適齢用と全年齢用と種類が分かれているキャットフード。

健康のことを考えるとどちらが最適なご飯になるのか・・・。

気になる違いを解説していきます!

成長段階に合わせて与えるべき?

本来キャットフードは、適齢に合わせて与えるべきです。

猫のライフステージ別にキャットフードの特徴を見ていきます。

生後0日~2ヶ月の「幼猫期」

この頃はまだ歯が生えていません。

そのため、猫用ミルクを始めとして離乳食を与えます。

生後2ヶ月~1歳までの「子猫期」

この頃になると動きが活発になるだけでなく、一気に大人の猫に成長する期間です。

エネルギー消費は成猫の4倍ほどとされているため、子猫用のキャットフードは栄養は勿論の事、高カロリーで多くタンパク質を含みます。

1歳~7歳までの「成猫期」

子猫期と違って、体調の維持を目的に作られます。

子猫よりもタンパク質を減らして、太りすぎないように体格を維持するよう調整されています。

7歳~の「老猫期」

高齢になると運動量が減り、体の機能が少しずつ衰えていきます。

基礎代謝も低下し、消化器官の機能が低下していくと、食べたものを消化する時間もどんどん長くなっていきます。

吐くことが増えたりしてストレスが溜まっていき、大きな病気にもかかりやすくなるため、予防が必要です。

そのためにもタンパク質は少なく、低カロリーで低脂肪のキャットフードが必要です。

年齢を考えた栄養素のバランスをキャットフードで与えてあげる

上記のとおり、適齢のキャットフードはその年齢で健康である猫に適した栄養が含まれています。

例えば、成猫用を老猫に与えてしまうと栄養過多となり、内蔵に負担をかけてしまいます。

運動量も極端に減ってくる老猫は、カロリーの高い成猫用のキャットフードを食べるとどうしても上手く消化されず、肥満の原因にもなっていきます。

逆もしかりで、今度は栄養が不足してしまうので、おおよそ目安どおりに与えることが大事です。

何故全年齢用があるのか

適齢に合わせたキャットフードを与えるのが最適だとされているのに、何故全年齢用が販売されているのか?

それは、「多頭飼い」されている方がいらっしゃるからです。

1匹や2匹ならばキャットフードの適齢も融通がきくでしょう。

節約を意識しない限り、そこまで負担にもならないはずです。

ですが、5匹等飼っていて、その上皆年齢がバラバラともなると全て備えるのは至難の業。

その内に管理が杜撰になってしまい、逆に猫に負担をかける形になってしまうこと必至でしょう。

そんな時に役に立つのが「全年齢用」!

成分上は全ての猫に合うように作られたものになるので、猫ごとの管理も楽になりますし、なにより安心して食べさせることができますね。

しかし、全く同じキャットフードを子猫にも成猫にも老猫にもあげる事になるので、やっぱりその分与えるキャットフードは選ばなければなりません。

適当に買うのではなく、しっかり品質を見極めて与えましょう!

キャットフードを変えるなら

基本的に猫には「ネオフォビア」の傾向があることを忘れてはいけません。

ネオフォビアとは、新しいものを極端に怖がる・警戒することです。

新しいものはその猫にとって「安全ではない」ので、安全だと分かるまで満足に食事を楽しむことができません。

下手をすると全く食べなくなってしまって、大きな病気に・・・なんてことも!

匂いや味が「新しいもの」に変わると、猫は大きなストレスを抱えます。

大きなストレスを抱えると更に症状が悪化するので、出来るだけ前のキャットフードに少しずつ混ぜながら食べさせてあげてくださいね。

このことを考えると、年齢が変わっても常に同じキャットフードを与えられるので、「全年齢用」のキャットフードは最適かもしれませんね。

ただ、「変えてすぐ!」の時期に関しては「全年齢用」だから大丈夫!というわけではないので、しっかり猫のケアをしてあげてくださいね。

全年齢キャットフードを与えるときに注意すること

こちらを見つめる猫ちゃん

さて、適齢のキャットフードと全年齢キャットフードの違いがわかったところで、キャットフードを購入する際に気をつけたいポイントを挙げていきます!

原材料に気をつけて!

全年齢用に作られたからといって全てが全て同じ質であるとは限りません。

中には怖~い原材料が入っていたり・・・。健康的な質のいいキャットフードはどのように見極めていけばいいのでしょうか?

