ドライフードだからって、封を開けたまま放置してしまっていませんか!?

キャットフードだって立派な食べ物。人間が食べれちゃうものだってあるくらいですから、間違えた保管をしていれば、猫ちゃん達の体にもよくありません!

どのように保存していれば大丈夫なのか、見ていきましょう!

キャットフードの種類別保存方法

キャットフードには大まかに分けて、「ドライフード」と「ウェットフード」があるのは飼い主の皆さんならご存知でしょう。

普通に考えればウェットフードの方が賞味期限は短く腐りやすいイメージがありますよね。

それではそれぞれどんな保存方法が良いのでしょうか。

ドライフードの保存方法

猫を買っている方が「キャットフード」と言われて思いつくのは、おそらくドライフードのほうが多いのではないでしょうか。

賞味期限も長く、猫は同じご飯ばかり食べる特性を持っているので、たくさんお家に買い溜めて居る方もいらっしゃるでしょう。

ですが、開封後に保管する場所によって劣化してしまうことをご存知ですか?

直射日光が当たったり、多湿であったり、温度変化の幅が広いとキャットフードは劣化してしまいます。

つまり、逆に言えば直射日光が当たらず、乾燥していて、温度差があまり無い場所が保管場所としては最適ということですね。

オススメは床下の収納や食器棚など。

冷蔵庫は結露してしまったりしてカビが生えてしまう原因を作ってしまうので、出来るだけ保管場所として使わないようにしておきましょう。

また、ドライフードの袋もそのまま使うのは好ましくありません。

できればタッパーやジップロックなどに入れたほうが良いでしょうし、真空パックに入れられれば尚良し!ですね。

ウェットフードの保存方法

ドライフードと違って水分が多いウェットフード。

こちらはドライフードと違って、開封後は長く保存することを想定して作られてない為、基本的には保存することは避けましょう。

ですが、ドライフードと違って冷蔵庫に入れる事が出来るので、一日程度でしたら冷蔵庫で保管するようにしましょう。

ただ、袋タイプも缶タイプも、そのまま冷蔵庫に入れると雑菌をペットフードに移してしまう原因になります。

その為、冷蔵庫で保存するなら新しい容器に入れてからにすること!タッパーやお皿に乗せて冷蔵庫に入れておくと良いでしょう。

キャットフードを雑に保管するとどうなるの?

可愛い顔で眠る猫ちゃん

上記のような保存を行わず、雑に保管してしまうと、キャットフードに様々な変化が起こります。

場合によっては大きな病気になることも・・・。しっかりチェックしていきましょう!

キャットフードは酸化する!?

キャットフードは空気に触れることで酸化していきます。

高くて質がいいペットフードでも、酸化が進むと栄養が格段に落ち、安いキャットフードと変わらないようなものになってしまう事も。

ドライフードは一ヶ月持つと言われていますが、一ヶ月風味や栄養が持つということではありません。

どんどん劣化していき、ネコちゃんは「こんなもの食べたくないニャー!!」といって食べなくなってしまうかも!

酸化したキャットフードを食べたらどうなる?

酸化してしまったキャットフードは、ただ栄養が減り風味が消えてしまっているだけではありません。

キャットフードに含まれる脂肪分は、酸化が起こると体調不良を起こす「悪玉コレステロール」へ変わってしまうのです。

下痢を起こしたり、アレルギーの偏印になってしまったりします。

また、この悪玉コレステロールは血管にこびりついてしまうことでガンや動脈硬化に繋がることも。

他にも、組織や臓器に問題が起こったり、老化を促進させたり・・・悪い事ばかり引き起こしてしまいます。

愛猫が飼い主さんのズボラさで大きな病気にかかってしまうだなんてあまりにも悲しすぎますよね・・・?

ちゃんと酸化防止のためにも真空パックや密封容器を使い、保管場所を気にして管理してくださいね!

キャットフードの酸化の見分け方は!?

ドライフードが酸化している場合、見かけだけではわかりませんが、実際に触ってみることで初めてわかります。

普段はパサパサしていてカリカリッと良い音を鳴らしてくれそうなドライフードが、ねちょねちょべとべとしている場合、それは酸化を起こしてしまっています。

また、猫ちゃんが食べようとして匂いを嗅いだのにプイッと目をそらして食べなかった!という時も酸化している可能性が高いです。

ネコは食事の際、匂いが良いものほど「食べたい!」と思うのです。

その為、ネコにとって食欲をそそる匂いがする食材を使っていたり、匂い成分の入ったものが使われていたりするんですね。

酸化するとこの匂いが減っていき、ネコの食欲をくすぐらなくなるためそっぽ向いてしまうというわけ。

時間的な目安としては、1日放置したキャットフードは酸化していると思ってもいいでしょう。

場所によってはすぐに酸化してしまいます。

鮮度があって美味しい食事をさせてあげるためにも、小分けパックにしたりして餌をあげたり、自動給餌器を使うなどして対処しましょう!

