カナダで採れた食材をふんだんに使っているアカナキャットフードをご存知でしょうか?
ネコちゃんが本来食べていた食事を再現するため、自社キッチンで徹底した管理とレシピの下で作られたキャットフードは、多くのネコちゃんが夢中になっています。
そこで今回は、カナダが生んだプレミアムキャットフード『アカナキャットフード』の魅力を、実際に飼い猫に与えてご紹介します。

アカナキャットフードってどんな商品?

アカナキャットフードは、タンパク質豊富で、炭水化物を抑えてたグレインフリー(穀類不使用)のキャットフードです。
以下では、地元の新鮮な食材を使用したアカナキャットフードの特徴をご紹介いたします。

アカナ公式サイトを見てみる♪

優れた栄養バランスを誇る原材料

まずは、アカナキャットフードの原材料をご覧下さい。

新鮮鶏肉(9%)、新鮮七面鳥肉(9%)、新鮮鶏内臓(レバー、ハツ、腎臓) (9%)、鶏肉ミール(8%)、七面鳥肉ミール(8%)、丸ごとニシンミール(8%)、丸ごとグリンピース、丸ごと赤レンズ豆、丸ごとヒヨコ豆、鶏脂肪(5%)、新鮮全卵(4%)、新鮮天然ウォールアイ(4%)、新鮮天然トラウト(4%)、新鮮七面鳥内臓(レバー、ハツ、腎臓) (4%)、丸ごと緑レンズ豆、丸ごとピント豆、丸ごとイエローピース、タラ油(2%)、日干しアルファルファ、乾燥鶏軟骨(1%)、乾燥ブラウンケルプ、新鮮カボチャ、新鮮バターナッツスクワッシュ、新鮮パースニップ、新鮮グリーンケ―ル、新鮮ホウレン草、新鮮カラシ菜、新鮮カブラ菜、新鮮ニンジン、新鮮レッドデリシャスリンゴ、新鮮バートレット梨、フリーズドライレバー(鶏と七面鳥)(0.1%)、新鮮クランベリー、新鮮ブルーベリー、チコリー根、ターメリックルート、オオアザミ、ごぼう、ラベンダー、マシュマロルート、ローズヒップ

(アカナ ワイルドプレイリーキャットを参考)

アカナキャットフードの主原料には新鮮な肉が使用されているため、安心してネコちゃんに与えることができます。
また、食物繊維としてグリンピースや赤レンズ豆といった豆類を使用しているため、穀物と比べて胃や腸への負担が少なくて済むので、アレルギーや体調不良を防ぐことができます。

また、以下ではアカナキャットフードがこだわりをもっている食材とその効果をご紹介致します。
そして、その効果を判断しやすくするため、健康をサポートする食材をオレンジ、与え方に注意が必要な食材はグリーンで表示します。

鶏肉七面鳥肉】 エネルギーの源
鶏肉や七面鳥といった肉には良質なタンパク質が豊富に含まれているため、肉食動物であるネコちゃんが活動するために欠かせないエネルギー源となります。

グリンピース赤レンズ豆ヒヨコ豆など】 優秀な食物繊維
市販のキャットフードの場合、食物繊維を含む炭水化物として、原価がリーズナブルなとうもろこしや小麦を使用することが一般的ですが、これらはネコちゃんがアレルギーを起こしやすいグルテンを含んでいるため、健康面を考慮するとオススメできない食材です。
しかし、アカナキャットフードはネコちゃんの身体にかかる負担を少しでも軽減するため、グリンピースや赤レンズ前、ヒヨコ豆といった豆類を少量使用しています。

また、豆そのものをネコちゃんに与える場合は、豆に歯ごたえが無くなる程度、柔らかく煮込むと消化しやすく、身体に良いです。

以下、アカナキャットフード ワイルドプレイリーキャットで使用されている豆類です。

丸ごとグリンピース、丸ごと赤レンズ豆、丸ごとヒヨコ豆、丸ごと緑レンズ豆、丸ごとピント豆、丸ごとイエローピース

全卵】 豊富な栄養源
かつては薬としても活躍していた卵には、タンパク質やビタミン、ミネラルといったネコちゃんに必要な栄養素が豊富に含まれています。
ただし、ネコちゃんには白身を消化する機能がないため、卵そのものを与える場合は、黄身だけを与えるようにしましょう。

