人間同様にネコにも平均体重があります。

勿論、年齢や種類によって平均体重も変わってくるので、まずはどれくらいが平均体重なのか、知っていきましょう!

年齢別の平均体重

日本にいる日本猫は猫の中でも標準的なサイズになるので、体重も様々な種類の中でも標準に位置します。(雑種を含みます)

猫は一歳以降になるとが止まるので、1年経った時の体重を目安にするといいでしょう。

生後0週 約100~120g
生後1週間 約200~250g
生後2週間 約250~300g
3週間間 約300~400g

おおよそここまでが搾乳機と言われる、猫用のミルクを与える頃になります。

1ヶ月間、約400~500g

離乳食期といい、子猫用のキャットフードにしたり、ミルクからお水に変えていく頃になります。

2ヶ月間、約950~1000g

このあたりから完全に子猫用のキャットフードへ切り替わります。体重を見ても分かる通り、一気に栄養を体に取り込んでいく時期です。

6ヶ月間、約2.5~3kg

この頃にはすっかり成猫になっています。ここからは一歳までゆっくり大きくなっていきます。

1年間、約3.5~4.5kg

1年が経ったときの体重から変わらないのが猫の体重の理想です。

ここから変化しすぎていくと、太りすぎや痩せすぎの可能性があります。目安として、一歳時点からおおよそ10%~15%の範囲内であれば問題はないでしょう。

因みにオスとメスでも少し体重がかわります。一歳時点でオスの平均体重は4.3~5.5kg。メスが3.1~4.2kgとなります。オスのほうが1kgくらい重くなるわけですね。

種類別の平均体重

猫は種類によって体重はおろか、身長すら変わります。

最も大きくなる猫で「メインクーン」は代表的な猫種になります。

他にもラグドールやサイベリアン。ノルウェージャンフォレスト等、それぞれ3kg~9kgとかなりの個体差があり、これらは標準よりも体重が重くなる猫となります。

アメリカンショートヘア 3~6kg
オシキャット 3~6kg
アメリカンカール 3~6.5kg
ベンガル 4~6kg
シャルトリュー 4~6.5kg
ラグドール 3~7kg
ノルウェージャンフォレストキャット 3.5~7kg
メインクーン 3~9kg

逆に、標準よりも体重の少ない小型の猫もいます。

中には2kgくらいが平均体重の猫もいて、可愛らしいイメージがあるのでペットショップでは大人気な種類の猫まで!

全体的に身長が低い傾向があるので、それによって体重も少なくなっているというわけなんですね。

なかでも「クロアシネコ」という山猫は世界最小種の猫と言われているのだとか。

小さくて凄く可愛いので、是非画像検索してみてくださいね!

シャム猫 3~4kg
オリエンタルショートヘア 3~4kg
ジャパニーズボブテイル 3~4.5kg
シンガプーラ 2~3.5kg
マンチカン 2.2~4kg
ミヌエット 2.2~4kg
クロアシネコ 1.6~1.9kg

前述した日本猫のような標準的な猫の体重は以下のとおりになります。

よく名前を聞く有名な猫の種類ばかりです!

ほとんどが3~5kgが標準のようで、大きくても5.5kgのようですね。

日本猫 3~5kg
アビシニアン 3~5kg
スコティッシュフォールド 3~5kg
ソマリ 3~5kg
ロシアンブルー 3~5kg
エキゾチックショートヘア 3~5.5kg
エジプシャンマウ 3~5.5kg
チンチラ 3~5.5kg
ペルシャ 3~5.5kg
ヒマラヤン 3~5.5kg
トンキニーズ 3.5~5kg
ブリティッシュショートヘア 4.5~5.5kg

おうちの猫ちゃんはどの猫ちゃんなのか、把握してから体重の判断をしましょう!

太りすぎ、痩せすぎの判断基準

上記のように種類によって平均体重が変わる猫。

そうなると、〇kgからは肥満だったり、〇kgからは痩せすぎ!などは判断ができません。

なので、基準や見た目、触り心地で判断していく必要があります!

基準と判断方法

まずは肥満の基準ですが、理想体重の107%を超えると肥満の傾向があると言われています。

120%を超えると完全に肥満となります。

理想体重とは、その猫の一歳の時の体重のことを言うので、幼いときから動物病院に行かせておきましょう!

そうすればいつでも一歳時の体重を知ることができるので、まだ子猫の猫を飼っていらっしゃる方は今後のことも考えて動物病院に行っておきましょうね。

今が理想の体型のように見える!というときでも、動物病院はいつでも身体検査を行ってくれるのでそのときの体重を参考に判断しましょう!

