実は猫にだって人間と同様に風邪をひく事だってあるんです。

ここでは、どんな症状が出たら風邪と判断するべきなのか?風邪をひいてしまったらどうしたら良いのかについて紹介していきます。

猫風邪とは?初期症状はあるの?

「猫風邪」は総称であり、細菌やウイルスの感染により、我々人間と同様に咳やくしゃみ、鼻水や発熱を初期症状として、細菌やウイルスによって様々な症状が出る病気のことを言います。

猫風邪には主に以下の3種類が挙げられます。

ヘルペスウイルス(ウイルス性)

ヘルペスウイルスによる猫風邪は「猫ウイルス性鼻気管」「猫インフルエンザ」「猫コリーザ」等と呼ばれます。

初期症状に加え、食欲不振が症状として見られるのが特徴です。

子猫の場合、食欲不振により食事をすることができず、そのまま衰弱死してしまうケースが見られます。

また、結膜炎・角膜炎等の症状も見られ、大量の目ヤニが目にこびりついている場合もこの細菌による猫風邪の症状の一種です。

カリシウイルス(ウイルス性)

カリシウイルスによる猫風邪は「猫カリシウイルス感染症」と呼ばれます。

初期症状に加え、食欲不振・口内炎が見られるのが特徴です。

舌の炎症もよく現れるので、口臭がきつくなり、舌等がただれた痛みから唾液が増加します。

軽度の肺炎や多発性関節炎を発症するケースもあるようです。

クラミジア(細菌性)

クラミジアによる猫風邪は「猫クラミジア感染症」と呼ばれます。

カリシウイルスと同様の症状が多く見られ、子猫は免疫力の低さから、脱水症状が起きることも。

また、呼吸器官が未発達なために肺炎へ繋がる可能性が高いです。

複合感染

細菌によって症状が変化する上に複合感染している場合もあります。

例えばヘルペスウイルスとカリシウイルスによる猫風邪を複合感染した場合は「ウイルス性呼吸器感染症」と呼ばれます。

免疫力の低い子猫が特に発症しやすく、小さな症状のみでも重なることで衰弱死をしてしまう可能性も。

生後3ヶ月までは母猫から移行抗体が体内に残ってはいるのですが、その後なくなってしまうため、更に注意が必要です。

猫風邪の治療方法って?

振り返る猫

軽い症状であれば、治療をせずとも自然治癒しますが、感染後ウイルスは体内にとどまるので、免疫力が下がるとその度に発症してしまいます。

そのため、ウイルス性に関しては基本的に治療は「対症療法」となります。

しっかりと動物病院につれていきましょう!

基本的な治療

症状の原因である細菌やウイルス別に治療を行います。

ヘルペスウイルスとクラミジアが原因の場合、「抗生物質」の投薬治療を。カリシウイルスが原因の場合は「インターフェロン注射」を行います。

インターフェロンとは、体内で作られるタンパク質のことです。

ウイルスに感染すると、ウイルスが増殖して体内のインターフェロンが追いつかなくなってしまうため、注射することで補います。

ウイルス性の感染症の治療に使われるため、クラミジアには有効ではありません。

その他の治療

結膜炎等の症状が酷い場合は点鼻や点眼薬を使用します。

クラミジアでは衰弱死の危険性があるため、輸液や栄養補給等の点滴を行う支持療法を行う場合もあります。

複合感染の場合は抗生剤の投与を行うことで対処します。

特に子猫や老猫の場合は放置をしておくと、体力が奪われていくばかりであり自然治癒が見込めません。

大丈夫だろうと思って放置していると、症状を知っていたのに衰弱死してしまった・・・なんてことになりかねないんです。

早めに動物病院へ行き、早期治療を行うことが望ましいですね!

治療費はどれくらい?

症状や種類、病院によって異なりますが、軽い症状であれば2000円ほどで済みます。

この時、一週間分ほどの薬が処方されるので、それでも症状が収まらなければ続けて通院しましょう。

問題は、初診で重症化した状態のときです。

入院をしないとしても、初診で点滴を打つ時点で、一万円ほどはかかると思っておきましょう。

入院が必要となると金額が突然高額になり、一泊5,000円程になってしまいます。

その他レントゲン検査や血液検査を行うとどんどんどんどん高額になっていきますが、それほどに重症ということであり死のリスクも十分にありますので、ここは目を瞑って支払いましょう!

