猫といえば、惹きつけられるのは、ブルー、グリーン、グレーなど色とりどりに輝くその目。

多彩な色の目がありますが、成長過程で変わる猫もいれば、左右違う色の目を持つ猫も。

猫の目の色って、たくさんあるイメージがありますが、実は何種類くらいあるのでしょうか。

猫種で変わるのか?それとも心配な要素があるのか?猫の目の色について、ちょっと紹介してみましょう。

猫の目の色は大きく分けていくつある?

猫の目の色は細かく分類すると10色あるのですが、基本的には4色。

この4色に分かれる理由は、眼球の前面にある円盤状の膜の虹彩と関係あります。

猫の目は生まれたてはみんな同じ色

猫を飼っている方はご存知かと思いますが、生まれたての子猫は、猫種に関係なく、みんな青色なんです。大きくなるにつれて、少しずつ自分の本当の目の色に変化していき、およそ3ヶ月くらいには決まってきます。

これは、生まれたての子猫の体には、瞳の色の元となるメラニン色素があまり生成されていないからです。生後1ヶ月くらいからメラニン色素が増えてくるので、最初はみんな同じ色なんですね。

次第に虹彩のメラニン色素の量が変化していき、多い猫は深くて濃い色に、少ない猫は透き通った薄い色になります。

猫の目の基本色は4色

猫の目の色は虹彩によって異なり、同じ猫種でも多少の違いが出てくるのですが、基本的には青色、緑色、黄色、褐色の4色に分けることができます。

最もメラニン色素が少ないのが青色の目。その後、緑色、黄色、褐色の順にメラニン色素が多くなります。

例外としては、オッドアイという左右異なる色、アルビノ猫のレッドアイなどがあり、それについてはまた後ほど詳しく触れますね。

猫の目基本4色のうち寒色系の特徴は?

青色、緑色、黄色、褐色とどの色の瞳も異なる魅力がありますが、青色、緑色の寒色系の瞳の猫にはどんな特徴があるでしょうか?

青色系の目の猫の特徴

生まれたての子猫の目はみんな青色。ちょっとグレーがかったキトンブルーと言います。

成長するにあたって、そのまま青系の目であれば、その猫はメラニン色素の量がほとんどなく、この先ずっと青い瞳の猫となります。

この青色とは少しだけ語弊があります。それは、私たちの客観的に目から見ると青色なのですが、メラニン色素がないため、実は色はほとんど透明の状態だからです。

青色系の目の種類

  • サファイヤブルー
  • ブルー
  • アクア

緑色系の目の猫の特徴

青色に少し黄味がかった緑色の瞳も、猫の目の色の中ではメラニン色素の量が少なめの色です。

少ないメラニン色素が眼球で散乱されるレイリー散乱という光の作用によってグリーンに見えます。

ヨーロッパの寒くてあまり陽が当たらない地域に緑色系の目の猫が多く、日本原産の猫種には緑色系の目はほとんど存在しません。

緑色系の目の種類

  • グリーン
  • ヘーゼル

猫の目基本4色のうち暖色系の特徴は?

青色、緑色とガラリと雰囲気が異なる黄色、褐色の瞳の色。暖色系の瞳の猫にはどんな特徴があるでしょうか?

黄色系の目の猫の特徴

緑にさらに黄味がかる黄色の瞳はメラニン色素の量が多めな色です。

温暖地域で日光量が多い地域は見えやすい条件のため、光をあまり集めなくても良いことから、黄色系の目の猫が多く、日本原産の猫種に多く見られます。

黄色系の目の種類

  • イエロー
  • ゴールド

褐色系の目の猫の特徴

黄色の目よりさらに濃い色になり、最もメラニン色素の量が多い色です。

黄色系の目の猫と同様、温暖地域に多い猫種です。

褐色系の目の種類

  • オレンジ
  • カッパー

左右異なる色のオッドアイはどうしてなるの?

虚ろな猫ちゃん

左右の目の色が異なるオッドアイという種類の猫もいます。猫の目の色はメラニン色素の量によるというのに、なぜ同じ猫の目の色が違ってしまうのでしょうか?

その原因やオッドアイになりやすい猫種のことなどを紹介しましょう。

オッドアイについて

オッド=odd。風変わり、奇数なという意味の言葉です。確かに左右の目の色が違うのは変わっていますよね。

この左右の目の色なのですが、実は片方は必ず青色系と決まっています。そしてもう片方が、青色系以外のグリーン、ヘーゼル、イエロー、ゴールド、オレンジ、カッパーになります。

オッドアイになる原因

オッドアイは猫の目の色を決める虹彩が異常を起こしている状態で虹彩異色症とも言われ、その原因には先天的なものと後天的なものがあります。

1.先天性の虹彩異色症

先天性の虹彩異色症であった場合、白色遺伝子が原因となります。

白色遺伝子とはメラニン色素を抑制する働きがあり、白い猫はこの遺伝子が強く、その影響でオッドアイになる可能性が高くなります。

よって、白猫や体の一部分が白い毛を持つ猫種に多く見られます。

2.後天性の虹彩異色症

後天性の虹彩異色症は、病気、事故、手術などが原因となります。

オッドアイになる確率の高い猫種

先天的な原因が多いオッドアイなので、ある程度なりやすい猫種が決まっています。

オッドアイになりやすい猫種

  • ジャパニーズボブテイル(日本原産)
  • ターキッシュアンゴラ(トルコ原産)
  • ターキッシュバン(トルコ原産)

