猫の爪は人や犬と違ってとても鋭く、ちょっと引っかかれただけでもミミズ腫れになったり血が滲んだりしてしまいます。

鋭い爪が原因で、カーテンやカーペットに引っかかったまま中々外れなくて困っている猫の姿もよく見かけますよね。

猫と一緒に暮していく上で、人間にとっても猫にとっても安全な生活を送るために定期的な爪切りをしてあげる事は大事です。

この記事では、猫の爪の仕組みや爪切りの必要性、爪の正しい切り方をご紹介します。

猫の爪の仕組み

猫の爪が出し入れ自由で鉤状なのはみなさんよく御存じだと思います。

鉤爪というのは引っかけるための器官であり、ネコ科の動物の爪はみんなこの形をしています。

木を登ったり、獲物を捕まえたりするには最適の形です。

その鉤爪の中心部には神経と血管があります。

そして神経と血管の周りを何重もの層になって爪が覆いかぶさって生成されているのです。

なぜ猫は爪をとぐのか

鉤状の爪が層になって生成されているので、内側から新しい爪の層ができると外側の層は古くなり硬くなっていきます。

猫はそれを不快に思い、古く硬くなった外側の爪を捨て新しい爪にするために爪とぎをするのです。

猫を飼っている方は三日月型の薄い爪が落ちているのを見たことがあるのではないでしょうか。

それは外側の古い爪が剥がれ落ちたものです。(勝手に剥がれ落ちることもあります)

また爪とぎには、自分の爪で傷をつけ縄張りを主張することや、肉球から分泌されるニオイを擦りつけるなどといったマーキングの意味もあり、猫にとっては本能的な行為の一つなのです。

猫の爪切りは本当に必要?

猫は自分で爪とぎをするため爪切りは必要ないと思われがちです。

しかし、前述したように爪とぎとは古い爪をはがして新しい爪にするという行為であり、新しい爪にするということは鋭さもアップしてしまうということです。

玉ねぎは中心に近づけば近づくほど頭がとんがりますが、それと同じ原理です。

屋外で放し飼いの猫であれば話は別ですが、昨今では室内飼いの猫が大半ですし、木登りをして爪の先が削られることもありません。

爪とぎによって鋭くなった爪の先を少しでも丸くするために、猫の爪切りは必要なのです。

爪を切らないとどうなるの?

爪を切らずに放置すると鉤状の爪はどんどん丸まって伸びていきます。

鋭い爪のまま丸まって伸び、やがて肉球へ到達。

そうすると、猫のあの柔らかな肉球は簡単に傷ついてしまいます。

酷いときには歩けなくなってしまうこともあるので、動物病院へ駆け込むことになる前にきちんと爪切りをしてあげてください。

猫の爪の切り方と頻度

寝転がる可愛い猫

猫を後ろから抱えるようにし、膝の上に寝かせます。

爪切りを持たない手で猫の前足をやさしく握り、爪と指のつながり目を軽く上下につまむと普段は隠れている鋭い爪が出てきます。

その爪の先端のみを爪切りで切り落としてください。

この時、伸びているからと言って一気に切り落とさないようにしましょう。

爪の中にある血管と神経を傷つける恐れがあります。

猫の爪をよく見てみるとわかるのですが、血管と神経はピンク色になっています。

もちろん血管を切れば血が出ますし、神経を傷つければ猫は痛がりますので注意してください。

2~3mmを目安にちょっとずつ切ってあげるのが理想的です。

前足には親指もあります(足首あたりにあります)ので忘れずに切ってあげましょう。

前足が終われば後足も同様に爪を切ってあげてください。

後足の方が前足よりは爪の伸び方が緩やかなので、後足は先端をチョン、と落とすくらいでも大丈夫です。

爪切りの頻度は、慣れるまではちょっとずつ頻度高めで切ることをおすすめしますので、2週間に1回程度。

慣れてくれば一気に短く切ることができるので1か月に1回でいいでしょう。

爪切りの選び方

ペットショップやホームセンターへ行くと猫用の爪切りが売ってあります。

はさみタイプのものやニッパータイプのもの、プロが使うギロチンタイプのもの等種類は様々です。

はさみタイプは先端をちょっとずつ切ったり細かく切るのに向いていますが、2本指のみの力を使うので硬い爪を切るには不向きです。

逆にニッパータイプだと握りこめるので硬い爪は簡単に切れますが、細かい作業には向いていません。

ギロチンタイプはプロ用なので感覚をつかむまでに時間がかかりますが、慣れてしまえばちょっとずつ切るのもバッサリ切り落とすのも調節できますし、硬い爪も難なく切ることができます。

あと、猫用爪切りの代用品として人間用の小さい爪切りも使用可能です。

ただその場合は猫専用として使用し、人間と共用しないようにしましょう。

暴れないようにするにはどうすればいい?

猫の気持ちが落ち着いている時を選びましょう。

おやつをあげながら、タイミングを見計らって切る方法もおすすめですし、1人で切るのが難しい場合は爪を切る人となだめる人にわかれて、2人がかりで挑戦してみてください。

一度で全部の爪を切る必要はありませんので、何日かに分けて切れば猫への負担も軽減できます。

どうしても暴れる時は、猫の首に物干竿用の洗濯バサミをつけると大人しくなります。

それでもダメならば、家での爪切りはあきらめましょう。

爪切り自体がトラウマになり、一生爪切りをさせてくれなくなってしまっては本末転倒です。

トリミングサロンや動物病院で切ってもらうこともできますのでくれぐれも無理はしないようにしましょう。

爪切りを習慣化して快適な猫との生活を

猫は手足を触られることを極端に嫌がる動物ですので、爪切りを嫌がるのも当然です。

無理強いはせず、でも根気強く、1本からでもいいので爪を切る習慣をつけてください。

普段から手足にやさしく触れるようにし、手足を触られることに慣れさせるのもいいでしょう。

子猫の頃は爪の出し入れもできないので、爪切りに慣れさせておくには最適です。

爪切りを通して猫とのコミュニケーションが増えると絆もより一層深まると思います。

猫も人間もお互いが快適で安全な暮らしができるよう、ぜひ爪切りを習慣化してみてください。