人間にとってはおいしくても、動物にとっては毒になる食べ物はたくさんありますが、その中でも猫にとって危険な物のひとつにアルコールがあげられます。

お酒は人間にとっては美味しく、酔いによって良い気分になれるので、愛猫と一緒に晩酌が出来たら良いのに、と思う飼い主さんもいるかも知れませんが、猫にアルコールは厳禁でワインやビールなどのお酒は決して与えてはいけません。

最悪の場合は命を落としてしまう可能性もあります。

この記事では、何故猫にアルコールをあげてはいけないのか?万が一猫がお酒を飲んでしまった場合どう対処すれば良いのか?をお伝えしていきます。

ネコにアルコールを与えるとどうなる?

猫がアルコールを摂取すると嘔吐や下痢、震えの症状が出ることがあります。

猫はアルコール成分を分解する「酵素」を持っていないのが理由のひとつで、猫が一度アルコールを摂取すると体内からなかなか抜けません。

重症の場合は呼吸が苦しくなったり意識が朦朧として昏睡状態になることもあり、最悪の場合は意識を失ったまま体温が下がり、命を落としてしまうこともあります。

また、命が助かった場合も体にダメージが残り、病気になりやすくなったり寿命を縮めたりする原因となります。

猫にとってアルコール致死量はどのくらい?

猫は人間よりもずっと小さく体重も軽いです。その為、猫にとってアルコールは人間と比べ物にならないくらい影響が大きくなります。

人間でも急性アルコール中毒で死んでしまうことがあるぐらいですが、ネコの場合アルコール致死量はどの程度なのでしょうか。

猫のアルコール致死量は1kgあたり5.6mlというデータがあります。つまり、3kgの猫ならば致死量は16.8mlということになります。

例えば、アルコール度数40パーセントのウイスキーであれば50mlの中に20mlアルコールが含まれますから、3~4kg台の猫にとっては致死量となってしまいます。

度数が低いお酒で致死量に至らなくても、猫にとってアルコールは苦しいものでストレスとなります。

飼い主の「猫が酔っぱらった様子が見たい」などという自分勝手な理由で猫にお酒を与えるのは絶対にやめましょう。

ネコがお酒を飲んでしまった場合の対処法は?

飼い主がネコに故意にお酒を与えなくても、目を離したすきに猫がお酒をなめてしまうこともあります。

ネコがアルコールを摂取した事が発覚したら、中毒などの症状が出ていなくても、すぐに動物病院に連れて行って獣医師に診てもらいましょう。

自分の判断で水を与えることが危険な場合もあるので自分だけで判断せず、病院に連絡して専門家や獣医の指示に従いましょう。

猫は好奇心が強いので、飼い主がお酒をおいしそうに飲んでいるのを見て興味を持ってしまう事は多々あります。

対策としては、アルコールを飲んでいる時は猫が触れないように気をつけ、仕事などで家を空ける時はお酒の飲み残しなどを置いていかないなど、家族全員で注意していくことが大切です。

また、夜間や休日に対応している動物病院を見つけておく、動物保険にきちんと加入しておくなど万が一の場合に備えておくと安心です。

人間用のまたたび酒もNG!

暗闇にいる猫

人間用の「またたび酒」というものがあり、人間にとっては血流の改善や免疫力を高める効果があるので健康食材として知られています。

またたびは猫が喜ぶものでもあるため、またたび酒をあげても良いのでは?と思う方もいらっしゃるかも知れませんが、またたびであってもお酒はお酒。

アルコールが含まれているので猫に有害であることは変わりありません。またたび自体も猫に与えすぎると危険がありますが、猫にまたたび酒は飲ませないようにしましょう。

猫に甘酒を飲ませても大丈夫?

甘酒にはいくつか種類があり、アルコールの入ったものとそうでないものがあります。

米麹が原料の甘酒の場合はアルコールが1%未満でソフトドリンクとして売られているので、少量であれば猫が飲んでも危険は低いです。

ただし、米麹ではなく酒粕が原料の場合は、アルコール分が含まれているので猫には与えないようにしましょう。

米麹の場合も念のため沸騰させてアルコール分を飛ばしておくとより安心です。

どうしても飼い猫と晩酌したい人は猫用のお酒を

自分が晩酌をしていて飼い猫がお酒に興味を示した場合、あげてはいけない、危険だと分かっていても、ついあげたくなってしまうのも飼い主の心情ではないでしょうか。

アルコールの入ったお酒は与えてはいけませんが、どうしても猫と時間を共有したいという人にはネコ用のビールや日本酒、ワインなどの商品が「ペットの美と健康」というサイトで発売されています。
参考:http://www.pet-bitokenko.com/fs/bitokenko/c/pettotokanpai

価格も1本410円程度と手ごろで、ペットを飼っている人へのプレゼントとしても人気があります。

アルコールが入っていないのはもちろん、ビタミンCやオリゴ糖などの栄養が含まれているので、おやつにも使えるのも嬉しいポイントです。

おいしいウイスキーの蒸留所には必ずネコがいるって本当?

