自由気ままな仕草や愛くるしい表情で、私たち人間を癒してくれる猫ちゃん。家族の一員として猫と一緒に暮らしているという方も多いのではないでしょうか。

そんな家族の一員である猫ちゃんに、あなたはベストな食事を与えていますか?中には、格安で売られているキャットフードを与えている…という方もいらっしゃるかと思います。

しかし、格安で販売されているキャットフードの中には、猫ちゃんにとって全く嬉しくない原材料が使われていること知ったら、あなたはどう思いますか?

ここでは、キャットフードのことがよくわからないという飼い主さんのために、安全で美味しいキャットフードを選ぶうえでのチェックポイントや、無添加でおすすめのキャットフードをランキング形式で紹介していきながら、キャットフードについての基礎知識をお伝えしていこうと思います。

猫ちゃんと一緒に暮らしている方・これから猫ちゃんを新しい家族として迎えようと思っている方に有益な情報をたくさん記載しているので、ぜひじっくりと読み進めてみてくださいね。

目次

安全で美味しいキャットフード選びの3つのチェックポイント

家族の一員である愛猫には、いつまでも元気で過ごしてほしい…多くの飼い主さんはこのような想いを抱いていることでしょう。猫ちゃんの元気の基本となるのは、やはり日々の食事です。

あなたは愛猫に与えているキャットフードをどのような基準で選んでいますか?

「キャットフードのことはよくわからないから…」と、スーパーやドラッグストアでとりあえず目に入った格安のキャットフードを与えている方もいらっしゃるかもしれません。しかし、そのフードは果たして愛猫にとって安心で美味しいキャットフードなのでしょうか?

ここでは、キャットフード選びの時にチェックしてほしい3つのポイントを詳しく説明していきます。ぜひ、いま愛猫に与えているキャットフードと比較しながら、読み進めてみてくださいね。

キャットフードの原材料の質をチェックする

あなたは愛猫に与えているキャットフードの原材料を気にしたことがありますか?中には、キャットフードの原材料にどのようなものが使われているかなんて気にしたことがない…という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

可能であれば、今あなたが愛猫に与えているキャットフードのパッケージ裏面に記載されている原材料をチェックしてみてください。その中に、以下のような原材料が記載されていないでしょうか?

  • ミートミール
  • 家禽副産物
  • 肉副産物

ミートや肉という言葉から、「何かの肉を加工したもの?」と思いますよね。私たち人間が食べるベーコンやハム、ウインナーなども肉を加工して作られているので、特に違和感はないかもしれません。

しかし、ミートミールや家禽副産物、肉副産物が人間が絶対に食べることはない、粗悪な肉であることを知ったら印象は全く違ってきませんか?

粗悪な肉材料 4Dミートとは?

ミートミールや家禽副産物、肉副産物などの原料として使われている肉のことを、ペットフード業界では4Dミート呼びます。4Dミートとは、以下の英語の頭文字を取った言葉。

  • Dead(死んだ動物の肉)
  • Diseased(病気だった動物の肉)
  • Dying(死にかけだった動物の肉)
  • Disabled (障害を持っていた動物の肉)

英語の横に日本語訳も付けてみました。読んでいるだけでゾッとしてしまいませんか?

ミートミールや家禽副産物、肉副産物は、加工肉であることは間違いないのですが、原料となる肉にこの4Dミートが使われているんです。

なぜこのような粗悪な肉を使うのか?と疑問に思った方もいらっしゃると思うのですが、その理由はキャットフードの販売価格や流通事情にあります。

4Dミートを使ったキャットフードは、大抵の場合スーパーやドラッグストアなどで驚くような安さで販売されています。

ペットフードを製造するメーカーにとっては、大量に安く手に入る4Dミートを使って、フードを大量生産し全国各地の店舗に流通させるというのは、コストパフォーマンスの面でメリットが大きいのです。

簡潔に説明すると、安い原料で原材料を作る→大量のフードを生産→安い価格で多くの消費者に販売することによって、利益を得ているということ。

ペットフードメーカーの利益のことを考えると、わからなくもない話なのですが、4Dミートの粗悪な肉を食べ続けることによって、猫の健康状態がどのようになるか?ということを考えると、4Dミートが使われているキャットフードは避けるべきであるということが、よくわかると思います。

安全で美味しいキャットフードを選ぶには、価格よりも原材料の質を重視することが大切です。

人工添加物の配合をチェックする

キャットフードを選ぶうえで注意しなければならないのは、4Dミートだけではありません。

原材料に保存料や着色料、香料などの人工添加物が配合されていないか?にもしっかりと目を光らせましょう。

先ほどと同じように、今あなたが愛猫に与えているキャットフードのパッケージ裏面に記載されている原材料をチェックしてみてください。以下のような原材料が含まれていないでしょうか?

  • 着色料:赤色3号・赤色40号・青色2号 etc…
  • 酸化防止剤:BHA・BHT etc…
  • 香料:ソルビトール・キシリトール・コーンシロップ etc…

これらの成分は、4Dミートの粗悪な肉の香りや色を誤魔化すためフードの持ちを良くするために配合されている人工的な化学添加物です。

現代の技術により、体への影響が少ない人工添加物も増えてきましたが、上記で紹介した人工添加物は、発がん性の疑いがあるものや、アレルギーを引き起こす恐れがあるものです。

イギリスやアメリカなどでは、ペットを保護するための規制や法律が定められているのですが、日本は残念ながら欧米諸国と比べてペットに関する規制や法律が、まだまだ緩い状態です。

そのため、体に害を及ぼす恐れのある人工添加物がフードの原材料として使用されていることが多いのです。

猫は人間でありません。しかし、猫と一緒に暮らしている方にとっては、家族の一員ですよね。そんな猫ちゃんに与えるフードに、体にとって危険性のある人工添加物が使用されているのは、避けなければなりません。

安全で美味しいキャットフードを選ぶには、人工添加物の入っていないキャットフードを選ぶことも大切です。

使用されている食材をチェックする

最後にチェックするのは、原材料に使用されている食材です。キャットフードには、肉や魚の主原料の他に様々な食材が原材料として配合されています。

しかし、その中には猫ちゃんの体にとって負担になる食材もあることをあなたは知っていましたか?あなたが愛猫に与えているキャットフードには、以下のような食材が含まれていないでしょうか。

  • 米・玄米
  • 小麦・大麦
  • トウモロコシ

私たち人間が食べるには、全く問題がないこれらの穀物類ですが、猫ちゃんにとっては本来必要のないものなんです。猫という動物は、元々完全肉食の動物。肉を食べて生きてきた猫は、穀物を上手に消化する消化器官を持っていません

ではなぜ、キャットフードに猫が必要としない穀物を入れるのでしょうか?

