猫にパンは与えないほうがベターと言われております。

しかし、時として、猫は出来たてパンの良い香りを嗅ぎ付け、飼い主にすり寄ってきたりします。

食べたそうにしている猫にも、パンは与えない方が良いのでしょうか?

猫は本来、肉食動物

犬は肉食に近いと言われながらも、基本的には雑食性だと言われています。

一方猫は、愛らしい顔や姿、形をしていますが、その見た目の印象とは違って、肉食動物です。

それでは肉食動物が必要とする栄養素って何でしょうか?

肉食動物が必要とする栄養素は何?

ネコ科であるライオンやトラがそうであるように、猫はその名前の通りネコ科であり、肉食動物です。

つまり、猫の必須の栄養素は、肉であり、動物性たんぱく質だったのです。

パンなど炭水化物の場合、消化しにくい傾向がある

肉食動物の胃腸は、たんぱく質や油の消化に適しているので、穀物など、炭水化物の消化酵素が少ないという特徴があります。

ですので、パンは猫にとってあまり相性がいい食べ物とは言えません。

猫にパンを与えたらどうなるの?

では、もしも猫にパンを与えたらどうなるのでしょうか?

パンの成分や特性に問題がある

猫にパンを与えてはいけないと言われる理由ですが、それはパンの作られる過程や特性に問題があります。

イースト(酵母)から醗酵させて作られているパンは、消化管の中で膨らみ、ガス発生の主な要因となります。

人間もそうですが、パンはその柔らかさからいくらでも喉を通る傾向にあるので、つい食べ過ぎてしまうことになりがちなのです。

この「食べ過ぎてしまいやすい」という部分に大きな問題が隠されているのです。

死に至る可能性もある

問題はその後で、ついついパンを食べすぎてしまった後に水を飲んで、胃の中で膨張すると、小さな猫の胃の許容量を軽く越えてしまうのです。

こうなると猫の体内は悪い環境に陥ります。膨張した胃は、血流が悪化し、胃そのものの機能低下を引き起こし、胃の近くにある臓器も圧迫し、消化が悪くなります。

最終的には食べたものを吐き出してしまい、場合によっては死に至ることもあります。

さらに、パンのトッピングにも問題がある

パン生地には色んなトッピングがされている場合が多くあります。それらのトッピングが、さらに多くの問題を引き起こします。

チョコレート

チョコがコーティングしてあるパンは、ベーカリーやコンビ二、スーパーなど、どんな店でも多く見かけます。

チョコレートには、テオブロミンという成分が含まれています。

これは、カカオ由来の苦み成分で、カフェインとその性質が類似しています。デオブロミンの主な効果としては、脳や呼吸の興奮作用、利尿作用、心臓を活発にさせるといったものがあり、人の場合は「覚醒効果」を得ることができます。

猫の場合は、テオブロミンを迅速に消化しきれず、中枢神経にダメージを与えてしまうという状態に陥ります。

その結果、下痢や嘔吐、脱水症状などの中毒症状が出る事が分かっていますので、特に注意が必要です。

猫がチョコレートを食べてしまった場合、綿棒などを使って、喉の奥を刺激し、できるだけ迅速に吐き出させた方が賢明と思われます。そのまま放置してしまうと、場合によっては死に至る場合があります。

ネギ

たまねぎなどのネギ類の中にあるアリルプロピルジスルフィドという成分は、赤血球を破壊するため溶血性貧血やハインツ小体性貧血を引き起こします。

こちらも量によっては死に至るケースもあります。

猫がパンに寄ってくる理由

そうは言っても、日によっては、猫がパンに寄ってくる時もあると思います。その理由は何なのでしょうか?

猫が寄ってくるのは匂いの確認

猫がパンに寄ってくるときは、まずその匂いを嗅ぎ付けてやってきます。

その匂いを嗅いで、一旦はそばに寄ってきますが、本能的に食べたいから寄ってくるわけではありません。

一応、どんなものか確認するために、匂いを嗅ぎに来ているのです。

ですので、パンが食べたいから、すり寄ってくるわけではありません。そんな愛らしい我が猫がすり寄って来るのを見ると、つい、与えたくなってしまうのは当然かもしれません。

しかし、猫がパンなどの甘いものが好きで寄ってきているわけではないという事は、少なくとも知っておいたほうがいいと思います。

味ではなく、舌触り

肉食動物特有のエネルギー源である、甘みとはあまり関係のない、動物性タンパク質や脂質を好んで餌としてきた猫にとって、パンを食べる理由としては、味ではなく、パンの舌触りや口当たりではないかと考えられています。

パンを与える必要性が無い

そもそも、猫にパンを与える必要性ってあるのでしょうか?