ウォールアイトラウト】 タンパク源
アカナキャットフードのワイルドプレイリーキャットでは、主なタンパク源として鶏や七面鳥を使用していますが、ウォールアイやトラウトといった淡水魚も使って、多数の動物からタンパク質を摂取して、アレルギーになりにくい身体づくりを行なっています。

アルファルファブラウンケルプパースニップなど】
野菜や果物にはビタミンやミネラル、食物繊維が豊富に含まれており、天然の栄養素をキャットフードから摂取するためには欠かせない食材です。
ただし、ネコちゃんには緑黄色野菜に含まれるβカロテンをビタミンAに変換する能力がないため、ビタミンAだけは他の食材やサプリメントから摂取しています。

以下、アカナキャットフード ワイルドプレイリーキャットで使用されている野菜・果物類です。

日干しアルファルファ、乾燥鶏軟骨(1%)、乾燥ブラウンケルプ、新鮮カボチャ、新鮮バターナッツスクワッシュ、新鮮パースニップ、新鮮グリーンケ―ル、新鮮ホウレン草、新鮮カラシ菜、新鮮カブラ菜、新鮮ニンジン、新鮮レッドデリシャスリンゴ、新鮮バートレット梨、新鮮クランベリー、新鮮ブルーベリー、チコリー根、ターメリックルート、オオアザミ、ごぼう、ラベンダー、マシュマロルート、ローズヒップ

フリーズドライレバー】 スタミナ食材
レバーには鉄分、ビタミンA、ビタミンB2、ビオチン、葉酸の5つの栄養素が他の肉類と比べてトップクラスの含有量を誇っている上、低脂肪のため、シニア猫や妊娠中の猫にはオススメの食材です。
さらに、アカナキャットフードではフリーズドライをしたレバーを使用しているので、栄養と旨味が凝縮されているので、効率良く栄養補給をすることができます。

ミール】 危険な原材料を使用していることが多い
アカナキャットフードでは、鶏肉ミールや七面鳥ミール、ニシンミールといったミール原材料が使用されています。
ミール原材料とは、レンダリングという高温処理を行って油脂を抽出した際の副産物であり、食材がもつ風味がするものの、栄養価が殆ど残されていないため、キャットフードやドッグフードのかさましとして使われることが多いです。
また、レンダリングに使われる動物は、病気や事故、安楽死や伝染病などで亡くなっているケースもあり、危険視されています。

しかし、アカナキャットフードでは、人間の食品の安全基準をクリアした食材がミール原材料に使用されているため、問題ありません。

肉食動物向けの成分

まずは、アカナキャットフードの成分をご覧ください。

たんぱく質37.0% 以上、脂肪20.0% 以上、繊維3.0% 以下、灰分7.0% 以下、水分 10.0% 以下、カルシウム1.5%、リン 1.1%以上、オメガ6 2.9%、オメガ3 0.9% 以上、タウリン0.15%以上、マグネシウム 0.1%以下、代謝エネルギー410kcal/100g

(「アカナ ワイルドプレイリーキャット」を参考)

アカナキャットフードは一般的なキャットフードと比べてタンパク質が豊富に含まれているため、肉食動物であるネコちゃんの健康をサポートすることに長けています。
また、脂肪分も豊富に含有されているので、ダイエットに伴うイライラを抑えることができるので、体重の減量にも適しています。
ただし、100gあたり410kcalと高カロリーなので、目分量でフードを用意することはせず、正確に計量をして給餌量を決めましょう。

アカナキャットフードの3つのこだわり

アカナキャットフードは、ネコちゃんの健康をサポートするために、大きく分けて3つのこだわりをもってフードの製造を行なっているので、ご紹介いたします。

こだわりの自社キッチン

アカナキャットフードは、590万ドルをかけてカナダに建設した自社キッチンで日々研究を行なっています。
施設内には、フリーズドライヤーや加水分解器を備えており、より効率よく栄養を摂取し、良質なキャットフードをネコちゃんに届けるため、尽力しています。

地元産の食材を使用

ペットフードに使われている食材は、人間の食材と比べると品質が悪く、とても食べ物と呼べないものばかりです。
しかし、アカナキャットフードでは、本当に新鮮な食材を使って製造をしているため、ネコちゃんの食いつきもよく、良質な栄養を確保することができます。

内蔵機能に着目

ネコちゃんの品種は100種類を越えており、色や柄、雑種猫などを分類すると、その種類は数え切れませんが、アカナでは体内器官の働きに違いが無い事に着目して肉の量や鮮度、フードのバラエティを決めています。
また、自然な食事に近づけるため、高GI炭水化物、植物性たんぱく質、合成添加物といった人間がキャットフードを作る上で使っていた素材は一切使っていません。