4Dミートと添加物

4Dミートとは

  • 死亡した動物の肉(Dead Meet)
  • 病気にかかった動物の肉(Diseased Meet)
  • 障害を持った動物の肉(Disabled Meet)
  • 危篤状態だった動物の肉(Dying Meet)

この4つのお肉をつかった原材料のことです。

これらは人間の食用としては使用されない質の低いお肉です。

ミートミールやビーフパウダーといった「肉副産物」が使用されている為、あまり気持ちのいいものではありませんね。

また、市販品の安価なものだと酸化防止剤や人工香料といった人工添加物が入っています。

これらは、

  • 賞味期限を長くすることが目的
  • 香りを強くして猫の食欲を刺激する目的

のために含まれています。

防腐剤に関しては、人間の基準外のものである「発がん性物質」が含まれているとも言われているもので、出来るだけ無添加で自然な素材を使ったキャットフードを選んでおきたいですね。

遺伝子組換え原料

遺伝子組換えの食材を使っているものだと、

  • ガン
  • アレルギー
  • 白血病

等の重大な病気にかかる危険性があります。

まだ日本では大きく取り扱われていませんが、もし入っていたらと思うと怖いですよね。

しっかり確認して、避けておきましょう。

タンパク質

猫は元々肉食であるため、肉や魚肉など、「動物性たんぱく質」を含むものを好んで食べます。

原材料にこれらが入っていると食欲も湧きますし、なにより猫風邪にかかりにくくなります。

できれば主原料に肉や魚肉を含み、35%以上タンパク質が含まれるものがいいでしょう。

国際規格を確認する

これは原材料ではありませんが、製造工場の安全管理の指標として「SAIGLOBAL」を獲得していることが目安になります。

ランクごとに分かれており、特にAランクを獲得しているようであれば、心配のいらない管理をしていることがわかります。

ドライフードにする

キャットフードにはウェットフードとドライフードがあります。

どちらもあげたことのある方はおそらくご存知とは思いますが、基本的にウェットフードのほうが猫の食いつきが良いです。

これは、触感が生肉に近い事や、とろみがついているほうが猫が好むからという理由があります。

ですが、ウェットフードはそもそも日持ちがせず、更に添加物の量がドライフードよりも極端に多い事からあまりおすすめはできません。

それに、ドライフードを食べさせることによって「カリカリ」という音が脳の刺激となり、認知症などの防止にもなるとも言われています。

顎の運動にもなりますし、いい事だらけですね!

おすすめ全年齢用キャットフード3選!

ここまでキャットフードについて解説してきましたが、具体的にどの商品が良いの?と言う方に!

厳選した3つの商品をご紹介いたします!

どのキャットフードも

  • グレインフリー(穀物不使用)
  • 無添加
  • ドライフード

なキャットフードです!

シンプリーキャットフード

シンプリー

価格 内容量 原産国
3,960円 1.5kg イギリス

動物愛護の先進国であるイギリスで作られているシンプリー。

オリゴ糖が2種類配合されている為、便秘予防や改善に繋がります!

主原料がサーモンで作られており、香りに特徴があるので猫の食欲もそそります!

どんな猫でも食いつきがとても良いので、キャットフードを切り替えるときはこれがおすすめ!

シンプリー公式サイトを見てみる♪

プレミアムキャットフード ジャガー

プレミアムキャットフードジャガー

価格 内容量 原産国
4,280円 1.5kg イギリス

肉と魚を多く使用したキャットフード!

肉と魚からは栄養素や高タンパク質が80%以上接種出来るので、安心してご飯として与えられるキャットフードになっています。

栄養価が高く質も高いペットフードを作ることで有名なメーカーです。

なんでも人間でも食べることができるレベルで高品質なんだとか!

安全性がどれほど高いのかがよくわかりますね!

ジャガー公式サイトを見てみる♪

カナガンキャットフード

価格 内容量 原産国
3,960円 1.5kg イギリス

イギリスでも最高級のキャットフードとして知られている商品!

こちらも人間が食べることができ、新鮮な材料を使って作られています!

ただ、主原料をチキンとして作られているので、チキンアレルギーがある猫には要注意です!

カナガン公式サイトを見てみる♪

まとめ

全年齢対応のキャットフードを買うなら

  • 無添加
  • 遺伝子組み換えしてない原料
  • ヘルシーで高タンパク質
  • ドライフード

以上の4点に気をつけて選んでみましょう!

可愛い愛猫と元気に暮らすためにも、毎日のご飯を充実したものにしてあげてくださいね!