる♪

オリジンキャットフードに関するよくある質問

以下は、オリジンキャットフードに関するよくある質問をまとめました。

カナダとアメリカに工場がありますが、違いはなんですか?

DBIA賞を受賞したアメリカのキッチンでは、地域の新鮮な原材料を使用し、他社のキャットフードを一切製造しないというルールを設け、より向上したフードの製造に勤しんでいます。
カナダのキッチンは従来のものであり、良質なキャットフード作りが行われていますが、アメリカのキッチンの方が、更に新鮮な食材を使用して調理を行っています。

原材料の新鮮チキンと生チキンの違いを教えてください。

頭に『新鮮』と付いている原材料は、保存剤を全く使用せずに冷蔵で新鮮な肉を保存した場合に用いられている一方、『生』と付いている原材料は、最盛期の栄養が保たれるように、急速冷凍を行った食材に使用されており、どちらにおいても保存剤は使用されていません。

中国産原料を使用していますか?

オリジンキャットフードでは、中国産原料を一切使用しておらず、添加されるビタミンやミネラルにおいても、中国産のものは取り扱いをしていません。

まとめ

オリジンキャットフードは、安全を徹底的に追及してできたキャットフードです。
原材料には、猫の先祖が食べていたものを出来る限り使用し、猫の体質に合ったフード作りがされています。

市販のキャットフードと比べると価格はかなり高価ですが、鮮度や品質を考えると手頃な価格帯です。