その答えは、フードのカサ増しです。

格安で販売されているキャットフードには、4Dミートが使われているのですが、4Dミートが安く大量に手に入るといっても、それだけでは製造が追いつきません。そのため、比較的手に入りやすい穀物類を配合することによって、フードをカサ増ししているのです。

穀物を食べたからといって、猫ちゃんの健康状態が一気に悪くなるというわけではありませんし、少量の穀物は栄養バランスを整えるためには必要なもの。しかし、毎日食べるキャットフードに多くの穀物が使われているとなると、話は別です。

最初の方でも述べたように、猫は穀物を消化しづらい消化器官を持っているため、毎日のように多くの穀物を摂取していると胃腸に負担がかかります。そうすると、お腹の調子を崩す子や、アレルギーを発症してしまう子も…。

安全で美味しいキャットフードのためには、猫の体にとって負担になる食材が使われていないか?にまで、気を配ってあげましょう。

無添加でおすすめのキャットフードランキング!

安全で美味しいキャットフードを選ぶときに気をつけたい、4Dミート・人工添加物・穀物類。しかし、数多く販売されているキャットフードの中から、これらのポイントを満たしているフードを選ぶのは、一苦労ですよね。

そこでここからは、無添加で上質な食材や、原材料を使っているおすすめのキャットフードをランキング形式で紹介していきたいと思います!

筆者である私の愛猫(7歳の雄猫)にも実際に与えてみて反応の良かったもの・口コミで評判の良かったキャットフードを中心としたランキングとなっているので、ぜひキャットフード選びの参考にしてください。

1位:カナガンキャットフード

全成分一覧

乾燥チキン35.5%、骨抜きチキン生肉25%、サツマイモ、ジャガイモ、鶏脂4.2%、乾燥全卵4%、チキングレイビー2.3%、サーモンオイル1.2%、ミネラル類(硫酸亜鉛一水和物、硫酸第一鉄水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(II)五水和物、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE)、アルファルファ、クランベリー、タウリン、マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、海藻、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、アニスの実、コロハ
出典:カナガンキャットフード公式サイト内

私が一番おすすめするキャットフードは、カナガンキャットフードです。

カナガンキャットフードはペット先進国と言われているイギリス産のフードで、豊富な栄養素をたっぷりと含みつつ、猫の体に負担をかけない原材料を使用しています。

獣医師からも推奨を受けているキャットフードで、数多くの飼い主さんに選ばれているようです。我が家の愛猫もカナガンキャットフードは大のお気に入り。1粒も残さずペロリと平らげてくれるので、飼い主の私も安心です!

カナガン公式サイトを見てみる♪

カナガンキャットフードの特長

カナガンキャットフードが、猫の体に負担をかけないキャットフードとしてこだわった3つの特長を紹介していきます。

最適なバランスで栄養を補う

カナガンキャットフードは70%の動物性原材料と、30%の野菜&ハーブで構成されています。

動物性原材料には、タンパク質やビタミン、リンなどを豊富に含む鶏肉を使用し、猫ちゃんの健やかな日々をサポート。野菜&ハーブには、食物繊維を含むサツマイモ、ミネラルを含む海藻、ビタミンCを含むクランベリーなどを使用し、猫ちゃんの体の機能やサイクルに効率的に働きかけます。

猫の特性を考慮した原材料を使用し、最適な成分バランスで栄養素を配合しているので、毎日の食事で手軽に愛猫の健康ケアを行うことができるキャットフードとなっています。

ヒューマングレードの原材料で美味しさUP

原材料を最適なバランスで配合しているカナガンキャットフードですが、原材料の質が良くなければ、どんなに栄養バランスが取れていても意味がありません。

カナガンキャットフードでは、全ての原材料で人間も食べることができるヒューマングレードの食材を使用しています。主原料である鶏肉も、野菜やハーブも新鮮で高品質なものなので、色や香りを誤魔化すために人工添加物を配合する必要もありません。

食材本来の旨味を味わえるキャットフードとなっているので、猫ちゃんも大満足すること間違いなしです。

徹底した品質管理

カナガンキャットフードは、イギリスで作られています。

イギリスはペット先進国と呼ばれているほど動物愛護に力を入れている国で、動物の命を保護する法律やペットフードに関する法律もしっかりと整っています。

イギリスには数多くのペットフード工場があるのですが、カナガンキャットフードが製造されている工場は、その中でも国際規格をクリアしたランクAの工場です。

そんな工場でカナガンキャットフードは大量生産を行うことなく、少量ずつ生産されています。

原材料の品質管理はもちろんのこと、完成後のフードにも製造番号をつけて12ヶ月の間、フードの品質をチェックしているというこだわりっぷり。

ここまでこだわり抜かれて作られているキャットフードなら、海外製のフードに対して抵抗感のある飼い主さんでも安心できるのではないでしょうか。

カナガンキャットフードのネット上の口コミ

カナガンキャットフードのネット上に寄せられている口コミを紹介します。良い口コミだけでなく、悪い口コミも記載しているので、ぜひ参考にしてください。

カナガンキャットフードの良い口コミ
男性

好き嫌いの激しい子だったのに!

うちの子は非常に好き嫌いの激しい子で…なかなかお気に入りのフードに巡り会えずに悩んでいたんです。口コミで評判のカナガンキャットフードを購入したときも、実はあまり期待値は高くなくて…(笑)
しかし、カナガンキャットフードは今までのフードとは別格だったようです。初日からペロリと与えたぶんを全て完食してくれましたし、1ヶ月以上たった今も、その食いつきは変わりません。
栄養バランスが取れているからか、毛並みも良くなってきたので、今後も継続して与えたいと思っています。

女性

いい香りがするキャットフード

とにかく香りがすごく良い!人間の私はキャットフードを食べることができないので、味はわかりません。でも、フードを与えるときに良い香りが漂ってくるので、猫ちゃんにとってもきっと美味しいに違いないと思っています。
カナガンキャットフードにしてから、ごはんの催促がひどくてある意味大変ですが(笑)愛猫が美味しそうにフードを食べてくれているのは、やっぱり嬉しいですね。

カナガンキャットフードの悪い口コミ
女性

便が緩くなった

食いつきが良く、嬉しく思っていたのですが、カナガンキャットフードに変えてから、便が少し緩くなった気がします。動物性タンパク質の割合が大きいからでしょうか?猫の様子は普段と変わらないのですが、少し心配です。

カナガンキャットフードのInstagramでの口コミ

人気のSNS、Instagramに投稿されているカナガンキャットフードの口コミも集めてみました。

おはようございます🤗 今日は午後から同じ会社の子の結婚式です💒 お天気良くて良かったぁ🤗 ちなみに来週も会社の子の結婚式です👰🤵 結婚ラッシュですね❣️笑 ・ 前回届いたカナガンからやっとジッパーが付いて保存がしやすくなりました😺👍 ・ ・ フードを切り替えてから半年以上経ちましたが体調は良さそうです✨✨✨ ・ ジウィピーク・エアドライ・ベニソンはオヤツに少量与えています。 ほぼ肉です🍖笑 ・ 素敵な日曜日を✨✨✨ ・ ・ #キャットフード#カナガン#カナガンキャットフード #ジャガーキャットフード #ジウィピーク#グレインフリー#ヒューマングレード #canagan #canaganpetfood #thejaguar #ziwipeak #catfood #scottishfold #cat#lovecat #スコティッシュフォールド #たち耳スコ #茶トラ男子部 #猫のご飯

ライムミントさん(@goronoyume113)がシェアした投稿 –

カナガンキャットフードはこんな猫ちゃんにおすすめ!