ウイスキーの生産が非常に盛んで、蒸留所が100以上存在しているスコットランドですが、スコットランド各蒸留所ではなんと猫が飼われているようです。

これはウイスキーの原材料となる穀物にネズミが寄ってきやすいためで、ネズミ退治のために猫が飼われるようになったからと言われています。

最近は技術的な進歩や施設の変化によってネズミも減り、現在ウイスキー蒸留所の猫はネズミを捕るのが目的というよりもマスコット的な存在で飼われていて、「ウイスキーキャット」と呼ばれることもあります。

猫を飼っている事でよく知られているのはグレンタレット蒸留所です。

ここで飼われていた猫「タウザー」はなんと生涯で28899匹のネズミを捕まえたと言われていて、ギネスブックにも載っているほどです。

この蒸留所はスコットランド最古の蒸留所という説もあり、グレンタレットのウイスキーはウイスキーコレクターやウイスキー評論家からも注目されています。

参考:タウザー(猫) – Wikipedia

ネコがモチーフになったお酒

猫にお酒をあげることはできませんが、人間が飲むのを前提で、猫好きな方々にぴったりなボトルデザインのお酒が発売されています。

酒を売る犬、酒を造る猫

酒を売る犬、酒を造る猫

出展:酒を売る犬、酒を造る猫 – KURAND

新潟の宝山酒造が販売している純米吟醸酒に、猫と犬のかわいらしいイラストがラベルに描かれたデザインのものがあります。

蔵元の渡邊桂太さんにの話によると、宝山酒造の蔵では「ミー太」と呼ばれる猫が飼われていて、この猫がデザインの発想になったのだといいます。

ミー太は元々野生の猫でしたが、蔵に遊びに来るたびに餌を与えていたらいつの間にか住みついていて、今ではすっかり看板猫として蔵見学に来た人や疲れた蔵人を癒し続けています。
参考:蔵に住み着いた猫が話題に!大学の同級生コンビで後を継いだ「宝山酒造」は今後が楽しみな蔵元

「酒を売る犬、酒を造る猫」のボトルはスッキリした口当たりで魚介類、海鮮料理などの食事にあうと人気があります。

今のところ会員制の日本酒定期便サービス限定でしか発売されていませんが、猫好き・犬好き・お酒好きの方はぜひチェックしてみてください。

ガタオヴィーニョ ヴェルデ

ポルトガル産のワインに猫のイラストが描かれたボトルがあり、とてもかわいいと話題になっています。

ポルトガルには普通の白ワイン、赤ワインに加えて、緑ワイン(ヴィーニョ・ヴェルデ)と呼ばれるものがあります。

微発泡性のある白ワインのような味わいでとてもさっぱりしていて、野菜料理、魚介料理によく合います。

冷蔵庫でしっかり冷やして飲むととてもおいしいです。

インターネットで1000~1300円程度と手ごろな価格で売られているので、猫とお酒が好きな方へのプレゼントにとても喜ばれるのではないでしょうか。

参考:ガタオ ヴィーニョ・ヴェルデ – 木下インターナショナル株式会社

ワインの焼酎 Rose White

シャトー勝沼が発売している「ワインの焼酎」は猫ソムリエのイラストが描かれていてとてもかわいいデザインです。

この猫はワイナリーによく出没している子猫がモデルになっていて、ボトルの可愛いイラストきっかけに女性にも気軽にワインを楽しんでもらいたいという想いからデザインされました。

ワインの焼酎は、ワイン70%に甲・乙種の焼酎をブレンドして熟成させたお酒で、ワインと焼酎のいいとこ取りをした新感覚のお酒です。

ワインの焼酎RoseとWhiteの2種類があり、グラスでロックにして飲んだり、炭酸水やフレッシュジュースなどと割って飲んだりと、飲み方は自由。気軽に楽しめるワインとして人気が高まっています。

※2017年11月現在「ワインの焼酎 Rose White」は販売停止になっているようです。。

ネコにお酒を与えないように注意しよう

猫にアルコールを与えてはいけない理由や飲んでしまった場合の対処法、猫用のお酒、また猫とお酒にまつわる豆知識やネコがモチーフのお酒を紹介しましたがいかがでしたか。

猫にアルコールは少量でも毒になりますので、お酒を与えるのは絶対にやめましょう。

猫専用に作られたワインやおやつをうまく利用して、大切な猫ちゃんと健康で楽しい時間を共有してくださいね。