家庭での管理を計算した内容量

アカナキャットフードは、1袋あたり340gと2kg(公式サイトのみ)もしくは1.8kg(市販)の2種類があります。
体重3kgのネコちゃんの場合、340gを完食するために1週間程度かかるため、常に新鮮な状態のキャットフードを食べさせることができるので、鮮度にもこだわった内容量といえます。
また、同じ条件のネコちゃんが2kgを完食するために1ヶ月半を要するため、完食する前にフードが劣化してしまうので、2kg入りは多頭飼いや大型種を飼育しているご家庭向けといえます。

アカナキャットフードを実際に使用した人たちの口コミまとめ

アカナキャットフードを実際に猫に与えた人たちのリアルな口コミを集めたので、購入前の参考にしてみてください。

アカナキャットフードの良い口コミ

男性

良い匂いがする

鰹節なのか、魚の良い匂いがし、この匂いに釣られて愛猫が喜んで食べています。

男性

他のキャットフードと一緒にあげてます。

アカナだけをあげていると、人間の食べているものをねだる様になってしまったので、他のキャットフードと一緒にあげています。
すると、人間の食事を欲しがらなくなり、今ではキャットフードだけで食生活を送っています。

男性

快便になりました!

今までは1週間のウンチの回数が5~6回だったのですが、アカナキャットフードに変えてから、毎日、ウンチが出るようになりました。
また、ウンチの状態も良く、小石のような固く、コロコロとしたウンチはしなくなりました。
同じ味付けのドライフードばっかりあげていると飽きてしまうようなので、今は他の味とローテーションしてあげています。

男性

食いつきが良い

フードを切り替えるとき、今まで食べていたキャットフードと混ぜて与えるように指示されていたのですが、とても美味しかったのか、今まで食べていたキャットフードだけを上手に残してアカナキャットフードを食べていました。
よっぽど気に入ってくれたようで、満足しています。

男性

安全だから安心

製造工程や食材の産地など、詳しく開示しているから、安心して愛猫にあげることができ、感謝しています。

女性

手頃

正直、2kgで6,264円は高いと思いました。
けど、同じような値段のキャットフードと比べると、食材の安全性が高く、食いつきも良いので、割安であることを実感しました。

アカナキャットフードの悪い口コミ

男性

食いつきが悪くなる

アカナキャットフードに変えた直後は食いつきが良く、喜んで食べてくれていたのですが、徐々に食いつきが鈍くなり、今ではあまり食べてくれません。
人間と一緒で、同じものばかり食べていると飽きてしまうのでしょうか。

女性

粒が少し大きい

うちの子は体重2.5kgの雑種猫です。
他のネコちゃんと比べても小柄なので、アカナキャットフードの粒のサイズは少し大きいようで、食べ難そうにしていることがあります。
普通の大きさのネコちゃんなら問題ないのでしょうが、うちの子には合わなかったようです。

アカナキャットフードを実際に試してみた!

アカナキャットフードのパシフィカキャットを実際に与えてみました。

アカナキャットフードのパシフィカキャットは、開封時、燻した魚の匂いがしました。
猫用のお皿を用意している最中に、飼い猫が寄ってきて、興味津々といった眼差しで食事を待っていました。

まずは今まで食べていたキャットフードとは混ぜず、アカナキャットフードだけを与えてみると、鼻を大きく動かして匂いを嗅ぐと、ガツガツと食べ始め、3分としない内に完食し、おかわりを催促していました。

100gあたり408kcalと高カロリーなので、少量でも余分に与えると肥満体系に近付いてしまうので、おかわりは与えませんでした。

今回は、1袋(340g入り)を1匹(雑種/2歳/3kg/メス)で、約2週間かけて完食しました。
また、身体への負担を抑えるため、今まで食べていたキャットフードと混ぜて与えていたため、これだけの日数がかかりましたが、通常は1袋(340g入り)1週間程度で完食する量です。

この2週間での外見の変化は、被毛や皮膚のツヤが増したことです。
急に寒くなったこともあり、被毛がパサパサしていたのですが、タンパク質や脂質が多いこともあり、被毛が滑らかになり、皮膚は肌色からさくらのような薄いピンク色になりました。

