猫を飼うときはどんなものが必要か、どういったことに注意すればいいか知りたい。飼う決心がついてもどうやって育てたらいいのか、何を準備しておけばいいのかわからない。

猫と遊べば癒やされますが、それだけではいけません。家族として、ペットとして猫を飼育していかなければならないのです。

猫の飼いはじめにやらなければいけない大事な2つの事とは

猫を飼う前には必ずやらなければいけない大事な事がふたつあります。

予防接種(ワクチン接種)

猫を飼育するにあたってまず動物病院にいってワクチン接種をしなければなりません。

室内飼いといえども、どこから病原菌に感染するかわかりません。大事なペットが病気にならないように予防接種は必ずうけさせてあげてください。

予防接種の医療費は4.000円~6.000円程度です。

最近はペットショップから猫を迎える場合はワクチン注射をすでにうけている事がほとんどですが確認しましょう。

去勢・避妊手術

去勢・避妊手術も必要です。

一匹だけでもいわゆる「盛り」のついた時期は一日中大きな声で鳴いたり、トイレとは違う場所でおしっこをしてしまうこともあります。

相手がいなく気持ちがモヤモヤしてストレスをため、とてもつらいといえるでしょう。

去勢手術の医療費はオスで10.000円~20.000円、メスの場合は15.000円~30.000円程度です。

これらは飼い主が猫とともに暮らしていく為にとても大事な2つです。猫に辛い思いをさせないように予防接種と去勢手術は必ずうけさせてあげましょう。

猫を家に迎える為の準備とポイントと正しい知識をご紹介

猫は縄張りをとても大事にする動物なので、自分だけのスペースがあるとリラックスして暮らす事ができます。

基本的に食事をさせる場所やトイレの場所を決めていきましょう。

猫を飼う前に最低限必要なもの、あると便利なもの・ポイントをご紹介します。

エサ・水やり場を確保する

猫はお腹がいっぱいになるまで食べてしまいます。エサは猫の健康管理をするうえでとても大切な要素の一つです。

餌の適切な量は市販の猫の餌の商品包装に体重別や年齢別に「給与量」というものが記載されています。容量を守って猫に餌をあげてください。

キャットフードの種類

キャットフードには大きく分けて3つの種類があります。

「カリカリ」とよく呼ばれるドライフード、缶詰に入ったウェットフード。

そして人が食べられるほど高質な原料を使用して作られたプレミアムフードです。

参考:無添加でおすすめのキャットフードランキング!安全で美味しい猫の餌を!

ドライフード

比較的安価にて購入ができます。乾燥しているので開封後も保存が効き咀嚼することで歯石や口内炎等の口腔内の病気や講習の予防にもなります。

しかし、水分含有量が少ない為、水分不足になりやすいというデメリットがあります。

ウェットフード

水分含有量が多い為、食事と合わせて水分補給が可能です。

夏場などは脱水症状を起こしがちな猫にとっては水分補給も兼ねられるので嬉しい食事になります。

しかし、缶詰開封後は保存がきかない為、餌代がコスト高になってしまうことと、猫の歯にまとわりついて歯石や口臭の原因になってしまうというデメリットがあります。

プレミアムフード

猫にとって最も必要な栄養素のタンパク質を最適な好品質動物性タンパク質等猫にとって大事な要素が含まれている総合栄養食です。

猫の健康を促進される機能性成分が含有されています。最近は質もそのままで値段の比較的安いプレミアムフードが出ているので、猫の食費にそこまで予算がのしかかってくることはありません。

しかし、しばらく食べ続けているとドライフードやウェットフードを食べなくなることもあります。

餌場の横に水やり場を設置する

餌場の横に水やり場も設置してみましょう。猫は水分補給が苦手です。

まずは適当な水入れを買って水を飲む姿を見ます。飲みにくそうにしているのであれば飲みやすくなるように、水入れの大きさや置き場の高さを変えるなど工夫をしましょう。

最近は循環式給水器というものもおおく市場に出回っています。

かんたんな水入れであれば定期的にお手入れが必要になりますが、常に綺麗な水を猫に与えることができ、フィルター敷居であれば水に毛やホコリが浮いたりする心配もなく猫も安心して水を飲めます。

水入れは食器でも代用できますが、水入れ購入時には循環式給水器もぜひ選択肢に入れたいところですね。

トイレはエサ場となるべく離れた場所に設置しましょう

猫はとても清潔好きです。トイレ掃除の頻度は、猫がおしっこやフンをしたらすぐに掃除するようにします。

外出から帰宅後などもトイレをチェックして掃除しましょう。猫のフンは健康状態を確認できるのでトイレから取り出す前に下痢や水分のないコロコロのフンではないか等色や形を確認しましょう。