カナガンキャットフードは、人間の私たちが嗅いでもわかるほど、食材本来の香りが楽しめるキャットフードとなっているので、偏食気味の猫ちゃんでも美味しく食べてくれると思います。

また、子猫から高齢猫まで全ての年代の猫に与えることのできる、オールステージ対応のキャットフードなので、小さいうちから与えておけば、健康維持のサポート役として大いに活躍してくれると思いますし、高齢になってきて、食欲の落ちた猫ちゃんの健康管理にも役立ってくれると思いますよ。

2位:モグニャンキャットフード

2位モグニャンキャットフード

全成分一覧

白身魚63%、サツマイモ、エンドウ豆、サーモンオイル、ひよこ豆、レンズ豆、ヒマワリオイル、フィッシュスープ、ミネラル類(硫酸第一鉄水和物、硫酸亜鉛一水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(II)五水和物、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE)、ビール酵母、オリーブオイル、アマニ、アルファルファ、バナナ、リンゴ、クランベリー、カボチャ、セイヨウタンポポ

出典:モグニャンキャットフード公式サイト内

カナガンキャットフードと同じくらい、我が家の愛猫のお気に入りフードがモグニャンキャットフードです。

香りと味わいを追求して開発されたモグニャンキャットフードは「食いつきかたが今までのキャットフードと全く違う!」と愛猫家の間でも話題になっています。

モグニャンキャットフードの特長

猫ちゃんの食いつきかたにビックリされている飼い主さんも多い、モグニャンキャットフードの3つの特長を紹介していきます。

愛猫の食欲をそそる白身魚の旨味

新鮮な白身魚を主原料として使用しているモグニャンキャットフード。魚本来の香りが漂うフードで、まず最初に猫ちゃんの嗅覚を刺激します。口に含めば白身魚の旨味が広がるので、猫ちゃんの味覚も満足。

グルメな猫ちゃんでも思わず食い付いてしまう、旨味たっぷりのキャットフードとなっています。

高タンパク・グレインフリーで栄養価バツグン

猫にとって健康的な毎日を過ごすために欠かせない栄養素のひとつが、動物性タンパク質です。モグニャンキャットフードは、主原料である白身魚の含有量を63%まで高めたことで、動物性タンパク質の配合量を増やすことを実現しました。

猫が消化しづらいグレイン(穀物)は一切含んでいないので、体に負担をかけることなく、毎日の食事で豊富な動物性タンパク質やその他の栄養素を補うことができます

人工添加物の配合は一切なし

モグニャンキャットフードでは、人工的な化学添加物を使用していません。人間の私たちでもわかるほどのフードの香りは、主原料である白身魚のものですし、着色料でフードの色を誤魔化すことも一切なし。

保存料として使用されているミックストコフェロールは、ビタミンEに含まれる脂溶性のビタミンで、自然由来のものです。

猫の健康を害する恐れのあるものは一切使用されていないので、飼い主さんも安心して与えることができます

モグニャンキャットフードのネット上の口コミ

モグニャンキャットフードを愛猫に与えている飼い主さん達からの、リアルな口コミを紹介します。

モグニャンキャットフードの良い口コミ
女性

お腹の調子が良くなりました

色んなキャットフードを試してみましたが、どうしても便秘が良くならなくて…。苦しそうにしている愛猫のために、成分表示を見て消化に良さそうなもの・お腹に優しそうなモグニャンキャットフードを購入しました。
モグニャンキャットフードに変えてから一週間でしょうか。トイレを覗くと久しぶりに立派なものが!(笑)
お腹の調子が良くなったからでしょうか?最近は活発に動き回っています。

女性

美味しく食べてくれています

サーモンの匂いがとても良く、きっと猫ちゃんにとっても美味しいんだと思います。今までのキャットフードは何だったの?!と驚くほどの食いつきっぷり。
ごはんを食べた後の満足そうな顔を見るのが楽しみです。

モグニャンキャットフードの悪い口コミ
男性

太ってしまった

美味しそうに食べてくれるので、安心していたのですが、今までのキャットフードと同じくらいの量を与えていたところ、少し太ってしまいました。与える量を少し減らすべきか?と悩んでいます。

モグニャンキャットフードのInstagram上の口コミ

Instagramでは、モグニャンキャットフードの評判はどうなっているのでしょうか?ここでは、モグニャンキャットフードを与えている飼い主さん達の投稿を紹介します。

#モグニャン 🍚😸🐾ぁ あたちのごはんはまだかなぁ➰🙀ぁ 新しいマンマを買ってみた🍚 今回はフィッシュテイスト🐟 試しに食べてみたら、まんま煮干しみたいな味。しっかり減塩されていて人間には塩味が足りないけど、ちゅらが食べるんだから当たり前ですね😅 飽きずに食べてくれるとイイですがね➰😄😸🐾ぇ #mognyan 🍚😸🐾ぁ I guess my food is still being prepared➰🙀ぁ #ねこ #ネコ #猫 #にゃんこ #きじしろ #きじとら #はちわれ #ねこ好き #ねこすたぐらむ #にゃんすたぐらむ #ねこ部 #ねこら部 #みんねこ #猫好きさんと繋がりたい #保護猫 #neko #cat #cats #catstagram #nekostagram #catsofinstagram #instacat #meow #cats_of_instagram #instapic #instaphoto #instagood #tabby

ひっしーさん(@hissy32)がシェアした投稿 –

ダリの大好物♡ #mognyan #モグニャン #カナガン #饅頭猫

Darioさん(@dario_key)がシェアした投稿 –

モグニャンキャットフードはこんな猫ちゃんにおすすめ!