これらの猫種は白い毛ではない猫が生まれることもありますが、白猫であった場合、25%程度がオッドアイになると言われています。

オッドアイの猫を飼うときの注意点

オッドアイの猫は、その異なる目の色に惹かれて、飼いたい!と希望する人も多い様なのですが、飼うにあたってはいくつか注意しなくてはならないことがあります。

まず、忘れてはいけないのはオッドアイになった原因が「遺伝子の異常から起きている」ということです。この遺伝子の異常は目の色となってわかりやすく見えますが、実は片方の耳が聞こえないという聴覚障害を引き起こしている可能性も高くあります。

オッドアイの猫が短命だと言われているのは、この聴覚障害によって敵から身を守るのが他の猫に比べて困難だからなんですね。

室内でオッドアイを飼うとなれば、外敵からの攻撃を心配することはありませんが、聴覚障害を始め、他の猫とはハンデがあり健康体でないことから、より慎重にお世話をすることが望ましいです。

飼うときの注意点

  • 直射日光に弱い
  • 聴覚障害がある場合はいきなり触らない
  • 神経質にならない環境作りを心がける
  • 激しい運動は避ける

レッドアイはどうしてなるの?

猫の目の色は、基本4色。細かく分類すると10色に分かれますが、そこに当てはまらないレッドアイの猫がいます。

なぜ、レッドアイの猫がいるのか、その原因を探ってみましょう。

レッドアイの原因

レッドアイになる原因はアルビノという遺伝的疾患で、先天性白皮症もしくは先天性色素欠乏症や白子症と呼ばれます。

色の素となるメラニン色素を生成するための遺伝情報が欠損していることから、色を持てなくなります。

一見白い猫と同じ様に見えますが、これは白色をしているのではなく、色素がない状態だからです。

レッドアイの猫の特徴

レッドアイの猫はアルビノの場合、毛は白色、肌も透き通る様なピンクがかった白色です。

レッドアイと呼ばれるのは、色素を全く持たないため、血管が透き通って見えてしまうからです。

全てにおいて透明感があるので神秘的な雰囲気があるのが大きな特徴です。毛、肌、目のいずれかに色があった場合はアルビノではありません。

大人の猫の目が変わることはある?

生まれたての猫が色素を持たずにブルーであり、成長する段階でそれぞれの瞳の色が決まる事が分かったとは思いますが、大人の猫になってから目の色が変わることはあるのでしょうか?

実は、大人の猫の目の色が変わる原因は病気の可能性があります。

放置してしまうと重篤な症状を引き起こすこともあるので注意が必要です。

黒色になる

黒くなった場合には、角膜黒色壊死症や悪性黒色腫(メラノーマ)の可能性があります。

  1. 角膜黒色壊死症…目の表面にかさぶたができて黒く見える。
  2. 悪性黒色腫(メラノーマ)…目の片側にほくろやシミの様なものができる。

白色になる

白くなった場合には、角膜炎、角膜潰瘍、白内障、角膜混濁症の可能性があります。

  1. 角膜炎
  2. 角膜潰瘍…黒目が白っぽく濁る。血管が見える
  3. 白内障…瞳の中心が白っぽく見える
  4. 角膜混濁症角…全体的に白く濁る

黄色になる

白目の部分が黄色っぽくなった場合は、肝炎、肝硬変などの肝臓の病気、もしくは細菌などによる感染病、腫瘍の可能性があります。

緑色になる

白目の部分が充血し、眼球が緑色っぽくなった場合は、緑内障の可能性があります。

赤色になる

眼球が赤くなった場合は、前房出血の可能性、白目の部分が赤くなった場合は、結膜炎、ぶどう膜炎の可能性があります。

最後に ~吸い込まれる様な猫の目の色の魅力~

様々な色がある猫の目ですが、この目の色に惹かれて猫が大好きという人もいますよね。

見ていると吸い込まれてしまいそうな、そんな不思議な輝きを持つ瞳です。

実は体の中のメラニン色素の量によって変わっているだけなのですが、それぞれの猫の個性が最も出るところでもありますね。

夜行性の猫にとって、この目はとても重要な役割があります。最後に魅力的な猫の目について、気をつけてほしいことを紹介しますね。

猫の目の瞳孔

猫は活動的になっているときは瞳孔が大きく開いた状態になります。

この瞳孔の動きは自律神経によってコントロールされていますが、リラックスしている様な時でも大きくなったままの場合は、自律神経の乱れや光を集める機能の異常の恐れがあるため、できるだけ早い受診をしましょう。

涙や目やに

大きな目をしている猫は意外と目のトラブルが多くあります。

涙の量が増えたり、目やにが出ているときは、傷ができていたり、感染症を起こしていることもあります。何れにしても早めに受診する様にしましょう。

まとめ

猫の目の色のこと、それぞれの特徴など知っていただけたでしょうか?

これからの猫たちとの出会いに少しでもお役に立てればと思います!