トイレ掃除用の穴あきスコップがあればスムーズに掃除することができます。

トイレ砂を入れる容器は専用のものが市販されており、様々な形状のものがあります。設置場所にあったタイプのトイレを用意しましょう。

トイレ用の砂は色々な素材でできたものが売られています。固まり方やゴミの出し方、値段がそれぞれ異なります。猫は本能的に砂がある場所をトイレと認識します。常にきれいにしておくように心がけましょう。

猫はトイレが汚いと粗相をするのでトイレ掃除はこまめにするようにしましょう。

おもちゃで猫とたわむれる

猫とコミュニケーションをとる大事なツールです。必ず必要とまではいきませんが猫のストレス発散もかねておもちゃで遊んであげることも大切です。

どうせ遊ぶなら猫と一緒に楽しめるおもちゃを探してみましょう。

最高の寝床を確保してあげましょう

猫は体温を気温に合わせて調整する事が苦手な動物です。その為いつも温かい場所を探しています。1日の大半を寝ている猫には快適で居心地のいい寝床をつくってあげる事が必要です。猫が入れる程度の段ボール箱の中に毛布のような肌触りの布を敷いてあげれば猫の寝床は完成します。

しかし、猫は人の言うことなど聞きません。

気に入れば寝床として認めてくれますが、気に入らないとまったくその寝床を使わないこともよくあります。

猫が部屋のどの場所が好きなのか、お気に入りのタオルなどを観察して寝床を作っていく工夫をしてみましょう。

衛生面で気を付ける事

猫は自分で爪を切る耳掃除をすることはできません。定期的なケアが必要です。

爪切りや耳掃除用にガーゼなどがあればいいでしょう。

爪切りは大体2週間ぐらいに1回、爪を見て尖っているようなら少しだけ切るようにしましょう。耳掃除は週に1回程度の頻度で優しくお手入れしてあげましょう。

毛種にもよりますが、大体半年に1~2回お風呂にも入れてあげます。猫はグルーミング(毛づくろい)をするので頻繁にお風呂に入れてあげる必要はありません。

入れさせ過ぎは逆にストレスを溜めさせてしまい、皮膚疾患などにかかってしまう恐れもあります。しかしせっかくのお風呂の機会です、市販の猫用シャンプーや、お風呂用のたらいがあればいいですね。

猫は基本的にお風呂を嫌がるので、トリミングショップやペットショップでシャンプーをお願いすることもひとつの手です。

動物病院やトリミングショップやペットショップに行くためや、家の外に一緒に移動する場合に使用するキャリーケースも必要です。

猫を飼うための初期費用はいくら?

こちらを見ている猫
野良猫を保護する、里親募集で家族の一員になってもらう、その場合、猫本体の費用はかかりませんが、ペットショップなどで売られている場合5万円から、猫の種類によっては20万円以上費用がかかります。

それとは別に、必要な道具や予防接種や去勢手術をすれば大体3万円前後かかります。

道具を安く手に入れるには100円均一で帰るものを買えばかなり安くおさえられますが、はじめて猫を飼うならやはりいいものを買いたいと思うのが親心ではないでしょうか。

猫の寿命はどのぐらい?

最近は人間の平均寿命と同じで猫の寿命ものびてきています。寿命が伸びてきている理由はキャットフードの普及や医療の充実、完全室内飼いなどが理由に挙げられます。

野良猫は5歳~10歳、半外猫は13歳、そして完全室内で飼う場合平均寿命は15歳といわれています。アメリカには38年も生きた猫もいます。

猫が生後6ヶ月の頃、人間の年齢で10歳になります。生後15年になる頃には猫は人間の年齢でいう76歳になります。

猫は人と同じように歳を重ねません。思っている以上の速さで成長していきます。猫との時間は永遠ではありません。猫の寿命をしっかりと理解しておきましょう。

参考:猫の寿命ってどれくらい?長生きする猫の種類について

猫とあなたの楽しい共同生活をはじめてみましょう!

猫は人にいやしを与えてくれます。数え上げれば猫の素敵なところはきりがありません。一緒に生活していくことにより猫の気持ちや性格も少しずつ理解できるようになります。

猫は自由気ままな生きものです。

あなたの意にそぐわない事やびっくりさせられることも多々あります。でも怒らないであげてください。

たくさん遊んであげて猫の気持ちを理解できるようになりましょう。

猫はきっとあなたの親や兄弟や、子供のように大切な家族の一員になってくれます。ペットといえど大切な命を預かるわけです。

大切に育てて、猫と一緒に楽しく素敵な思い出をたくさんつくりましょう。