入院を伴うケース

入院を伴うケースとして、猫ちゃんが3日以上食事をしていないケースが挙げられます。

食欲不振だからといって食べさせないでいると、「肝リピドーシス」という脂肪肝になってしまい、一ヶ月も入院をしなければならなくなってしまいます。

一泊5,000円だとみて、ざっくり30日で計算すると、15万円ですね・・・。おそろしい金額です。

様子見を決め込んだばかりにそんな額を払うことにならないよう、ちょっとでもおかしいな?と思ったら動物病院へ!

猫風邪は前述のとおりウイルス性であれば完全治癒はできませんが、免疫力を低下させないように気をつけておけば、出費も嵩まないはずです!

小さなことからコツコツと、いざというときにしっかり治療ができるよう、備えておきましょう!

診断後にすることは?

動物病院に行き、猫風邪だと診断されたら、まずは環境づくりをしてあげましょう!

猫風邪は人間の風邪とは違い、ちょっとしたことでも悪化しかねないため環境から整えてあげることが大切です。

温かい毛布に寝かせてあげたり、乾燥しないよう保湿状態を保ってあげるなどです。

室温を一定の気温に保たせることも大切です。周囲の環境を万全な状態にすることで悪化を防ぎましょう。

目ヤニや鼻水が症状として出ている場合は、柔らかいガーゼやティッシュを湿らせて拭き取ってあげるといいでしょう。

強くこすると目にキズがついてしまったり、悪化してしまったりするので、優しく拭き取ってあげてくださいね。

また、食欲不振の症状が出ている場合は、ムリに今まで通りの食事をさせるのではなく、少量ずつ柔らかい食べ物を食べさせてあげましょう。

カリカリをふやかしたものはあまり好まないので、そんな時くらいちょっとお高い缶詰をあげてもいいかもしれませんね。

ペースト状のものが食べやすいのでオススメです。

参考:無添加でおすすめのキャットフードランキング!安全で美味しい猫の餌を!

脱水症状が起きないよう、水を定期的に与えることも必要です。

起き上がる気力がなかったり、食欲不振の延長で水を飲まない子もいます。

そんなときは、飼い主さんが自らお水を飲ませてあげましょう。

スポイトを使うと簡単に水分補給をすることができます。

猫風邪の予防はできるの?

さて、猫風邪は十分に予防できる病気であり、ワクチン接種や飼い主側の衛生管理をすることで予防することができます。

ワクチン接種

日本では、ほとんどの動物病院でワクチン接種が可能です。

基本的に混合ワクチンとして3種混合や5種、7種混合ワクチンがあります。

3種ワクチンであればヘルペスウイルス・カリシウイルスが。

5種や7種を打つことができれば、クラミジアによる猫風邪も予防することができるため、できるだけ打っておくことをオススメします。

成猫の場合は、健康な状態であればいつでも接種が可能で、子猫は移行抗体がなくなる生後3ヶ月ほどのタイミングで初めての接種を行います。

基本的には1年に1回の接種になりますが、2回目だけは免疫機能を確実なものにするために1回目から1ヶ月後に接種します。

獣医さんによっては、3回目もその1ヶ月後に行う場合もあるようです。

勿論、完全に防ぐことはできませんが、高確率で重症化を防ぐことが出来ます。

特に、目ヤニや鼻水は飛沫感染するため、その猫ちゃんが感染源となってしまいます。

それらの発症を防ぐことができるので、多頭飼いしている飼い主さんは他の猫ちゃんのためにもしっかりとワクチン接種しておきましょう。

感染経路

前述したとおり、猫風邪は飛沫感染等で容易に感染してしまいます。

特にヘルペスウイルスは体内に残ってしまい、一度感染した猫ちゃんは「キャリア」状態となってしまう為、感染源を断ち切るのは難しいです。

その感染源となるのは、治療が受けられない野良猫ちゃんからの感染が多く、室内飼いをしている猫ちゃんへ感染するには外からの感染となります。

つまり、感染している猫ちゃんを触ってしまったり、体液を浴びてしまうとその中に含まれる病原体が服等を経由して家の猫ちゃんに感染します。

飼い主さんが感染経路を作ってしまっているんですね。

多頭飼いをしている場合も、グルーミングで感染してしまう為、少し心が痛みますが、猫風邪を引いた猫ちゃんは他の猫ちゃんとは隔離して看病してあげましょう。

猫風邪まとめ!

人間とは違い、重症化する可能性のある猫風邪・・・。その脅威と症状、予防法を紹介しました。

うちの子に限ってそんなことない!では済まされない大きな病気になることだって十分にありえる事が分かって頂けたでしょうか?

対策のために常日頃猫ちゃんを観察しておくことは勿論のこと、大好きな猫ちゃんとずっと一緒に暮らしていく為にも、しっかりと病気について知っておきましょう!