最近うちの猫がやたらと耳をかいたり、こすったりしているんだけどこれって何?と思った飼い主さん。それは「耳ダニ」が原因かもしれません。

猫の耳ダニは珍しいものではありませんが、厄介な病気の一つです。今回はこの「耳ダニ」について詳しく見ていきましょう!

猫がやたらと耳を痒がる・・・これって「耳ダニ」?

耳ダニは別名「耳疥癬(みみかいせん)」と呼ばれる病気の一つで、猫の耳にダニが住み着いて不快な症状を引き起こすものです。

この耳ダニに寄生されると強いかゆみや不快感から、猫はしきりに耳をかいたり、床や壁にこすりつけたりします。

耳ダニの正体は「ミミヒゼンダニ」

この病気の原因となるダニは「ミミヒゼンダニ」と呼ばれ、0.4mmほどの小さなダニです。

繁殖力が強く、なかなか駆除しにくい厄介な性質を持っています。

そんなミミヒゼンダニは猫の耳の中の皮膚表面で生活をし、耳垢線を刺激します。

そして耳垢や血液、リンパ液を吸って宿主となる猫の耳に寄生し続ける、という仕組みを持っています。

ミミヒゼンダニに寄生されると外耳道は耳垢で真っ黒になり、血液やミミヒゼンダニの排泄部であふれかえる為、絶えず激しいかゆみに襲われるという猫ちゃんにとって嫌な病気の一つです。