モグニャンキャットフードの主原料は白身魚なので、肉類でアレルギーが出てしまう猫ちゃんに与えるフードとして、ぜひおすすめしたい一品です。

また、トッピングがしやすいシンプル仕様のキャットフードとなっているので、飼い主さんの手作りトッピングで様々なアレンジをすることもできます。アレンジをすることで飽きっぽい猫ちゃんドライフード自体が苦手な猫ちゃんでも、美味しく食べてくれることでしょう。

3位:Symply(シンプリー)

シンプリー

全成分一覧

骨抜き生サーモン(31%)、サツマイモ、乾燥ニシン(12%)、乾燥サーモン(11%)、ジャガイモ、サーモンオイル(8.1%)、乾燥白身魚(6.5%)、生マス(4.65%)、サーモンスープ(2.3%)、ミネラル類(硫酸亜鉛一水和物、硫酸第一鉄水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(II)五水和物、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE)、アルファルファ、クランベリー、タウリン、マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、海藻、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、アニスの実、コロハ

出典:シンプリー公式サイト内

Symply(シンプリー)は、健康的で美味しいキャットフードを目指して、動物栄養学者と共に開発されたキャットフードです。我が家の愛猫にも1回だけ与えたことがあるのですが、よほど美味しかったのでしょう。

フードを食べ終わった後も、しばらく私の足元にまとわりついてきて、「もっとちょうだい」と言わんばかりのアピールを受けました。

シンプリー公式サイトを見てみる♪

Symply(シンプリー)の3つの特長

健康的で美味しいキャットフードを目指して開発された、Symplyの3つの特長を紹介していきます。

元気を維持するために考え抜かれた黄金バランス

Symplyは、猫のデリケートな特性を考慮して開発されたキャットフード

生サーモンなどの動物性タンパク質を中心に、体のコンディションを安定させるためのクランベリー、お腹スッキリを助けるオリゴ糖、ビタミンや鉄などを多く含むニンジンやリンゴ、ほうれん草などの様々な原材料を、Symply独自の黄金バランスで配合しています。

食欲をそそるための厳選食材

様々な原材料を黄金バランスで配合しているSymplyですが、猫ちゃんに美味しく食べてもらわないことには、キャットフードとしての意味がありません。

Symplyは、グルメな猫ちゃんにも満足してもらうフードを実現するために、原材料の食材にも徹底的にこだわりました

Symplyの主原料は新鮮な生サーモンなのですが、そのサーモンをベースに、生マスや乾燥サーモン、ニシン、白身魚を惜しみなく使用し、魚の旨味や風味を凝縮したサーモンスープもたっぷり配合。

香りと味わいで猫ちゃんの食欲をそそる、贅沢なキャットフードとなっています。

グレインフリー・人工添加物不使用

厳選した原材料を黄金バランスで配合し、猫ちゃんの美味しさを追求しているSymplyですが、猫ちゃんの健康面にもしっかりとこだわりを見せています。

Symplyは、猫が消化しづらいグレイン(穀物)と、猫にとって嬉しくない人工的添加物は、一切使用していません。

飼い主さんによっては、フードの匂いが強く感じられる方もいらっしゃるようですが、それも素材そのものの香りなので、安心してくださいね。

Symply(シンプリー)のネット上の口コミ

一番信頼できる情報と言えば、口コミですよね。ここでは、Symplyを愛猫に与えている飼い主さんの口コミを、紹介していきます。

Symply(シンプリー)の良い口コミ
男性

サーモンの味がお気に入りのようです

以前は、チキン系のキャットフードを与えていたのですが、どうやら飽きてしまったようで、食べなくなってしまったんです。そこで、魚系をメインにしているキャットフードを探していたところ、知人にオススメされたのがシンプリーでした。
最初にビックリしたのが人間の私でもわかるほど、サーモンの香り!
愛猫にとってもサーモンの香りが衝撃的だったようで、食いつきもすごかったです。今のところ、シンプリーに飽きている様子はみられないので、安心しています。

女性

毛並みツヤツヤに

恥ずかしいのですが、今まで安いキャットフードしか与えたことがなかったんです。そんな愛猫を見かねて知人がプレゼントしてくれたのが、シンプリーだったんです。
与えて見たところ、今までにないくらいの食いつき。本当に美味しそうに食べるので、そのまま与えています。最近心なしか毛並みがツヤツヤになってきた気がするのですが、これもシンプリーのおかげでしょうか?飼い主である私も嬉しいです。

Symply(シンプリー)の悪い口コミ
男性

がっつきすぎて…

シンプリーがよほど美味しいのでしょう。ごはんを食べるときに、急いでがっついて食べるので、その後に吐いてしまうことが多くなってしまって…。吐いた後は、ケロッとした顔をしているので、そこまで心配することはないと思うのですが、うちの子にはもしかしたら粒が大きいのかもしれません。

Symply(シンプリー)のInstagram上の口コミ

写真メインのSNS、InstagramでのSymplyの評判も気になります。可愛い猫ちゃんの写真と共に、飼い主さん達のリアルなコメントをチェックしてみましょう。

グリのご飯のカリカリのブランド新しくした。 食べるかどうか心配だったけど、未開封で置いてたらわたしが開ける前に袋の上から噛み付いて穴だらけになってて、きちんとあげたらモリモリ食べた。 新鮮サーモンのタンパク質や必須脂肪酸、消化の良い野菜からも栄養バランス整え、人間が食べられるグレード。 人工的な着色料や香料不使用、遺伝子組換食品も不使用。 #symply #シンプリーキャットフード #カリカリフードも開発したいな #頑張ろう #大切な家族のために #ラシャトン #lachaton #ネコのおすそ分け #幸せのバトンをつなぐ #アニマルウェルフェアに基づきつくられた #世界一安心安全なペットフード @lachaton_cat #ラシャトン営業してます www.lachaton.jp

新井ミホさん(@mihoarai0527)がシェアした投稿 –

Symply(シンプリー)はこんな猫ちゃんにおすすめ!

Symplyは、素材そのものの香りや味わいを楽しめるキャットフードとなっているので、好き嫌いの激しい猫ちゃんでもきっと美味しく食べてくれることでしょう。

また、健康面も考慮されているので、お腹の弱い猫ちゃんや、毛並みの美しさが衰えてきた猫ちゃんに与えるフードとしても、おすすめです。

4位:プレミアムキャットフードジャガー

プレミアムキャットフードジャガー

全成分一覧

骨抜きチキン生肉・鴨生肉、乾燥チキン・乾燥鴨肉、生サーモン・生マス、じゃがいも、卵、サツマイモ、豆、チキンレバー、鶏脂、チキングレイビー、アルファルファ、豆食物繊維、サーモンオイル、ミネラル、ビタミン、クランベリー、マルベリー、ブルーベリー、りんご、トマト、オレンジ、梨、にんじん、ほうれん草、カリフラワー、マリーゴールド、海藻、朝鮮人参、緑茶、生姜、プロバイオティックス

出典:ジャガー公式サイト内

ここからは、口コミで評判の良かったキャットフードの紹介です。

プレミアムキャットフードジャガーは、いつも隣にある贅沢というコンセプトのもと販売されているキャットフードです。

人間も食べることができる、ヒューマングレードの食材を厳選し配合。新鮮な肉や魚、果物、野菜などの、素材そのものの香りや味わいを猫ちゃんに堪能してもらえるキャットフードとして、飼い主さんたちの間でも話題になっています。

ジャガー公式サイトを見てみる♪

プレミアムキャットフードジャガーはこんな猫ちゃんにおすすめ!

