猫は人間と違って言葉で体の不調を訴えることができないので、飼い主が日頃から様子をよく見て体調の変化に気づいてあげる必要があります。元気がない、ぐったりしているように見える、そんな時は熱を測ってみて適切な処置をしてあげましょう。

この記事では猫の体温やその測り方、熱がある時や低体温の時の対処法について解説します。

猫の平均体温

猫は平熱で38~39度ぐらいと人間より体温が高めの動物です。

子猫なら38度台後半、成猫で38度5分ぐらい、高齢猫だとやや低めで38度ぐらいになります。

39度~39度5分ぐらいなら微熱ですが、それ以上になると熱があると言えるでしょう。40度5分以上にもなると高熱です。逆に、38度を切るようだと低体温となります。

人間の平熱に個人差があるように猫にも個体差があるので、普段から時々測っておいて飼い猫の平熱を知っておくと体調の変化に気づくことができ、健康管理に役立ちます。

猫の体温の測り方

人間が熱を測る時は脇の下に体温計を挟むのが一般的ですが、猫の場合脇の下で測ると誤差が生じやすいので耳か肛門で測るのが良いとされています。

脇の下でも測れないことはありませんが、人間が測る時より長い時間測る必要があります。

耳で測る場合

耳で測るタイプの体温計なら1秒ほどで測ることができ、簡単で猫にも負担がかかりません。人間用の耳体温計では正確な数値が出にくいため、ペット用を使用したほうがいいでしょう。

ペット用のものは値段が張りますが、誤差が少なく肛門で測るのと正確さではあまり差がないと言われています。

肛門で測る場合

肛門から体温計を挿入し、直腸内の温度を測ります。動物病院で体温を測る時は大抵この方法が取られます。

自宅で測るのに使用する体温計は人間用でかまいませんが、衛生面を考慮して人間が使うものと猫が使うものは分けておきましょう。

測る時は体温計の先にオリーブオイルやベビーオイルを塗って滑りを良くし、しっぽを持ち上げて2~3センチほど入れます。まっすぐ入れるより、やや背中側に向けて入れるのがポイントです。

しっぽやお尻周辺を触られるのをいやがる猫が多いので、慣れないうちは二人がかりのほうがやりやすいでしょう。使用後は全体を消毒することを忘れないようにします。

体温を測る時の注意点

猫がストレスを感じている時や激しく動いた後、あるいは眠たい時などは体温が上がるため、具合が悪いわけでなくても体温が高めに測定されます。

特に肛門で測る時にいやがって暴れると体温が高めに出てしまいます。そのような時は時間を置いて落ち着いてから測ったほうがいいでしょう。あまり無理やりすると直腸内を傷つけるおそれがあるので、どうしてもいやがる場合は無理せず耳や脇の下で測りましょう。

また、あまり深く体温計を入れると便に刺さることがあり、その場合は低めに測定されてしまいます。

どこで測るにせよ、猫が眠たい時を除くリラックスした時に同じところで測って体温変化を見るようにすれば体調管理がしやすいです。

体温を測定せずに体温変化を知る方法

猫は気温が高い時や発熱した時に耳から放熱して体温調節しようとします。そのため、熱がある時は耳が熱くなります。

他にも肉球や腹部といった毛の生えていないところや毛の薄いところも、熱がある時に熱くなるのでわかりやすいです。

逆に、通常は人間より体温が高めのはずの猫の体が触ってみて冷たい場合、低体温になっているおそれがあります。

普段からスキンシップをして体温変化のわかりやすい部位を触っておくと、体温を測らなくても発熱や低体温に気づくことができるでしょう。

風邪などの病気で発熱している時の応急処置

熱が出る原因のほとんどは、細菌やウイルスの侵入に対して身体が防御反応を起こすからです。そのため、発熱は風邪や何らかの病気が原因になっていると考えられます。

動物病院に連れて行くのが一番ですが、すぐに診てもらえない時は悪化しないよう応急処置をしましょう。

人間同様、発熱すると猫も脱水症状を起こすおそれがあるのでスポイトなどで水を飲ませてあげるといいでしょう。ただし、嘔吐を伴っている場合は水を無理に飲ませないほうがいいこともあります。

熱中症による発熱

眠そうな猫ちゃん

近年、酷暑によって熱中症になる人が増えていますが、猫も同じです。

猫は本来自分で涼しい場所を探して快適に過ごす工夫をする動物ですが、暑いところに閉じ込められてしまったり水分をとることができなかったりして熱中症になってしまうこともあるのです。

熱中症が疑われる条件

夏の気温の高い時に暑くて狭いところに閉じ込められていた、飲み水がなかったという状態で発熱していたら、まず熱中症を疑う必要があります。

また、猫は犬のように口を開けてハアハアと荒い呼吸をすることは滅多にありませんが、そのような状態になっていたら熱中症である危険は高いです。

熱中症の応急処置

基本的には人間が熱中症になった時と同じ処置をします。

涼しいところに寝かせ、熱を下げるためにアイスノンや濡れタオルで体を冷やします。この時に冷やすのは、首や脇の下など太い血管が流れているところです。

そして、熱中症の時は脱水症状に陥っているため、スポイトなどを使って水を飲ませてあげることも大切です。

これはあくまで応急処置なので、できるだけ早く動物病院へ連れて行ってあげましょう。

猫の体温が低い時

本来体温が高めのはずの猫が低体温になってしまうこともあります。原因は様々で、寒さや加齢、水に濡れて体温調節が上手くできなくなったということもあれば、病気による場合もあります。

低体温の応急処置

体温が下がっているのであれば温めてあげる必要がありますが、急激に温めると低温やけどを負ったりショック状態になったりすることがあるのでゆっくりと温めます。毛布で包んでさすってあげる、湯たんぽをタオルで包んで置いてあげる等するといいでしょう。

寒いところに長時間いた場合凍傷を起こしていることもあり、また、怪我で体温が下がっていることもあるので、体に凍傷や怪我がないかも見てみましょう。

なかなか体温が上がらなかったり凍傷や怪我があったりするようなら動物病院へ連れて行ってあげてください。

低体温につながる病気の例

体が冷えるような原因が思い当たらず、温めてもなかなか体温が上がらないというなら、何らかの病気が潜んでいるということもあり得ます。

考えられるものとしては、慢性腎不全や便秘、膵炎等があります。これらの病気で低体温に陥っているなら他にも何らかの症状が出ていると思われるので、猫の体調不良にいち早く気づいてあげることが大切です。

子猫や高齢猫の低体温

子猫は成猫より体温が高いものですが、まだ体温調節が上手くできません。そのために体温が下がって衰弱してしまうこともあるので、体が冷えないように気をつけてあげる必要があります。

そして高齢になると若い時に比べて体温が低くなってきます。体温を保つことは免疫力強化にもつながるので、できるだけ温かい環境を作って体温が下がらないようにしたいものです。

具体的には、冬場は寝る場所に毛布や湯たんぽ等を置いてあげる、食べ物を与える時に熱くない程度に温める等するといいでしょう。

定期的な体温チェックが猫の健康に繋がる

人間が体温を体調の目安とするように、猫の体調も体温から知ることができます。猫の平熱を知っておくこと、普段からよく触れ合って異常に気付いてあげることが猫の健康に繋がります。