耳ダニの具体的な症状

では、具体的な耳ダニの症状を見ていきましょう。

動物病院へ検査に行くときにも症状を伝える事ができるので、思い当たる節があればメモしておくと良いでしょう。

耳周辺をかく

猫が後ろ足で後頭部らへんを「カイカイ」としている仕草はよく見かけられますが、耳のあたりを頻繁にかいている姿を見かけたら要注意です。

器用に後ろ足を耳穴に入れてかいていたり、痒そうにしている姿が頻繁に見られる場合は耳ダニが疑われます。

壁や床に耳をこすりつける

“ごろにゃん”といった形容詞が当てはまりそうな猫の可愛い仕草ですが、明らかに耳を床や壁にこすりつけている、こすりつける頻度が多い場合も注意が必要です。

耳の周辺を気にしているそぶりや、頭を激しく振る、または身の置き場がないような雰囲気でソワソワ、カイカイしていたら病気の可能性が高いと言えます。

耳垢が黒くて大量

耳ダニは常に耳垢線を刺激していますので、猫本来の耳垢はもちろん、ミミヒゼンダニによる吸血での出血、ミミヒゼンダニの排泄物で外耳道はすぐ汚れてしまいます。

こまめに耳掃除や手入れをしているはずなのに、なぜか真っ黒な耳垢がすぐに溜まる、量が多いという症状が見られたら、注意が必要です。

猫の耳垢は本来、薄茶色やクリーム色だったりしますが、真っ黒な耳垢が頻繁にみてとれる場合は何らかのトラブルが起きている証拠です。

色や量を目安に手入れをしてあげると気が付きやすいですよ。

耳ダニの感染経路

ミミヒゼンダニは生命力が強く、一度感染してしまうと治療にも時間がかかるため、出来るだけ感染を防いであげたい病気です。

耳ダニはどんな風に感染するのでしょうか。

不衛生な環境

耳の中に毛が沢山生えている猫や、外を散歩する猫は耳ダニに感染する率が高くなります。

飼い猫であっても、耳の中の手入れ不足であったり生活環境がよくないと感染しやすくなってしまいます。

接触感染

既に耳ダニに感染している猫と接触したり、外で耳ダニがいる環境に接触してしまうと感染します。

完全に室内飼いであればそこまで不安に思う必要はありませんが、外を散歩したり、長時間外で遊んでいる猫は注意が必要です。母子感染も接触感染の経路になります。

猫の性格と体質

猫は本来キレイ好きな動物ですが、中にはズボラで面倒くさがりな猫もいます。

顔を洗う時にキレイにできなかったり、耳垢が良く出る猫もいます。

自分できちんと手入れ出来れば良いのですが、猫の耳の中は狭いので猫だけではどうしても手入れ不足になってしまう場合も。

耳ダニの駆除の仕方と治療方法

耳ダニの性質と感染経路が分かったところで、耳ダニの駆除・治療方法を見ていきましょう。

まず、耳ダニが疑われた場合は速やかに動物病院を受診して、検査を受けます。

動物病院を受診する際に、猫の耳を掃除した綿棒などをビニール袋に入れて持って行くと検査がスムーズです。

動物病院でも改めて検査をしてくれると思いますが、耳垢の中にダニがいないかどうか顕微鏡で調べてくれます。

耳の中を洗浄する

耳ダニが認められた場合は、猫の耳の中を洗浄してダニの数を減らすことから始まります。

成虫はほぼ、この洗浄作業で駆除することが可能です。

「イヤークリーナー」などを使って洗浄していきますが、中にはかきすぎで耳の中に傷が出来て炎症を起こしている猫もいます。

炎症が酷い場合は軽めの耳掃除のみにして、点耳薬を入れ、後日洗浄することが多いようです。

抗ダニ薬、抗生薬を使う

駆虫薬として「レボルーション(レボリューション)」や「フロントライン」が使用されることが多いです。

1回の投与では完全に駆虫できないので、2~3回に分けて継続して投与していきます。それぞれ効果は1か月程度持ちますが、ミミヒゼンダニの卵には薬は効きづらいため、やはり継続しての投与が必要になってきます。

猫の肩甲骨周りや背部の皮膚に垂らすタイプなので、猫自身が痛みも不快感も感じにくいのがメリットです。飼い主が自宅でも継続して塗布してあげられるのも便利ですね。

注射駆虫薬を使う

皮膚に垂らすタイプの駆虫薬の効果が得られにくい場合は、注射で駆虫薬を投与します。

「イベルメクチン」というフィラリア予防薬としてよく使用されるものですが、こちらも外用の駆虫薬と同じように、数回程度の接種が必要になります。

注射の場合は動物病院で獣医師に投与してもらう必要があるので、動物病院に通うようにしましょう。

耳ダニの治療期間と治療費用

耳ダニの治療期間は薬1~3ヵ月程度です。そこまで重症でなければ1か月程度で完治します。重症化している場合は傷と炎症を抑えるところからになるので、3か月程度はかかってしまうこともあります。

おおよその治療費ですが、一度の治療費は3,000~4,000円程度です(洗浄、駆虫薬の投与含む)。初診の場合は+して初診代や検査代が必要になりますが、通院代は上記金額が目安になります。

耳ダニは人間にもうつる

猫に寄生するダニですが、人間にもうつるという厄介なダニです。とはいえ、耳ダニは人間に寄生することはできないので、症状が現れても、一時的なもので自然治癒することも多いです。

人間に現れる症状としては、赤い発疹や皮膚のかゆみを感じるものが多いです。自分にも感染していると感じた場合は、皮膚科に行って適切なお薬をもらうと治りも早いでしょう。

猫の耳ダニを予防する為にはどんな方法がある?

上から見下ろす黒猫

猫にとっても人間にとっても厄介な耳ダニ。何よりも感染しないような予防が大切です。そこまで難しいものではありませんので、猫と自分のためにも予防治療を徹底しましょう!

可能なら室内飼いにする

どうしても外でもらってくる確率が高いので、可能であれば完全に室内飼いにしてあげることがベターです。

ただし、外の散歩が日課になっている猫にとって、急な完全室内飼いはストレスに直結します。様子を見ながら外へ出る時間を短くしていく、室内でもストレスが溜まらないような環境を整えるなど工夫しながら進めましょう。

こまめに耳掃除をする

室内飼いが難しい場合でも、こまめに耳掃除をしてあげるようにすれば耳ダニの寄生を妨げる事が出来ます。

ブラッシングと一緒に猫の耳掃除専用液で優しく丁寧に掃除してあげましょう。綿棒は奥まで届くので便利なのですが、使い方を間違えると汚れを奥に押し込んでしまう可能性もあります。

不安な人は、動物病院で耳掃除を定期的に受けさせてあげるようにしましょう。

生活環境を整える

もちろん、日々生活する環境が清潔であることも大切です。猫用のベッドやトイレはこまめに洗いましょう。

掃除機をかける、ダニの増殖を抑制するグッズを利用するなど、猫にも人間にも清潔で快適な空間、環境を整えましょう。

ホコリや人間の食べカスなどで、家の中が不潔になってしまわないようにクリーナーを使って拭き掃除をするのも効果的です。

まとめ

耳ダニに感染すると厄介ではありますが、しっかり対処すればきちんと治る病気です。

我が家の猫が耳ダニかも…!と思っても、慌てずに動物病院へ行くようにしましょう。

動物病院で適切な治療を行ってもらえれば、症状はスムーズに改善に向かいます。

治療後も不安なときは、耳ダニの予防方法などを獣医師から詳しく聞いておくとよいでしょう。

猫と人間の快適な生活のために、日頃から生活環境を清潔に保っておき、猫のささいな変化にも気づいてあげられるようにコミュニケーションをとることを忘れないでくださいね。