プレミアムキャットフードジャガーは、動物性タンパク質の割合が80%以上という高タンパクのキャットフードなので、成長期の猫ちゃんに与えるフードとしては最適と言えるでしょう。

また、グレイン(穀物)や化学添加物も一切配合していないので、お腹の弱い猫ちゃんや、アレルギー体質の猫ちゃんに与える場合も安心です。

5位:FINEPET’S キャットフード

FINEPET’S キャットフード

全成分一覧

アヒル肉、ニシン、全粒米、ポテト、鶏脂、フレッシュサーモンオイル、鶏肉、チコリ、グリーンピース、鶏レバー、植物性繊維質(豆類由来)、ビタミン(ビタミンE、ビタミンC、ナイアシン、イノシトール、ビタミンA、チアミン、Dパントテン酸カルシウム、ピリドキシン、リボフラビン、ビタミンK、ベータカロチン、ビタミンD3、葉酸、ビオチン、ビタミンB12)、ミネラル(亜鉛、鉄、銅、マンガン、ヨウ素酸カルシウム)、ユッカシジゲラ、マンガンオリゴ糖、ボリジオイル、フラックスシード、Lカルニチン、イヌリン、プロバイオティクス

出典:FINEPET’S 公式サイト内

FINEPET’S キャットフードは、一生を通じて与えることのできるキャットフードを追求して開発されました。

アレルギーを起こす可能性の低いアヒル肉やニシン肉を主原料として使用し、動物性タンパク質の割合を85%まで高めることを実現。猫ちゃんの体に負担をかけることなく、美味しく食べてもらえるキャットフードとなっています。

FINEPET’S公式サイトを見てみる♪

FINEPET’S キャットフードはこんな猫ちゃんにおすすめ!

FINEPET’S キャットフードは非常に消化吸収率の良いキャットフードとなっているので、お腹の弱い猫ちゃん胃腸の働きが弱くなったシニア猫に与えるフードとしておすすめです。

しかし、消化吸収率が良いということは、そのぶん肥満に繋がってくるということもお忘れなく。

むやみやたらに与えるのではなく、猫ちゃんの体重や年齢に合わせてしっかりと量を管理してあげてください。

6位:オリジンキャットフード

オリジンキャットフード

全成分一覧(キャット&キティ)

新鮮鶏肉, 新鮮七面鳥肉, 新鮮イエローテイルカレイ, 新鮮全卵, 新鮮丸ごと大西洋サバ, 新鮮鶏レバー, 新鮮七面鳥レバー, 新鮮丸ごと大西洋ニシン, 新鮮鶏心臓, 新鮮七面鳥心臓, ディハイドレート鶏肉, ディハイドレート七面鳥肉, ディハイドレート丸ごとサバ, ディハイドレート鶏レバー, ディハイドレート七面鳥レバー, 丸ごとグリーンピース, 丸ごとシロインゲン豆, 赤レンズ豆, 新鮮チキンネック, 新鮮鶏腎臓, 鶏肉脂肪, ピント豆, ヒヨコ豆, グリーンレンズ豆天然鶏肉風味, レンズ豆繊維, ニシン油, 粉砕鶏骨, 鶏軟骨, 七面鳥軟骨, ドライケルプ,フリーズドライ 鶏レバー, フリーズドライ七面鳥レバー, 新鮮丸ごとカボチャ, 新鮮丸ごとバターナッツスクワッシュ, 新鮮ケール,新鮮ホウレン草, 新鮮カラシ菜, 新鮮コラードグリーン, 新鮮カブラ菜, 新鮮丸ごとニンジン, 新鮮丸ごとリンゴ, 新鮮丸ごと梨, カボチャの種, ヒマワリの種, 塩化コリン, 亜鉛タンパク化合物,銅タンパク化合物, ミックストコフェロール(天然酸化防止剤), チコリー根, ターメリック, サルサ根, アルテア根, ローズヒップ, ジュニパーベリー, 乾燥 ラクトバチルスアシドフィルス菌発酵生成物, 乾燥 プロバイオティクス発酵生成物, 乾燥 ラクトバチルスカゼイ発酵生成物

出典:オリジンキャットフード公式サイト

オリジンキャットフードは、猫本来の食事を再現したキャットフードです。動物性タンパク質の摂取源として、鶏肉と七面鳥を主原料として使用し、その配合量は驚きの90%!まるで肉をそのまま食べているかのような味わいに仕上げています。

また、野菜や果物でその他の栄養もしっかりとカバー。猫にとって必要ではないグレイン(穀物)や高GI食材、添加物は一切使用しておらず、美味しさと安全のバランスが取れたキャットフードとなっています。

オリジン公式サイトを見てみる♪

オリジンキャットフードはこんな猫ちゃんにおすすめ!

ここで紹介したキャット&キティは、鶏肉や七面鳥が主原料となっているキャットフードですが、オリジンキャットフードには魚を主原料としたフードや、鹿肉、イノシシ肉を主原料としたフードなど、様々な種類が揃えられているので、愛猫の味の好みによってキャットフードをチョイスすることができます。

しかし、気になるのは少し高めのカロリー。

与える量を飼い主さんがしっかりと管理しておかないと、肥満になる恐れもあるので気をつけてあげましょう。

7位:ピュリナワン

7位ピュリナワン

全成分一覧(1歳以上 美味を求める成猫用 チキン)

チキン、米、コーングルテンミール、家禽ミール、小麦粉、油脂類(牛脂、大豆油)、とうもろこし、フィッシュミール、大豆たんぱく、酵母、フィッシュパウダー、たんぱく加水分解物、ミネラル類(カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、クロライド、鉄、銅、マンガン、亜鉛、ヨウ素、セレン)、カラメル色素、ピロリン酸ナトリウム、ビタミン類(A、D、E、K、B1、B2、パントテン酸、ナイアシン、B6、葉酸、ビオチン、B12、コリン)、アミノ酸類(リジン、タウリン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール)

出典:ピュリナワン公式サイト内

ピュリナワンは、抜群の食いつきと栄養バランスを実現したキャットフードです。

新鮮なチキンやターキ、サーモンなどをたっぷりと原材料として使用し、猫の体を作り上げる動物性タンパク質を補います。動物性タンパク質の割合が多いので、消化吸収率も良く猫ちゃんのお腹にも負担をかけません。

良質なキャットフードの中でも比較的お求めやすいお値段で、多くの飼い主さんから選ばれているキャットフードとなっています。

ピュリナワンはこんな猫ちゃんにおすすめ!

