今もペットとして長年愛され続けている猫ですが、アレルギーを持っている人には辛い現実も・・・。

今回は猫アレルギーについて知っておくべき内容と対策をいくつかご紹介致します。

そもそも猫アレルギーとは?

猫アレルギーとは、一般的に猫と同じ空間または、接触した際にアレルギー反応が発生してしまう事を指します。

主な症状は

  • 鼻水やくしゃみ、花粉症の併発(鼻のアレルギー症状)
  • 目のかゆみや充血が頻繁に起こる(目のアレルギー症状)
  • 肌のかゆみ(皮膚のアレルギー症状)
  • 息苦しく、咳き込む(気管支のアレルギー症状:喘息)

猫をペットとして飼っている場合、上記のような症状が現れたら、猫アレルギーの可能性があります。

症状は風邪や花粉症といった感じで、勘違いすることもあるので、猫を飼っている、またはどこかで猫と触れ合った後にこのような症状が現れたら、猫アレルギーも疑いましょう。

猫を飼う前にアレルギーをもっているか調べることはできるの?

猫を飼いたいけれど、事前にアレルギーを持っているか、調べたいという方も少なくありません。

実際にペットショップや猫カフェで猫と触れ合ってみる

アレルギー反応は猫の数が多いほど反応しやすいので、猫カフェなどで数匹と接触した後に症状がでれば、ほぼアレルギーを持っていることになります。

血液検査

RAST=radioallergosorbent test(放射性アレルゲン吸着試験)

この検査では、猫以外にも何に対するアレルギーなのかを調べることができます。心配な方は一度検査してみることをオススメします。

病院は遠くてなかなか行く時間もないという方は、「セルフキット」の選択もあります。

費用は販売会社によって異なりますが、6,000~20,000円前後で、自宅でアレルギー検査が行えるとして、忙しい方には便利なキットです。

自宅で採血して郵送で検査の申込みを行い、約2週間ほどで結果が返ってきます。

猫アレルギーの原因

猫アレルギーの検査方法はわかったとして、なぜ猫アレルギーが発生してしまうのでしょうか。

アレルギーの元は「アレルゲン」

猫アレルギーの元凶はアレルゲンですが、現在数種類発見されており、最も多く発症するアレルゲンとしては、「Fel d1」と、「Fel d4」というタンパク質で、主に猫の唾液から様々な所に付着しアレルギー反応がでてくると言われています。

唾液以外でも、猫の毛、皮膚、フケからも飛散するので、人間の目では発見することはできません。

その他、「Fel d7」や「Fel d5w」といったアレルゲンが存在しています。

そして注意すべきは、猫を飼っていない家庭でも、このアレルゲンが発見されているケースもありますので、猫を飼う前に発症しているようなら、注意が必要です。

アレルギー反応への対策って何ができるの?

日向ぼっこ中の猫

猫アレルギーは、治療によって根治するといった事がないため、普段からアレルゲンとの接触を避ける方法で、生活することが重要となります。

では、具体的には何をしたらいいのでしょうか。

猫のブラッシングをお手伝い(週に数回)

猫も綺麗好きで、よく毛づくろいしていますが、飼い主さんもブラッシングをお手伝いしてあげることで、抜け毛の処理ができどちらにもプラスになります。

アレルゲンが付着しやすい布団やカーテン、布類を洗濯する

洗濯した後は、乾燥機で熱を加えて乾燥までできればベストです。

できるだけフローリング調の部屋で飼う

布団やソファなど、布は猫の毛がよく絡むので、極力避けたいところですが、難しい場合は、「洗濯できるもの」で対応するとよいでしょう。

猫をお風呂に入れる(ペット専用のシャンプー使用)

毎日入れる必要はなく、月に2、3回ほどでいいです。
注意点として、初めて猫をお風呂に入れる場合は二人以上が望ましいです。
水が苦手な猫も多いので、引っかき傷に注意です。