痩せすぎの基準に関しては、触診と目視が効果的です。

肥満状態の確認と一緒に、判断方法を紹介していきます。

痩せすぎの猫

基本的には、肋骨やくびれがポイントになってきます。

肋骨部分を触ると、ゴツゴツとした骨を容易に触ることが出来る場合。

標準的な猫の場合は肋骨の触感は少しなだらかな突起を感じる程度で、全体的に骨に触る状態は異常体重のサイン。

短毛の猫の場合は見てすぐに分かるレベルで骨が浮き出ている状態ですね。

更に頭蓋骨の大きさの割には顔や体が小さすぎたり細すぎる場合。

つまり、骨に対して体のバランスがよくない猫は「痩せすぎ」の傾向があります。

しっかりとしたご飯を食べれない野良猫に多く、この状態の猫のほとんどが栄養失調気味です。

肥満直前の猫

逆に肋骨の感触が感じられなくなると「肥満」に近づいているサインになります。

脂肪が多く、通常下半身に見られるくびれもほとんど見られません。

お腹のお肉がつまめるほどになるともうそれは肥満に片足突っ込んでる状態…。

飼い猫に多い体型で、運動不足やご飯の食べ過ぎが原因です。

肥満体型の猫

ここまでくると目視で十分に太っているとわかります。

そんなときは勿論肥満度チェック!
横からみると、お腹に見て分かるほど脂肪がついていたり、上からみるとまるでツチノコのような猫…。

完璧に肥満体型です。

高所から飛び降りるとドンッと大きい音がするので、否が応でも肥満だと思い知らされるサイズになります。

痩せすぎと太り過ぎの対処方法

寝転がる猫ちゃん

基準がわかったところで、問題は対処方法!

太りすぎ、痩せすぎの猫ちゃんを標準体型するお手伝い!させていただきます!しっかりと読んで健康的な猫ちゃんにしましょう!

太り過ぎの場合

おデブな猫ちゃんほど触り心地も気持ち良いしいちいち動作が面白くて可愛いですよね。

でも、肥満状態の猫にはとても怖い病気への危険性が潜んでいます…。

1.脂肪肝

肥満になると、もちろん血中のコレステロール値が高くなります。

そうなると、内臓にまで脂肪がついてしまい、脂肪肝へと変化してしまいます。

最悪がんにまで悪化する可能性のある恐ろしい病気です。

2.呼吸器疾患

脂肪が多すぎると、呼吸器が圧迫されてしまい呼吸もしづらくなります。

これにより、肺等の臓器にも勿論負担をかけています。

3.循環器疾患

同様に脂肪は心臓にも負担をかけます。

体が大きくなるほど多くの酸素を体に届けなければなりません。

それらの負担によって、心筋症等の心臓病を起こす可能性があります。

これらの危険性を排除するため行うことはただ一つ!ダイエットです!

ご飯の与え方

猫をダイエットさせるには、勿論運動や生活リズムの改善が求められます。

ですが、家で猫ちゃんを飼っているという場合は少し難しいかと思います。

その時に気にかけるのはやっぱり食べ物!

猫は基本的に朝と夜の2食で十分とされています。

その2食を適量のぶんだけ与えてあげるだけでも多少変わるかもしれません。

他にも、無添加でヘルシーなキャットフードを与えるのも手!

中には、4Dミートや穀物がたくさん入っているものもあります。

それらを避けて、できるだけ自然な素材で作られたキャットフードを与えましょう!

参考記事

猫の平均体重ってどれくらい?痩せすぎ、太り過ぎの場合はどうする?

痩せすぎの場合

痩せすぎは、「食欲が無く痩せている」場合と「食欲があるが痩せている」場合があります。

食欲が無く痩せている場合は、口内炎ができてしまっていたり、猫風邪を引いている可能性があります。

下痢や嘔吐をするようであれば寄生虫の可能性もありますので、早急に動物病院へ行きましょう。

また、新しいキャットフードに変えたばかりの頃は積極的に猫はご飯を食べません。

というのも、猫には新しいものに極度に警戒する特性があるからです。

その場合は、猫が喜ぶウェットフードと混ぜてあげたり、前使っていたキャットフードに混ぜて出してあげましょう。

食欲があるのに痩せている場合は、普段のご飯の栄養が少ない可能性があります。

もし適齢用のキャットフードを上げている場合は、間違えて老猫用を上げてしまっていたり、肥満猫用のキャットフードをあげている可能性はありませんか?

その場合、栄養が極端に足りていない状態になります。

今挙げているキャットフードの見直しをしてみましょう。

ご飯の与え方

痩せている猫にはあえて子猫用のキャットフードを食べさせるのも手です。

猫の人生の中で最も成長をする時期が子猫気だと言われています。

その時期に与えることを想定して作られた子猫用のキャットフードは通常の猫であれば栄養過多ともなりえるほどの栄養が詰まっています。

これを痩せすぎてしまっている猫に与えることで一時的に回復し、それからしっかりと適齢のキャットフードを与えるようにするといいでしょう。

それでも痩せているようであれば、やはり病気の可能性があります。

少しでも変だな?と感じたらすぐに動物病院につれていきましょう!