「猫も人間と同じように毎日お風呂に入らないとダメなのかな?」「お風呂に入れるときはどうしたら良いんだろう?」こんな疑問を抱いたことはありませんか?

この記事ではそんな疑問を解消するために、「1.猫は毎日お風呂に入れるべきか」、「2.猫をお風呂に入れる時のコツと注意点」、「3.どうしてもお風呂を嫌がる猫への対処法」についてまとめていきます。

猫は毎日お風呂に入れるべき?

結論から言うと、猫を毎日お風呂に入れる必要はありません。

その理由は以下の通りです。

猫がお風呂を嫌いな本当の理由

皆さんもご存知のように、猫は水を嫌う性質を持っていることが多いですよね。シャンプーが嫌いなだけにとどまらず、お風呂場に入っただけでパニックになってしまうことも…。

実は猫が水を嫌う理由は、猫の祖先に関係があるのです。

一般的にペットとして飼育されている猫(イエネコ)は、リビアの砂漠に生息していたリビアヤマネコの子孫であるといわれています。砂漠地帯というのは、降水量が少ないため、水に濡れる機会がほとんどありません。

また、1日の温暖差がとても激しく、酷い時には昼と夜の気温差が40度以上になることもあります。このような気候に暮らしているリビアヤマネコが水に濡れてしまい、夜まで体が乾かないと、体が冷えて死んでしまう原因にもなります。

このような理由のため、リビアヤマネコは水を避けて生活をしてきたのです。リビアヤマネコのこのような性質や本能が現在の猫にも受け継がれており、猫は一般的に水が嫌いなのだと言われています。

毎日お風呂に入れることで病気になることも

さらに、猫は分泌される皮膚の油分(皮脂)の量が生まれつき少ないです。そのため、毎日お風呂に入れてしまうと、皮膚の防御バリアになっている必要な油分まで落としてしまうことになり、皮膚病を発症してしまう可能性もあります。

また、猫は基本的に体が濡れることが大嫌いなため、お風呂にいれることはかなりのストレスになります。過剰なストレスが続けば、猫も人間と同じように体調を崩したり、イライラしたりする原因になるので気を付けましょう。

猫は自分を清潔に保つ天才

「猫が水を嫌いな原因や病気の可能性はわかったけど、それじゃあ猫はお風呂に入らなくても汚くならないの?」こんな疑問が浮かぶかもしれませんね。

しかし、その心配はありません。猫を飼っていると、自分の体をぺろぺろと舐めて毛繕いしている光景を頻繁に見かけませんか?これは、グルーミングといって、自分の毛並みを整えるとともに、体臭を消したりフケを取ったりする効果もあるのです。これによって猫は自分自身を清潔に保っているんですね。

そのため、完全室内飼いの猫であれば、基本的にはお風呂に入れてシャンプーをする必要はありません。仮に排せつ物が足やお尻についてしまった時でも、その部分だけを洗い流せば十分です。

猫の毛種による違い

ただし、猫の毛種によって、そのお手入れ方法には少し違いがあります。

短毛種の猫であれば、グルーミングだけで皮膚や毛を清潔に保つことができます。しかし、長毛種の猫は、毛が長い分自分のグルーミングだけでは毛の根元部分のフケ等を取りきれないので、短毛種の猫よりは、お風呂に入れてあげる必要があります。

また、産毛のような短い毛しか生えていないヘアレスキャットは、皮脂を吸収する毛がないため、皮膚に脂が溜まりやすくなっています。そのため猫の毛種の中では、1番お風呂に入れてあげる必要性が高い毛種であるといえます。

猫をお風呂に入れる頻度とタイミング

猫をお風呂に入れる頻度としては、短毛種であれば多くても「年に1~2回」、長毛種やヘアレスキャットであれば「年に3~4回」位が良いでしょう。基本的にはお風呂は猫にとって身体的・精神的に負担が大きいものなので、なるべく少ないほうが好ましいです。

長毛種の抜け毛や毛玉、ヘアレスキャットの皮脂溜まりについては、こまめなブラッシングや固く絞った蒸しタオルで体を拭いてあげることで解消することができます。

猫をお風呂に入れるタイミングですが、これは春から夏にかけての毛の生え変わり時期が一番オススメです。毛の生え変わり時期にシャンプーをすると、ブラシだけでは取りきれない毛も取ることができますし、気候が温暖なため、体が冷えて風邪を引く心配も少ないので、ドライヤーが嫌いな猫にも安心です。秋冬や春先などの寒い時期に体が濡れたままでいさせると、風邪を引く可能性があるのでドライヤーですぐに乾かすか、部屋を事前に温めておいてくださいね。

また、妊娠中や皮膚病の発症中、体調不良の場合や手術前後などは、猫の健康を損なう恐れがあるのでお風呂に入れないでください。どうしてもお風呂に入れたい場合は、かかりつけの獣医さんに確認を取ってくださいね。

猫をお風呂に入れる時のコツと注意点

さて、それでは実際に猫をお風呂に入れる時のコツと注意点について見ていきましょう。きちんと事前に準備をして、やり方のコツさえ掴めば、猫を家でお風呂に入れることもそんなに難しくはないですよ。

事前に用意しておくアイテム

猫をお風呂に入れる際に必ず準備してほしいアイテムは、猫用の爪切り・コットンやティッシュ・ブラシ・猫用のシャンプー、なるべく吸水性の高い大きめのバスタオル2~3枚です。ドライヤーや汚れても良い長袖のTシャツもあると、よりスムーズに猫をお風呂に入れることができます。