便量は少し減りましたが、スコップを使って詳しくチェックしなければ分からない程度の変化でした。
また、便の匂いや色についての変化はありません。

アカナキャットフードはかなり気に入ってくれたようで、アカナキャットフードから他のキャットフードへ切り替えをするのに3週間ほどかかりました。

アカナキャットフードはこんなネコちゃんにおすすめ

アカナキャットフードはすべての年齢のネコちゃんを対象としているため、多くのネコちゃんにオススメのキャットフードですが、あえて対象を絞るなら、健康寿命を延ばしてあげたいネコちゃんにオススメのキャットフードです。

アカナキャットフードに使われている食材は、新鮮な状態で自社キッチンに運ばれ、新鮮なままキャットフードへと調理されています。
ネコちゃんの健康な肉体や心を作るためには、鮮度の高い安全な食材を使ったキャットフードが大切になるので、是非、与えてあげてください。

また、アレルギーを避けたいネコちゃんにもオススメのキャットフードです。
アカナキャットフードではとうもろこしや小麦といった、ネコちゃんがアレルギーを起こしやすい穀物は一切使われていないので、アレルギーの発症が心配というネコちゃんやオーナーさんでも安心できます。
ただし、療法食ではないので、アレルギーを抱えているネコちゃんの場合は、獣医師と相談した上で与えましょう。

アカナキャットフードは公式サイト、Amazon、楽天のどこが最安値で購入できる?

アカナキャットフードは、多くのネット通販で販売されています。
そこで、公式サイト、Amazon、楽天の3社の値段を比較したものをご紹介します。

公式サイト Amazon 楽天
1,350円 1,239円 最安値
927円

比較対象は、アカナキャットフード『ワイルドプレイリーキャット』の340g入りです。
また、大袋サイズは公式サイトでは2kgを取り扱っており、Amazonと楽天では1.8kgを取り扱っているため、比較対象外としました。

アカナ公式サイトを見てみる♪

アカナキャットフードに関するよくある質問

以下では、アカナキャットフードに関する質問をまとめました。

アカナキャットフードの種類を教えてください。

アカナキャットフードには、以下の3種類があります。
また、キャットフードの名前をクリックすると公式サイトへジャンプします。

アカナ ワイルドプレイリーキャット
鶏肉と七面鳥を主原料としていますが、全卵やスズキといった食材も使用した多種類のタンパク質を使用したキャットフードです。

アカナ パシフィカキャット
全体の70%がニシンやカレイ、シロガネダラなど、天然の魚を100%使用したキャットフードです。

アカナ グラスランドキャット
放し飼いによって育てられた羊の肉を使用しており、鶏やニシンなども使用されたキャットフードです。

粒の形がそれぞれ異なっていますが、問題はありませんか?

アカナキャットフードは90度で3分間焼いているため、食材の栄養素や風味を損なわないものの、形は1粒ずつ異なってしまいます。
栄養面においては優れているため、問題はありません。

人工保存料は使用していますか?

アカナキャットフードでは人工保存料の代わりに、ビタミンE、クエン酸、ローズマリーエキスといった天然の保存料を使用して、安全性を高めています。
ただし、人工保存料ほど保存力は強くないので、保管の際は高温多湿を避け、できるだけ早く食べきりましょう。

ミール肉を使っていますが、大丈夫ですか?

アカナキャットフードでは、鶏肉ミール、魚ミール、七面鳥ミールといったミール原材料を使用していますが、副産物や抗生物質といった身体に危険を及ぼす可能性が高いものは一切使用せず、カナダの各協会やカナダ食品検査庁(CFIA)から人間用の食材として認定を受けた肉だけを使って製造しているため大丈夫です。

ダイエット用はありますか?

アカナキャットフードではダイエット専用のキャットフードは取り扱っていませんが、アカナキャットフードは筋肉量を高め、脂肪の燃焼をサポートするレシピをもって製造しているため、ダイエット中のネコちゃんを応援することができます。
ただ、ダイエットは食事と運動をバランス良く取り入れることで成功するので、運動も頑張らせてあげてくださいね。

まとめ

アカナキャットフードはネコちゃんの健康を徹底的に追及した安全性の高いキャットフードです。
市販のキャットフードの価格に慣れてしまったオーナーさんの場合、2kgあたり6,264円は高価に感じるかもしれませんが、ネコちゃんの健康寿命を延ばすのであれば、アカナキャットフードのようなヒューマングレード(人間の食材と同じ安全レベルの食材を使用しているペットフード)を選ぶことをオススメします。