猫は基本的に室内で飼う動物で、犬と違って散歩させたりする機会があまりない人も多いのではないかと思います。

しかし、やはり室内で飼っていると部屋の間取りなどにもよりますが、十分に猫ちゃんが運動するスペースが取れず、運動不足になってしまう事もあります。

ここでは猫ちゃんを運動不足にさせないためのポイントについて解説していきます。

散歩は運動不足解消とストレス発散に良い

猫を散歩させるメリットのひとつが運動不足の解消です。

家が狭く充分な運動をさせることが難しい場合は散歩に連れ出す事も選択肢のひとつでしょう。

運動不足を解消することで肥満を予防し、病気のリスクを減らすことにも繋がります。

ストレスを発散させてあげる事も大事

ストレスが発散できるというのもメリットです。

もともと野良猫として外で生まれ育った猫をいきなり完全室内飼いすると、外の世界が恋しくてストレスが溜まってしまいます。

しばらくは「外に出してくれ」と飼い主に訴えますし、脱走を試みることもしばしばです。

だからといって安易に外に出すと、迷子や喧嘩などで家に帰ってこなくなるリスクもあり、おすすめする事は出来ませんが、リードやハーネスをつけての散歩ならそのリスクも軽減できます。

また、縄張り意識の強い猫は縄張りの不安からスプレーなどの問題行動を行うケースも多く、散歩をさせ「自分で歩いて縄張りを守りたい」という欲求を少しでも解消させることで、安心してそのような問題行動が収まることもあります。

もちろん「家の中で満足させて、外への意識を逸らす」というのが理想ですが、一度、外の世界を知ってしまった猫にはなかなか難しいというのも現実です。

散歩がストレス発散に繋がるなら試してみても良いでしょう。

安易に猫を外に連れ出すのは危険

散歩させることで運動不足の解消とストレスの発散に繋がるというメリットもありますが、外に出たがるのを嫌がる猫を無理に散歩させる必要はありません。

室内で生まれ育った猫は外の世界を知らないので「外に出たい」とは思いませんし、外で育ったとしても何年も家の中で暮していれば外に出ようと思わなくなります。

ですから、家の中で満足してるならば無理に散歩に連れ出す必要はありませんし、下手に外の楽しさを知ってしまうと脱走を繰り返すようになり危険です。

室内飼いの猫にとっては家の外は縄張りの外でもあるので、怖がったり興奮して飼い主さんの言うことを聞かないこともあります。

また、猫は飼い主が予想出来ないような突飛な動きをし、突然走りだそうとすることもあります。

猫は犬と違って飼い主と従属的な関係になることはないので、おとなしく言うことを聞いてくれるとは限りません。

もし、どうしても言うことを聞かないのなら無理に散歩に連れて行くのを止めましょう。

リードかハーネスか

散歩の際に猫につける道具は「首にかけるリード」と「腕に通すハーネス」があります。

出来れば、より安定性があるハーネスを使いましょう。

猫は頭が小さいため首輪をきつめに調整しても抜けることがあり、腕に通すハーネスの方が猫の体に優しく安全なのです。

もちろんきちんと体の大きさにあったサイズを選んでください。

どうしてもハーネスを嫌がる場合はリードを使います。

どちらを使う場合でも、まず家で練習して猫が慣れさせ、外れないことを確認してから外に出ましょう。

散歩させるうえでの注意点、場所とコース

最初は家の周囲だけを連れて歩き少しずつ慣れさせていきましょう。

もしあまりにも怖がるようなら散歩を中止させてください。

恐怖のあまり暴れて脱走されてしまうかもしれません。

臆病な猫はよその人を怖がりますので、無理に人に慣れさせようとしないほうが良いでしょう。

特に子どもは猫を見ると興味本位で駆け寄ってきたり追いかけまわしたりするので注意が必要です。

よほど人慣れしていない限り、猫は子どもが苦手なのです・・・。

散歩コースも考えてあげましょう

散歩中には頻繁に犬や他人、車と出会います。

何かあったらすぐに隠れることのできる場所があちこちにあると猫も安心します。

出来るだけよその人や犬と出会わない、車の通りが少ない、隠れる場所があるなど静かなコースを選んでください。

猫が安心できるような状況でないと逆にストレスが溜まってしまい、外に連れ出した意味がありません。

散歩の範囲はあくまで猫の行動範囲内である家の近所に留めてください。

猫の行動範囲は広くても半径500m程度と言われていて、雄猫は行動範囲が広く雌猫は狭い傾向にあります。

猫を車に乗せて遠出させる飼い主さんもたまに居ますが、万が一、土地勘のない遠方の地で脱走した場合、見つけ出すのは困難で取り返しのつかない事態になりかねません。

猫を連れての遠出などは考えないでください。

猫は自由に動きたい

猫は木登りなどの上下運動が得意な生き物です。

散歩はある程度の運動不足解消とストレス発散になりますが、上下運動が出来ないというデメリットがあります。

また猫には高いところから周囲を眺めて縄張りを確認する習性もありますし、ただでさえ猫は気まぐれに自由に動き回りたい生き物なのでリードやハーネスをつけての散歩では、猫の欲求を完全に満たすことは出来ません。

散歩は運動不足解消になりますが、自分の好きな時間に自由に動き回りたいという猫の欲求を満たすために、家の中でもしっかり運動できる環境を作る必要があります。

室内で遊び回れるおもちゃを用意する

猫が遊び回れるキャットタワー

家の中でも運動させるために、猫じゃらしやボールなどのおもちゃは飼い主さんがマメに遊んであげる必要がありますが、価格も安く狭い場所でも遊べるので手頃です。

ひとつのおもちゃではすぐに飽きてしまうので、複数のおもちゃを用意してください。

また、安いおもちゃはすぐに壊れてしまうもが多いので消耗品だと思って定期的に新しいのを買ってあげる必要があります。

しっかりした運動をさせるならキャットタワー

猫じゃらしなどのおもちゃでも運動はできますが、しっかりとした上下運動をさせるためにキャットタワーも用意しましょう。

キャットタワーは猫に必要な上下運動、爪とぎ、隠れ家、寝場所と一つで用途は幅広く室内飼いでも退屈せず過ごすことが出来る便利アイテムです。

小さなものから大きなものまであるので、設置できる面積、お宅で飼っている猫の数、ライステージに合ったものを選んでください。

子猫のうちは高さ1m程度の小さなもので充分です。

活発な成猫にはステップが多く天井まで届く高さのあるキャットタワーがおすすめです。

運動能力が弱くなった高齢猫や、高いところがあまり好きでない猫には、段差が小さく登りやすいタワーが良いでしょう。