猫と接する時はマスクを着用する

アレルギー体質の人は、猫の鼻や口元には顔を近づけず、マスクを着用して接することが最低限の予防となります。

猫の部屋に空気清浄機を設置する

家庭に空気清浄機があれば、ハウスダストとともにアレルゲンも減少させましょう

猫を頻繁に抱っこしない

猫と触れ合う度に抱っこすると、普段飛散しないアレルゲンも人の手で飛散させてしまう原因にもなりますので、アレルギー反応を意識するなら控えるのがよいでしょう。

毛が付着した衣類はこまめに取り除く

1日の終りに、衣類に付いた毛をできるだけ取り除く事を心がけることで、アレルギー反応を抑えることが出来ます。

ペットフードを変えてみる

ペットフードには「アレルゲン」を減らしてくれるものがあります。これらは動物病院などで相談すれば教えてくれます。

猫のトイレや寝具を清潔に

トイレは普段から綺麗にできると思いますが、猫が寝る場所はなかなか定まっていないこともあり、大変かと思います。

基本枕や、柔らかい素材の上で寝るので、これらを清潔に保つように心がけましょう。

ご家族で協力しながら愛猫との生活をよりよくするために、上記のような項目を心がければ、だいぶアレルゲンとの接触を避けて生活することができますので、参考にしていただければと思います。

猫アレルギー反応が出た時の対処法や薬はあるの?

では、実際に猫アレルギー反応が出た時、どんな対処方法があるのでしょうか。

薬での対処法

よく勘違いしてしまうのは、症状が花粉症に似ていることから、風邪薬や咳止めの薬で対処しようとする方がおりますが、アレルギーには効果が薄いので、市販薬で様子を見たい方は、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬がよいでしょう。

抗アレルギー薬は事前に炎症を引き起こす物質をブロックする作用があり、抗ヒスタミン薬はアレルギー反応に対して、皮膚炎などかゆみを抑えてくれる効果が期待できます。

お子さんがいる家庭などで、子供が発症した場合の多くは「喘息」ですが、市販薬では難しいので、病院での処方が望ましいです。その場合、気管支拡張剤を処方してもらいましょう。

お子さんでも服用できる気管支拡張剤は、メプチンシロップや、メプインエアー、ホクナリンテープなどがあります。

市販薬に関しては個人差があるため、飲み続けても効果が実感できない場合は、病院で処方してもらうのがベストです。

病院は何科を受診すればよいか

アレルギー反応がでたら、何科を受診すればよいのでしょう。

アレルギー科という専門的な科もありますが、一般的には皮膚科、耳鼻科、内科でも検査可能ですので、受診する場合は事前に調べておきましょう。

費用は保険によっても異なりますが、相場は5,000~10,000円となります。

症状がでておらず検査だけ行いたい場合、保険対象外となるのでご注意ください。

専門的な治療法

アレルギーに特化した治療で、「減感作療法(げんかんさりょうほう)」というのがあります

あまり聞き慣れない療法ですが、簡単に説明しますと、アレルギー反応が過剰に起こる事を抑える療法となります。

一定量のアレルゲンを継続的に体内へ投与し、体に覚えさせることでアレルギー反応に対抗できる体つくりを目的としていますが、治療期間は、2~5年とも言われており長期的な治療となります。

猫アレルギーは薬で根治することも難しいので、日頃からライフスタイルの見直しや、症状を軽減する為にアレルギーとうまく向き合う必要性があります。

医療の発展と研究

今も猫アレルギーの解明と研究は続けられており、2013年7月にはアメリカの専門誌より、猫アレルギーがどのように誘発されるかを解明したとの論文が発表されています。

また、猫のほか犬アレルギーにも有効的に活用できるとして、新治療法の誕生は近いかもしれません。

猫アレルギーでも猫を飼いたい!

アレルギーを持っているが、猫が好きで一緒に暮らしたいという人は、アレルギー反応の原因であるアレルゲンを出しにくい猫を選ぶという対策もあります。

アレルゲンに優しい猫とその特徴

・ジャバニーズ
長い毛ではありますが、抜け毛が少ない猫として有名です。特徴は透き通った青い目と、高いコミュニケーション能力

デボンレックス
こちらも抜け毛が少なく、アレルギー反応を最小限に抑えてくれます。特徴は大きな耳と、巻き毛です。

ロシアンブルー

他の猫と比べ毛も短く、抜け毛も少ないことから、アレルギー体質でも飼いやすいと評判です。特徴は気品あふれるラベンダーグレー。

他にもアレルギーに優しい猫達がいますので、気になる方はペットショップの店員さんへ相談されて決めてみてはいかがでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

猫は好きでもアレルギーが原因で飼うことを迷っている人も多くいると思いますが、事前にアレルギーと上手く付き合うことで、猫との距離が縮むかもしれません。

愛猫と末永く暮らすためには、自分のアレルギーを知るということも重要ではないでしょうか。