ピュリナワンの特長は何と言っても豊富な商品ラインナップにあります。年齢や体重、健康状態を考慮した13種類ものフードが用意されているので、飼い主さんの選択の幅も広がります。

ただし、猫ちゃんに本来必要ではない、小麦粉が原材料として使用されているのが少し気がかり。

キャットフードというのは毎日与えるものなので、心配な方はアレルギーが出ていないか?お腹の調子はどうか?をチェックしてあげる必要がありそうです。

8位:ヴィジョンズ

8位ヴィジョンズ

全成分一覧

フィッシュミール(国内近海鯵)、小麦粉(北海道産)、コーンフラワー、コーングルテンミール、植物油、ビール酵母、トマトリコピン、オメガ3、オメガ6、紅麹、タウリン、緑茶(カテキン)、DHA、EPA、コンドロイチン、フラクトオリゴ糖、乾燥全卵粉、ビタミンA、D、E、K、B群、ナイアシン、パントテン酸、コリン、葉酸、ビオチン

出典:ヴィジョンズ公式サイト内

ヴィジョンズは、食べること=生きることをコンセプトに開発されたキャットフードです。

健康な体・美しい毛並みのサポートをする、オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸をバランスよく含む青魚アジを主原料とし、体のバランスを整えるための素材もプラス。

全ての原材料が国産なうえに人工添加物の配合も行なっていないので、安心して猫ちゃんに与えることができます

ヴィジョンズはこんな猫ちゃんにおすすめ!

主原料として青魚であるアジを使用しているヴィジョンズは、肉系のドライフードに飽きてきた猫ちゃんにおすすめです。また、腸内環境を整えるオリゴ糖も含まれているので、お腹の調子が安定しない猫ちゃんに与えるフードとしても、ぜひ試してみたい一品。

ただし、原材料に小麦粉やコーングルテンミールなどの言葉が並んでいるのが、少し気になるところです。

穀物アレルギーのある猫ちゃんには少し負担になるかもしれないので、与える場合は飼い主さんがしっかりと、猫ちゃんの様子を観察してあげる必要がありそうです。

9位:アカナ

9位アカナキャットフード

全成分一覧(ワイルドプレイリーキャット)

新鮮鶏肉(9%)、新鮮七面鳥肉(9%)、新鮮鶏内臓(レバー、ハツ、腎臓) (9%)、鶏肉ミール(8%)、七面鳥肉ミール(8%)、丸ごとニシンミール(8%)、丸ごとグリンピース、丸ごと赤レンズ豆、丸ごとヒヨコ豆、鶏脂肪(5%)、新鮮全卵(4%)、新鮮天然ウォールアイ(4%)、新鮮天然トラウト(4%)、新鮮七面鳥内臓(レバー、ハツ、腎臓) (4%)、丸ごと緑レンズ豆、丸ごとピント豆、丸ごとイエローピース、タラ油(2%)、日干しアルファルファ、乾燥鶏軟骨(1%)、乾燥ブラウンケルプ、新鮮カボチャ、新鮮バターナッツスクワッシュ、新鮮パースニップ、新鮮グリーンケ―ル、新鮮ホウレン草、新鮮カラシ菜、新鮮カブラ菜、新鮮ニンジン、新鮮レッドデリシャスリンゴ、新鮮バートレット梨、フリーズドライレバー(鶏と七面鳥)(0.1%)、新鮮クランベリー、新鮮ブルーベリー、チコリー根、ターメリックルート、オオアザミ、ごぼう、ラベンダー、マシュマロルート、ローズヒップ

出典:アカナ公式サイト内

アカナは、世界中の愛猫家から支持を受けているカナダ生まれのキャットフードです。

放し飼いで育った鶏や七面鳥を主原料として使用し、そのほかにも猫の特性に基づいて厳選された原材料を配合。栄養価に優れたフードで、猫のイキイキとした日々のサポートをします。

アカナはこんな猫ちゃんにおすすめ!

栄養バランスが良いアカナは、活動量の多い子猫から成猫に与えるフードとしては最適と言えるでしょう。

しかし、他のキャットフードと比べると少しだけ脂肪分が多めとなっているので、肥満気味の猫ちゃんに与えるときは、量を与えすぎないように注意しておいてくださいね。

10位:ロイヤルカナン

ロイヤルカナン

全成分一覧(フィット)

肉類(鶏、七面鳥)、米、小麦、動物性脂肪、とうもろこし、植物性繊維、小麦粉、加水分解タンパク(鶏、七面鳥)、植物性分離タンパク*、コーングルテン、酵母および酵母エキス、ビートパルプ、大豆油、魚油、サイリウム、加水分解酵母(マンナンオリゴ糖源)、マリーゴールド抽出物(ルテイン源)、アミノ酸類(タウリン)、塩化アンモニウム、ミネラル類(K、Ca、Cl、P、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(A、コリン、D3、E、C、ナイアシン、B2、パントテン酸カルシウム、B1、B6、葉酸、ビオチン、B12)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)

出典:ロイヤルカナン公式サイト内

ロイヤルカナンは、違いをケアする猫種専用フードとして開発されたキャットフードです。

猫といっても、品種や大きさ、毛の長さや年齢は違いますよね。ロイヤルカナンは、それぞれの猫ちゃんに最適なキャットフードを選んでもらいたい…という想いから、40種類以上ものキャットフードを用意しています。

フードの種類がこと細く分けられているので、まるで愛猫オリジナルのキャットフードみたい!と飼い主さんの間でも話題となっています。

ロイヤルカナン公式サイトを見てみる♪

ロイヤルカナンはこんな猫ちゃんにおすすめ!

ロイヤルカナンは細かくフードの種類が分けられているので、飼い主さんが「どのフードが愛猫にとってベストなのか?」というのを判断してあげなければなりません。

公式サイトに詳しくフードの特性などが記載されていますが、よくわからないという方は獣医師などのアドバイスを受けるのもひとつの手です

全体的に良質な原材料が使われているのですが、酸化防止剤としてBHAが配合されているのが気がかり。

無添加のキャットフードを選んであげたいと思っている飼い主さんにとっては、この点が大きなマイナスポイントとなってしまうでしょう。

11位:ニュートロナチュラルチョイス

11位ニュートロナチュラルチョイス

全成分一覧(室内猫用アダルトターキー)

ターキー生肉、乾燥チキン、粗挽き米、エンドウタンパク、玄米、鶏脂*、オートミール、ポテトタンパク、ビートパルプ、アルファルファミール、大豆油*、タンパク加水分解物、亜麻仁、ユッカ抽出物、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、ミネラル類(カリウム、クロライド、セレン、ナトリウム、マンガン、ヨウ素、亜鉛、鉄、銅)、アミノ酸類(タウリン、メチオニン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物)、緑茶抽出物、スペアミント抽出物

出典:ニュートロナチュラルチョイス公式サイト内

ニュートロナチュラルチョイスは、最適な栄養バランスで食材本来の美味しさを実現したキャットフードです。

ニュートロの独自技術、ミートファースト・フィッシュファーストで、肉や魚の美味しさをそのまま封じ込め、猫ちゃんの食欲を増進。その他の厳選食材と併せて、猫ちゃんに必要不可欠な栄養素を補います

ニュートロナチュラルチョイスはこんな猫ちゃんにおすすめ!