ここで注意してほしいのは、シャンプーは必ず猫用の物を使うということです。人間用のシャンプーでは、猫の皮脂を落とし過ぎてしまいますし、匂いも猫にとってはキツイ物が多く、猫のストレスになってしまします。また、含まれている成分が猫にとって有害なものである可能性もあるので、人間用の物は使わないでください。

猫をお風呂に入れる前の準備

それでは、猫をお風呂に入れるために準備をしていきましょう。まずは猫の健康状態をチェックします。皮膚に異常がないか、発熱や下痢・嘔吐はしていないかなどを調べます。もし猫の体調が悪い場合は、体調が悪化する可能性があるので、お風呂に入れるのは控えた方が無難です。

猫の健康状態が良ければ、次は耳掃除をします。これは、耳の垢がふやけて耳の奥に入ってしまうと中耳炎になる危険性があるためです。耳の掃除をする時は、ティッシュやコットンで耳の入り口付近だけを優しく拭きましょう。

耳掃除の次は、猫の爪切りをします。猫の爪を切ることによって、もしシャンプー中に猫が暴れたとしても、ひっかき傷ができる可能性を減らすことができます。また、長袖のTシャツを着たままシャンプーをすることも、猫の爪から体を守るのに有効な手段です。

爪切りが終わった後は、猫のブラッシングをします。シャンプー前に猫の体にブラシをかけると、ある程度の抜け毛やゴミ、フケなどを取ることができるので、シャンプーの時間が短くて済みます。また、飼い主にとっては排水溝に猫の毛が詰まりにくいというメリットもあります。

あとは、お風呂場から手が届く範囲にバスタオルを置けば、猫をお風呂に入れるための準備は完了です。

実際に猫をお風呂に入れるときのコツと方法

だらける猫ちゃん

猫をお風呂に入れる際には、なにより手早く済ませることがポイントです。猫に過度なストレスをかけないためにも、サッと終わらせてしまいましょう。また、猫を洗う時全てに共通して言えるコツは、優しく声を掛け続けるということです。飼い主さんの優しい声に猫も安心しますよ。

猫は水を嫌うので、バスタブに浅くお湯を張って、その中で猫を洗うことはオススメしません。猫の体を濡らす時とシャンプーの泡をすすぐ時だけお湯を出せるシャワーの方が猫のストレスを軽減することができます。

シャワーの温度設定は37度程度のぬるま湯にします。弱めの水流でなるべく猫の体にシャワーを密着させながらお湯をかけていきます。これは、水の音で猫を驚かせないようにするためです。

ここで気を付けてほしいのは、猫の顔には水をかけないということです。猫の顔に水をかけてしまうと、猫はパニックを起こしてしまいますし、耳に水が入れば外耳炎になってしまう危険性もあります。そのため、猫の顔は濡れた手やタオルで軽く拭くにとどめてください。

猫の体全体が濡れたら、手で猫用シャンプーを泡立てて、首→背中や腹部→尻尾→足の順で洗いましょう。猫の体を洗う際には、自分の頭を洗う時のように、被毛ではなく地肌の部分を重点的に洗ってください。

猫の体全体が洗えたら、体の上から下へと丁寧に泡をすすいでいきます。シャンプーのすすぎ不足があれば、皮膚炎の原因になることもあるので、注意しながら行います。この時のシャワーの温度や水流の勢いなどは、猫の体を濡らす時と同様です。

シャンプーを全部すすぎ終えたら、手で優しく水気を落としていきます。長毛種の場合は、毛先をギュッと握って水気を切ります。短毛種の場合は、手で体全体を軽く押さえて水を絞ります。この作業をしておくと、猫の体が乾きやすくなります。

猫をお風呂に入れた後のポイント

猫の体の水気を軽く落としたあとは、大きめのバスタオルを軽く押し付けるようにして体に残っている水分を吸い取っていきます。タオルがびしょびしょになる前に違うタオルを使うことで、水分をほとんど吸い取ることができます。

タオルドライが終わった後は、ドライヤーで被毛を完全に乾かします。猫は大きな音や強い風を怖がりますので、ドライヤーの設定は「弱」にしてください。乾かす際には温風を用いますが、火傷に注意しましょう。

自分の手に風を当てながらドライヤーを使うと、事故を防ぐことができます。また、乾燥しますので、猫の目には風を当てないようにしてください。

仮に猫がドライヤーの音や風に怯えて激しく嫌がるようならば、部屋を暖かくして自然乾燥に任せても大丈夫です。

どうしてもお風呂を嫌がる猫はどうしたらいい?

そうはいっても、猫はやっぱり水を怖がる生き物なので、「どうしても暴れてお風呂に入れられない!」そんな子もいて当然です。

そんな場合には、水で洗い流さなくて良いドライシャンプーを使えばすっきりキレイになりますよ。ドライシャンプーには、泡タイプや粉タイプ、シートタイプなどがあります。

また、程度の軽い汚れなら、固く絞った蒸しタオルで拭いてあげれば落ちます。飼っている猫の性格によって使い分けてくださいね。

まとめ

今回は、猫とお風呂に関する疑問をまとめてみました。水の嫌いな猫にはお風呂の問題はつきものですが、この記事があなたと愛猫の素晴らしい生活の手助けになれれば嬉しいです。