生活習慣病の一つである糖尿病にかかる人が近年増えてきていますが、この糖尿病、実は猫もなる可能性があるってご存知でしょうか?

糖尿病の様に生活習慣や体質的な病気は猫には無関係の様な気がしてしまいますが、猫も様々な原因によって血糖値が上がってしまうことがあります。

最近では愛猫に健康診断を受けさせる人も増えていきていますが、もしも、糖尿病かもしれないと思ったら速やかに治療をすることをお勧めします。

また糖尿病でない健康な状態であっても、日々猫の健康のことについて気にかける様に心がけましょう。

では、どんな時に愛猫の糖尿を疑うべきなのか?糖尿病の基礎知識とともに学んでいきましょう。

猫の糖尿病ってどんな病気なの?

猫や犬でも糖尿病になるのですが、猫の糖尿病はただ単純に血糖値が高い事だけでは判断が出来ないものです。

よって、愛猫が糖尿病かを診断してもらうためには、猫を専門的に学んだ獣医師に診てもらわなければなりません。

猫の糖尿病は判断が難しい

糖尿病と言えば、「血糖値が高い」というイメージがありますが、猫の場合は、習性的に興奮しただけでも血糖値が上がってしまうので、血糖値のみでの判断はできません。

インスリンの働きが鈍くなっているかの判断が出来ていない内にインスリンを打ってしまうと、低血糖になって意識がなくなるなど危険な状態に陥ってしまう可能性もあります。

よって、猫の場合は血糖値が高い時に猫が興奮状態なのかどうかを見極めなくてはならないのです。興奮状態が治れば、血糖値は何もしなくても正常値に戻ります。

糖尿病の場合、血糖値以外にもいくつか症状が出る場合もありますが、猫の場合は進行がとてもゆっくりなので症状がなかなか分かりにくいのも判断を難しくさせます。

猫の糖尿病はインスリンが不要のケースもある

さて、猫の糖尿病治療ですが、インスリンが不要のケースもあります。

1.一過性糖尿病

一過性糖尿病とは潜在性糖尿病とも言われますが、これは猫にストレスがあった時に一時的に起こります。

このタイプの糖尿病であった場合はインスリンが必要かどうかの見極めが難しく、軽症の場合は経口血糖降下剤を利用する場合があります。

2.肥満猫

猫の糖尿病の場合インスリンが不要な猫は全体の30~50%と言われています。

その中でも特に多く見られるのが肥満猫です。肥満猫の場合には、食事療法で血糖値をコントロールします。

猫の糖尿病の原因はどんな事か?

金網を歩く猫

判断がつきにくい猫の糖尿病ですが、当然飼い主であれば糖尿病になって欲しくないと思うのは当然の事。

なって欲しくないという事は、しっかり予防をしなければなりませんが、予防を考える為には、糖尿病の原因を知っておく事が大切です。

食生活の乱れ

早食いをしたり、過剰に食べ過ぎてしまう習慣になっている猫は糖尿病になりやすいです。

早食いや大量食いをするとインスリン分泌が大量にされます。しかし、細胞は対応しきれず、結果インスリンが十分に働けないため、血液中の糖濃度が高くなるのです。

加齢によるもの

人間と同じ様に加齢が原因の場合もあります。

糖尿病になる猫は10歳以上の猫が多く見られますが、猫も加齢によって基礎代謝が悪くなるため、摂取した食事をきちんと代謝できなくなるからです。

基礎疾患

6歳辺りから特にオスの突然発症率が高まる傾向にありますが、もともと腎疾患、肝疾患、甲状腺機能亢進症、心不全、腫瘍などの疾患があった場合によりリスクが高くなります。

投薬が原因で糖尿病になる事も

副腎皮質ステロイド、抗痙攣薬、利尿剤、心臓疾患の薬、黄体ホルモンなどを投薬している場合、インスリンの働きを阻害するため、糖尿病になるリスクが高くなります。

猫の糖尿病に有効な食事療法とは?

糖尿病になってしまった場合、もしくは糖尿病の恐れがある場合は食事療法が有効です。

猫が糖尿病になった場合の食事については様々な研究がされていますが、肝心なことは正しい食事方法を考えるという点が重要でしょう。

肥満猫はダイエットをする

肥満猫は糖尿病になりやすいので、何がともあれ食事量を減らすかカロリーを抑える内容にするなど、体重を減らして一定のカロリーの食事を与えることを習慣つけましょう。

食事には消化しにくい線維を含んだ食事を多めにして、食前食後の血糖値の変動を少なくする様に心がけてください。

痩せている猫は線維を控えめにする

糖尿病だからといって肥満猫ばかりではありません。痩せている猫でも糖尿病になることがあります。

痩せている猫の場合は、肥満猫と違って食事のカロリーは必要になりますので、食欲の減退になりやすい線維を多く含んだ食事は避ける必要があります。

糖尿病の猫用の食事がある

猫の糖尿病の場合、それぞれの猫に合わせて食事療法をすることが有効的ですが、実際にどんな食事にすればいいのか難しいことでもあります。

最近では動物病院にて、糖コントロールができる糖尿病のためのキャットフードが販売される様になっているので、利用すると良いでしょう。

猫の糖尿病に有効なインスリン治療とは?