ニュートロナチュラルチョイスは、ミートシリーズとフィッシュシリーズの2つの味が用意されているので、猫ちゃんの味の好みに合わせてフードを選ぶことができます。どちらも素材本来の美味しさを味わえるフードとなっているので、好き嫌いが激しい猫ちゃんでも、きっと満足して食べてくれることでしょう。

また、室内猫用、避妊・去勢猫用など猫ちゃんのライフスタイルに合わせたフードも用意されているので、愛猫の状態にピッタリのフードを選ぶことができます。

12位:ナチュラル&デリシャス

12位ナチュラル&デリシャス

全成分一覧(チキン&ザクロ(成猫用))

新鮮な骨抜き鶏肉(30%)、乾燥鶏肉(28%)、ジャガイモ、鶏油、乾燥全卵、生ニシン、乾燥ニシン、 魚油、加水分解動物性タンパク質、食物繊維(えんどう豆由来)、乾燥ニンジン、乾燥アルファルファ、イヌリン、フラクトオリゴ糖、マンナンオリゴ糖、ザクロ粉末(0.5%)、乾燥リンゴ、ほうれん草粉末、オオバコ(0.3%)、ブラックカラント粉末、乾燥スイートオレンジ、ブルーベリー粉末、塩化ナトリウム、酵母、ターメリック(0.2%)、グルコサミン、コンドロイチン硫酸、ルテイン(マリーゴールド由来)

出典:ナチュラル&デリシャス公式サイト内

ナチュラル&デリシャスは、猫の栄養学に基づいて作られたキャットフードです。ナチュラル&デリシャスは、70%が動物性タンパク質を含んだ新鮮な肉や魚・30%が体の機能をサポートする栄養素を含んだフルーツや野菜で構成されています。

猫が本来必要としないグレイン(穀物)の配合は行っておらず、猫の体に負担をかけない原材料で、毎日の健やかをサポートするキャットフードとなっています。

ナチュラル&デリシャスはこんな猫ちゃんにおすすめ!

ナチュラル&デリシャスは、仔猫用と成猫用でフードの種類が分かれています。どちらのフードも高タンパクで、グレインや化学添加物は含まれていないので、安心安全なキャットフードであることは間違いありません

ただし、運動量の少ない猫ちゃんにとっては、高タンパクというメリットが肥満に繋がる恐れも。

与える量は、しっかりと飼い主さんが管理してあげてください。

13位:IAMS成猫用インドアキャット

13位アイムスキャットフード

全成分一覧(成猫用 インドアキャット チキン)

肉類(チキンミール、チキンエキス、家禽ミール)、とうもろこし、植物性タンパク、大麦、油脂類(鶏脂)、家禽類、食物繊維(ビートパルプ、オリゴ糖)、ユッカ、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、コリン、ナイアシン、葉酸)、ミネラル類(亜鉛、カリウム、クロライド、鉄、銅、ナトリウム、ヨウ素、リン)、アミノ酸類(タウリン、メチオニン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、クエン酸、BHA、BHT)

出典:IAMS公式サイト内

IAMS成猫用インドアキャットは、運動量が少なくなりがちな室内猫用に向けて作られたキャットフードです。

様々な原材料を配合し、室内猫ちゃんのお腹スッキリや毛玉などの日常的な健康ケアから、免疫力や下部尿路などの病気の予防までをサポートします。スーパーなどで見かけるキャットフードの中でも、質が良く手頃な値段で購入できることから多くの飼い主さんから選ばれているようです。

IAMS成猫用インドアキャットはこんな猫ちゃんにおすすめ!

IAMS成猫用インドアキャットには、チキンとまぐろの2つの味が用意されているので、愛猫の好みに合わせてフードを選ぶことができます。飽きっぽい猫ちゃんには、チキンとまぐろをローテンションで与えるのもいい方法ですね。

ただし、原材料にミートミールや家禽ミールが入っていることが少し気がかり。

価格面では他のキャットフードよりもお手頃なのですが、原材料の質を考えるとランキングは下位になってしまいました。

14位:AzmiraJapan クラシックキャットフォーミュラ

14位AzmiraJapan クラシックキャットフォーミュラ

全成分一覧

チキンミール、全粒ひきわり玄米、全粒ひきわり大豆、全粒ひきわり小麦、全粒ひきわりコーン、鶏脂肪(ミックストコフェロールにて保存)、脱果汁トマト(リコピンの供給源)、ひきわりフラックスシード、ナチュラルフレーバー(チキン由来)、メンハーデンフィッシュミール、塩化コリン、塩、乾燥乳タンパク質、乾燥チコリー(根)、ミネラル(炭酸カルシウム、酸化亜鉛、タンパク質化合亜鉛、硫酸鉄、酸化マンガン、硫酸銅、タンパク質化合マンガン、ヨウ素酸カルシウム、タンパク質化合銅、亜セレン酸ナトリウム、炭酸コバルト)、DL-メチオニン、ビタミン(ビタミンE、ナイアシン(ビタミンB3)、Lアスコルビル-2-ポリリン酸塩(ビタミンC)、ビタミンA、D-パントテン酸カルシウム、硝酸チアミン(ビタミンB1)、リボフラビン、塩酸ピリドキシン(ビタミンB6)、ビタミンD3、葉酸、イノシトール、ビオチン、メナジオン重亜硫酸ナトリウム複合体(ビタミンK活性源)、ビタミンB12)、タウリン、塩化カリウム、パセリフレーク、乾燥ケルプ、ユッカシディゲラ抽出物、ミックストコフェロール(保存料)、ベジタブルオイル、クエン酸、レシチン、ローズマリー抽出物

出典:AzmiraJapan公式サイト内

AzmiraJapan クラシックキャットフォーミュラは、人用高品質材料で作られている副産物や小麦グルテンなどを含まないキャットフードです。

味覚を満足させるための肉や魚、健やかな日々をサポートする脂肪酸や食物繊維、ハーブなどを使用し、毎日の食事で猫をサポートするキャットフードとなっています。

AzmiraJapan クラシックキャットフォーミュラはこんな猫ちゃんにおすすめ!

AzmiraJapan クラシックキャットフォーミュラは、オールステージ対応のキャットフードなので仔猫からシニア猫まで年齢を問わずに与えることができます。

しかし気になるのが、小麦や玄米、コーンなどのグレイン(穀物)です。

穀物のタンパク質から生成されるグルテンの配合はないのですが、穀物自体が使われているのでアレルギー体質の猫ちゃんや、お腹の弱い猫ちゃんに与えるフードとしては最適ではないかもしれません。

15位:アニモンダ ラフィーネクロスドライフード

15位アニモンダ ラフィーネクロスドライフード

全成分一覧(アダルト)

 シリアル(小麦麦芽)、肉類(鴨肉・七面鳥・鶏肉)、野菜蛋白抽出物、ミネラル、鳥脂肪、乳製品(ヨーグルト)、イースト、ハーブ、ビタミンA、ビタミンD3、ビタミンE

出典:アニモンダ公式サイト内

アニモンダ ラフィーネクロスドライフードは、猫ちゃんに味の違いや食感を楽しんでもらうために開発されたキャットフードです。

鴨肉・七面鳥・鶏肉の3種類の肉を使用し、猫にとって必要不可欠である動物性タンパク質を補いながら、ヨーグルト入りのクリスピーでおもしろい食感も追求。美味しさと食感の2つで猫ちゃんの食事を彩ります

アニモンダ ラフィーネクロスドライフードはこんな猫ちゃんにおすすめ!