キャットフードを放置すると虫が住み着く!?

キャットフードを放置しておくと、そこになんと虫が住み着いてしまいます。

特に代表的なのが「タバコシバンムシ」。

小麦粉やパスタなど乾燥したものに住み着く習性があり、夏になると活発に動き出します。

その間に卵を生み、冬を越し成長し、ゴマ粒大の虫が家中を飛び回るようになります。

電球の上死骸がたくさんいる…なんてことにも繋がります。

しかも、有効な駆除方法が虫が住み着いている原因を「捨てる」しかないというところも駆除の難しさを物語っていますね。

虫をわかせないためにも、しっかりと保管しておきましょう!

キャットフードのオススメの保存容器

キャットフードを長く保存するためには酸化させないことが大切。

真空状態にし、湿気から遠ざける事で酸化は防ぐことが出来ます。

対処法の一つとして、すぐに容器を移しておくことが上げられますが、一体どんな容器だったらいいの?と思う人も多いでしょう。

ということで、最後にキャットフードを保管しやすいおすすめの保存容器を紹介したいと思います!

どうやって保存するか迷った時は是非参考にしてくださいね!

ナチュラルハーベスト 真空フードストッカー

ナチュラルハーベスト

ナチュラルハーベストの真空フードストッカーは、専用ポンプが別で売ってあり、それを使うと中身を真空状態にできるというスグレモノ!

形も小さいものから大きいものまで様々なので、ご自宅の量にあった大きさを使えますよ!

真空状態で保存する事が出来れば、より新鮮なエサをあげることができますね!

ナチュラルハーベスト公式サイトへ♪

※現在真空フードストッカーは製造中止の様です

グッドスマイルインターナショナル 真空キャニスター

真空キャニスター

グッドスマイルインターナショナルの真空キャニスターは、ナチュラルハーベストの真空フードストッカー同様真空にしてくれるもの!

フタにボタンがあり、そこを押すだけで密封してくれます!

電動なので、本当にただ押すだけ!すごいですね!

ペットショップでも売られていますし、Amazonや楽天等通販サイトでも販売されていますので、一度探してみてはいかがでしょうか!

真空キャニスター公式サイトへ♪

リッチェル ハンディペットフードピッチャー

リッチェル ハンディペットフードピッチャー

真空フードストッカーや真空キャニスターとは違って、小型タイプでシンプルなフードストッカーです。

名前にあるとおり、どちらかというと「ピッチャー」ですね。

取っ手付きで、まるでじょうろみたいにエサをあげることが出来ます。

こちらは密閉性や真空の機能はないので、「入れておく用」としてお使い頂くのが良いでしょう。

スコップを使わなくてイイので、お子さんでもネコにエサを上げられますよ!

リッチェル公式サイトへ♪

アイリスオーヤマ 密閉容器

アイリスオーヤマ 密閉容器

アイリスオーヤマの密閉容器はクリアカラーになっているので、キャットフードの残量も一目瞭然!

蓋の裏に除湿剤をつけられるようになっているので、わざわざ除湿剤を別に入れること無くコンパクトにできます!

他にも、袋そのまま密閉容器にしまえるものもあり、そちらも除湿剤をセットできるというのだから驚きです!

わざわざ入れ替えなくても袋をそのまま入れられて、終わったらその袋を捨てるだけ!というわけですね!

フードストッカーを洗う手間も減り、時短になるのではないでしょうか!

アイリスオーヤマ公式サイトへ♪

キャットフードには乾燥剤も欠かせない!

ここまでは保存容器をオススメしてきましたが、勿論乾燥剤だって欠かせません!

入れておくだけで湿気を飛ばしてくれるので、余裕があれば買っておきたいですね!

ペットフード用の容器を買わなくても、密閉したり真空状態にする事が出来れば同様の効果が期待できます。

その時にぽんっと入れておけば完璧ですね!

可愛く瓶にいれておきたい!という人でも安心して使うことができます!

キャットフードの保存方法まとめ

以上、キャットフードの保存方法から危険性、オススメの保存容器まで紹介しました!

キャットフードを保存する際には、真空状態を作り、出来るだけ空気に触れさせないのが最も大切なポイント。

小分けパックに分けてあげるのも手です!

可愛らしいネコちゃんにはできるだけ鮮度の高いご飯を食べさせてあげて、元気に日々を過ごして欲しいものです!

そのためにも、飼い主さんは愛情たっぷり注いで育てて上げてくださいね!