糖尿病は、体内のインスリンが不足していることから血糖値が上がってしまう症状なので、インスリン治療が必要だと診断された場合にはインスリン注射を行い治療をしなければなりません。

インスリンタイプ別の注射の方法

1.1日1回

インスリン投与+1日の食事の半分→8~10時間後に食事の残り半分

2.1日2回

インスリン投与+1日の食事の半分→インスリン投与+1日の食事の半分

3.1日3回

インスリン投与+1日の食事の半分→インスリン投与+1日の食事の半分→インスリン投与+1日の食事の半分

複数回のインスリン投与で気を付けるべき事

インスリン投与が複数回であった場合に、気を付けるべき事は食事量が多くなり過ぎないことです。食事を置きっぱなしにして与える方法はお勧めではありません。

糖尿病性ケトアシドーシスの場合

命の危険がある状態のため、即入院治療となりインスリン投与が行われます。

インスリン投与の難しいところは、多過ぎてもダメ、少な過ぎてもダメなところなので、獣医師の元、正しい量の投与が絶対となります。

猫の糖尿病に運動療法は有効か?

糖尿病治療と言えば、人間の場合は運動療法も取り入れられますが、猫の場合はどうなのでしょうか?

肥満猫の場合

重度の肥満であった場合、できるだけ肥満解消のための運動が必要と考えられます。これは、敢えて摂取するインスリンの効果を脂肪が妨げる可能性が高いからです。

肥満猫は一般的な体型の猫と比べて運動不足になりがちなので、運動して脂肪を燃焼させる事や、血糖を消費して血糖値を抑制するなどの効果が期待できます。

猫に運動をさせる

犬とは違うので猫を運動させるというのは実はちょっと難しいことでもあります。いきなり、運動をさせようと無理強いしてしまうと、猫にはストレスになって、より血糖値が上がってしまう原因となります。

もしも遊び時間が取れるのであれば、毎日一定の運動ができる様におもちゃなどを利用して遊んであげるといいでしょう。

もしくは複数の猫と一緒に遊ばせてあげることで自然と運動量が増えます。

糖尿病性ケトアシドーシスとはどんな病気か?

すぐにでも入院治療が必要とされる糖尿病性ケトアシドーシスですが、どの様な病気なのでしょうか?糖尿病の早期発見や予防で防げることもありますので注意しましょう。

糖尿病性ケトアシドーシスのリスク

糖尿病が長期化もしくは糖尿病を放置してしまうと、血液中のケトン体が増加して感染症や心疾患を併発しやすくなり、糖尿病性ケトアシドーシスの発症率が高くなります。

膵臓の機能が低下してしまう糖尿病であった場合には、よりリスクが高まりますので、十分な注意が必要となります。

糖尿病性ケトアシドーシスの仕組み

糖尿病性ケトアシドーシスは急に発症することがあるので注意が必要です。

体内のインスリンが不足すると血液中の糖度が高くなるので、体は脂肪を燃焼してエネルギーを生成しようとします。この際に脂肪からはケトン体が生成され、血液中のケトン濃度が高くなり高ケトン血症となります。高ケトン血症になると血液が参加されて、体の様々なところで不調を感じる様になります。

糖尿病性ケトアシドーシスの症状

糖尿病性ケトアシドーシスになった場合は一週間以内にも重篤な症状を引き起こす可能性が高いため早期治療が必要です。

  • 食欲が悪くなる
  • 水を飲まなくなる
  • 嘔吐する
  • 下痢する
  • 元気がない

などの症状があった場合は注意が必要です。

猫の糖尿病予防に定期的な検診をしよう

人間とは違ってちょっとわかりにくい猫の糖尿病。しかし、放置してしまえば、命の危険もあるために軽んじてはいけないことがわかりましたね。

愛猫の健康のために検診を受ける

愛猫の糖尿病予防や早期発見のために定期的に検診を受けましょう。

もちろん検診を受けることで糖尿病以外の病気が発見されることもあるので、定期的に検診を受けることはとても大切なことです。

糖尿病であった場合には獣医師の適切な診察の元、正しい治療方法を選択することがベストです。糖尿病の状態にもよりますが、症状が気になる場合には3ヶ月に一回は検診を行う様にしましょう。

検診の内容について

検診では以下の様な項目があります。

  • 体重測定
  • 家での記録の報告検討
  • 身体検査
  • 尿検査
  • 血液検査
  • 血清生化学的検査
  • フルクトサミン測定

猫の糖尿病の場合には、尿路感染と膵炎の合併症が多いため、これについてもチェックします。

まとめ

猫の糖尿病について紹介させて頂きました!

いつまでも健康でいてほしいから、愛猫の毎日の様子をきちんと見守って、定期的な検診と健康管理にぜひ気をつけてあげてください。