元々相性がよくない

犬の場合は、基本的には雑食性なので、パンのような穀物を消化吸収する機能が備わっています。

元々肉食動物である猫は、パンの主な材料である小麦のような食物繊維が多く入った食べ物を大量に与えてしまうと、それらを消化する機能が高くないため、胃腸や腎臓にかなりの負担をかけてしまい、結果的に猫を病気にしてしまう傾向にあります。

猫は甘さを感じない

猫は、そもそも甘さを感じるセンサーが無いと言われています。

という事は、パンの特徴の一つは、その甘さであり、その甘さを求めない、また、そもそも甘さを感じない猫に対して、パンを与える必要性が見当たらないという事になります。

人間用の食べ物は与えないほうがベター

やはり、人間が食するものは与えないほうがいいのでしょうか?

人間は糖分、脂肪分が多いものを好む

人間は糖分、脂肪分が多い食べ物を好むため、それをそのまま与えてしまうと、猫の胃腸に負担をかけてしまいます。

猫が食べるものイコール猫に合った食べものというわけではない

猫は、匂いで寄ってきて、味よりも歯ざわりなどでつい猫に適してない食べ物を食べることもあります。

特に人間の好物は、猫にとっては良くない種類の食べ物が少なからずあるので、猫に何を食べさせてあげればよいのかの自信が無い場合は、猫用に市販されたキャットフードにするのが良いでしょう。

または、どうしても人間の食べ物を与える際は、そのレシピに細心の注意を払いつつ、慎重に吟味していったほうが良いと思われます。

パン以外で与えてはいけない食べ物は?

パンのトッピングで問題とされるチョコレートやネギ類以外の食べ物で、猫に与えないほうがよいものは何があるのでしょうか?

キシリトール

最近は虫歯予防のキシリトールの成分が入った食品が多く出ていますが、キシリトール入り食品は、肝不全や、血糖値の低下などを引き起こす原因になると言われています。

加工された食料品を与える際も、念の為、成分表を見たほうが良いでしょう。

アボカド

アボカドは胃腸障害の原因となり、下痢や嘔吐の症状が出る原因になる事がありますので、こちらも避けたほうが良いと思われます。

アワビ

アワビを食べてから長時間日光に当たると皮膚炎になると言われています。

ピロフェオホルバイドαというアワビに含まれる毒成分がその原因と言われています。

トマト

トマト自体というよりも、茎や葉で皮膚のかぶれを引き起こす事があります。

パンを与える際の注意点は?

絶対に猫にパンを与えてはダメなのでしょうか?

猫用のパンを与える

猫にパンを与える必要性というのは、あまりないとは思われますが、絶対にダメということはありません。

しかし、実は日本では、犬用・猫用パンも売られています。

猫用パンの場合、塩分や糖分を減らした形になっています。それらを与えるという選択肢もあります。

適量を守る

猫用のパンなどで、成分を調整し、あとは食事の量を守れば、胃の膨張などの問題もクリアできると思います。

猫とパンの意外な関わり

結論としては、猫にとってパンは、食べ物としてはあまり適してないという事になりますが、それでは全く無縁なのでしょうか?

猫は柔らかいものが好き

猫はとても柔らかいものが好きで、布団やクッションがあると、そこで足踏みしながら眠りにつく光景を、猫好きの方でない方でも、目にした事はあるのではないかと思います。

食パンクッション

そのやわらかいものの上で眠りにつく、可愛らしい猫の姿に着目して作られたのが、食パンクッションです。

食パンのかたちをしたクッションなのですが、その上で、足踏みする猫が、まるでパン生地を練っているようにも見え、とても可愛いと猫好きの人の中でちょっとした人気商品になっているようです。

猫からしたら、ただの柔らかいものの上で寝床を作っているだけなのでしょうが、猫にとって食べ物としての相性の悪さから、少し視点をずらし、その柔らかさと猫との相性に注目して、それを最初に商品化した人の発想の転換力には本当に驚かされます。

食パンクッションに、深く沈んでいく猫の姿は、パンを消化吸収しきれない猫が、まさにパンに消化吸収されてしまっているようにも見え、なかなか面白い光景です。

参考:モチモチクッション(ショクパン) – ニトリ公式通販サイト

まとめ

いかがでしたでしょうか。猫ちゃんとパンの深い関係性について解説させて頂きました。

猫ちゃんには食べさせられない危険な食物はいっぱいありますので、きっちりと飼う前に理解してあげてくださいね。