アニモンダ ラフィーネクロスドライフードは、仔猫用・成猫用・シニア猫用の3種類のフードが用意されているので、愛猫のライフステージに合わせてフードを変えることができます。成猫用には、サーモンやエビなどの魚介類メインの味も用意されており、味の違いに敏感な猫ちゃんでも安心。

ただし、食感に変化をつけるために使用されているクリスピーに小麦が使われているのが、マイナスポイント。

小麦類は本来猫にとって必要ではない食材のため、胃腸の弱い猫ちゃんに与えるのは少し心配…ということで、ランキングでは最下位になってしまいました。

キャットフードに関してよくある質問

上記で紹介した15種類のフードは味や価格・品質に違いはありますが、基本的に猫ちゃんに与えても問題のない安心・安全なキャットフードであることは間違いありません。

しかし、中には「ランキングで紹介された以外のキャットフードを与えたい」とお思いの方もいらっしゃることでしょう。そんな方のために、ここではキャットフードに関する疑問を質問形式で紹介していきたいと思います。

市販のキャットフードを購入したいと思っている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

ドライフードとウェットフードどっちが良いの?

ドライフード・ウェットフード、どちらが良いかを断言することはできません。ここでは、ドライフード・ウェットフードのメリット・デメリットをわかりやすくまとめて説明するので、愛猫の状態や好みに合わせて判断してあげてください。

ドライフードのメリット・デメリット

キャットフードとしてポピュラーなのが、カリカリタイプのドライフードです。ランキングで紹介したキャットフードも全てがドライフードになります。

ドライフードがなぜキャットフードのポピュラーとして広まっているのか?というと、それはバランスの良い栄養価にあります。総合栄養食・プレミアムフードの記載のあるドライフードに関しては、基本的に猫ちゃんの食事はそれだけでOKというもの。

おやつや手作りフードを与えなくても、ドライフードとたっぷりの水があれば毎日の食事が賄えるというのは、猫ちゃんにとっても飼い主さんにとっても大きなメリットでしょう。

しかし、その手軽さゆえに味に変化をつけにくいというデメリットも。飽きっぽい猫ちゃんの中には、昨日まで食べていたドライフードをいきなり食べなくなる…なんてこともあるようなので、違う種類のドライフードを常に用意しておくなどの工夫が必要になってきます。

ウェットフードのメリット・デメリット

ウェットフードは、トロトロの食感や素材の旨みが味わえる贅沢なフードです。猫ちゃんの食欲を増進させるという点が大きなメリット。また、ドライフードよりも柔らかく飲み込みやすいので、噛む力の弱くなってきたシニア猫にも優しいフードでしょう。

ただし、市販されているウェットフードの中には、嗜好品としての位置付けのものもあるので注意が必要。食事として猫ちゃんにウェットフードを与えたい場合は、栄養バランスをしっかりとチェックしてあげましょう。

水分が多く、風味も豊かなウェットフードですが、食感が柔らかいゆえに歯石が付きやすいというデメリットが。

歯石をそのままにしておくと、猫ちゃんも人間と同じように歯周病などを引き起こします。歯周病が進行して歯槽膿漏になると、最悪の場合猫ちゃんの歯が抜けてしまうなんてことも…。

歯の治療は、ペット保険などでもカバーできないことが多く、多額の治療費がかかってしまう場合もあるので、ウェットフードを与えたいと考えていらっしゃる方は、猫ちゃんのお口ケアにも気を使ってあげる必要があります。

キャットフードの上に人間が食べ残したご飯や味噌汁をかけても大丈夫?

食べ残したものを捨てるのはもったいないから…と言って、人間が食べる食事を猫に与える方がいますが、それは絶対にやめてください。人間の食事は、猫の体に負担をかけるほどの塩分が含まれています

猫に塩分の多い食事を与え続けていると、肥満や高血圧などを引き起こし思わぬ病気の引き金になることも。

確かにドライフードだけじゃ味気無さそうに見えるのですが、猫にとっては、ドライフードが一番安心・安全な食事なんです。

万が一、ドライフードが食べにくそう・粒が固そう…と感じる場合は、味噌汁などでふやかすのではなく、少量のぬるま湯でふやかしてあげるのがおすすめです。

肥満気味の猫に与えるフードはどのようなものがいいですか?

室内で過ごす猫ちゃん、避妊・去勢手術を受けた猫ちゃんにとって切り離せない健康トラブルが肥満です。

丸くてモフモフな猫ちゃんも可愛いから…と、肥満を放置しておくのは絶対にNG。人間と同じように猫ちゃんにとっても肥満は体に様々な健康トラブルを引き起こす恐れがあるので、飼い主さんがしっかりと体重管理をしてあげることが大切です。

猫ちゃんの体重を減らそうと、猫ちゃんに与えているフードの量を極端に減らす方がいるのですが、そうすると必要な栄養素が不足するだけでなく、猫ちゃんにとっても空腹や満足感が得られず大きなストレスとなってしまうので、おすすめできません。

キャットフードの中には、肥満気味の猫ちゃん用にカロリーを抑えたものがあるので、それらのキャットフードを活用しましょう。

今まで与えていたフードと同じくらいの分量で摂取カロリーを抑えてあげることができるので、猫ちゃんに不用意なストレスを与える心配もなく、飼い主さんにとっても安心です。

ただし、カロリーが低いからといって、フードを与えすぎてしまうと意味がないので、与える量についてはしっかりと管理してあげてくださいね。

愛猫の健やかな日々のために

猫は私たち人間のように、自分で自分の食事を用意することができません。飼い主さんが与えてくれるキャットフードが猫にとっての食事です。そして、猫は私たち人間に言葉で何かを訴えることもできません。

仮にあなたの愛猫が、キャットフードを美味しくないと思っていたとしても、彼らは言葉でその気持ちを表現することができないんです。つまり私たち、飼い主が美味しくて安全なキャットフードを選んであげなければならないということ。

あなたの愛猫は毎日美味しそうにキャットフードを食べていますか?

あなたが与えているキャットフードは本当に愛猫にとってベストなものですか?

愛猫の健やかな日々のために、ぜひキャットフードについてじっくりと考えてみてはいかがでしょうか。