飼っている猫ちゃんには美味しいご飯を食べてもらい、スクスクと育ってほしいと思う人が多いでしょうが、せっかく良質なキャットフードをあげているのになんだか食い付きが悪い時ってありませんか?

単純にキャットフードの好き嫌いかと思いきや、連日のように全然食べないと心配になってしまうはずです。

ここでは愛猫がご飯を食べない時、どうしたら良いのかについて解説していきます。

ご飯を食べない時は体調不良?病気?

猫がご飯を食べない原因はいくつかありますが、まず考えられるのが病気などの体調不良です。

まず最初に疑って欲しい事は、もしも嘔吐を繰り返しているなら、お腹に毛玉が溜まって苦しんでいることが考えられます。

外の猫は草を食べてお腹の毛を定期的に吐きだしていますが、室内飼いの猫はそれが出来ません。

市販の毛玉ケアスナックや毛玉を除去する医薬部外品を与えて様子を見てください。

キャットフードの毛玉ケアが合わないことも考えられるので、フードを変えてみましょう。

暑い季節の場合は、夏バテによる食欲不振も考えられます。

猫は高温多湿の環境には弱いのです。

熱中症にならないように、夏場は室温湿度の管理に気を配り部屋の風通しを良くし日陰を作り、いつでも水が飲めるようにしましょう。

水分さえ与えていれば数日は大丈夫

肉食動物の猫は水さえ飲んでいれば数日くらいは食べなくても平気です。

しかし、あまり絶食が続くどんどん痩せこけていきさらに体調不良を招いてしまいます。

猫の体調不良や病気は日頃から飼い主さんが観察していれば細かい変化で気づくことが出来ます。

とにかく早期発見が大事なので、食欲不振のほかにも「いつもよりなんだか元気がない」、「毛づくろいをしない」、「トイレにも行かない」などの変化が見られたら体調不良を疑ってください。

この場合の応急処置としては、まずウェットフードを与えて見ましょう。

ウェットフードは臭いが強いので猫の食いつきが良く食欲がないときの食事に向いています。

他にスープ系のキャットフードや、少量のお湯や温めた牛乳でふやかしたドライフード、ミルクなども効果的です。

ただし人間用のミルクは乳糖が入っていて猫に与えると下痢になりやすいので、猫ミルクを与えてください。

お宅の愛猫がこれらの食事にも全く手をつけないようならば、いよいよ病気の可能性が出てきますので、出来るだけ早く病院へ連れて行ってあげてください。

食事の場所は?落ち着いて食べられる環境が出来ていますか?

猫にとって食事の時間とは睡眠と同じくらい無防備な瞬間です。

落ち着かない環境では臆病な猫ほど警戒してなかなかご飯を食べようとしません。

食事の場所は猫が落ち着いて食事が出来る静かで少し薄暗い場所が適しています。

人間が出入りする玄関や戸の近くは避けましょう。

また、多頭飼いの場合は皿の取り合いにならないよう猫の数だけ食器を用意する必要があります。

猫にも力関係があり、弱い猫が食事からあぶれて食べるのを諦めてしまうなんてこともあるからです。

猫は環境の変化に敏感です。

もしお宅の愛猫が家に来てまだ間もないなら最初は怖がって食事どころではないでしょうから、食事が出来るくらい落ち着くまで数日程度はかかるでしょう。

怖がって部屋の隅などに隠れている状況なら、家族が寝静まった後にコソコソと食事をしに出てくることも、猫が隠れている場所の近くに食器を置きそっとしておいてください。

落ち着いて食べられる環境が整えばおのずと食欲も沸いてきます。

発情期?恋の季節で食事どころじゃない

猫は年2回、発情期を迎えます。

一度、発情すると雄も雌も異性を求めて動き回るため食事どころではありません。

発情する期間はだいたい2~3週間ほどで「地面に体をこすりつける」、「スプレーの回数が増える」、「鳴く回数が増える」といった変化が見られ、大きな声で「うおぉ~ん」という盛り声を上げるのが特徴です。

一度、発情が始まってしまうと相手が見つかるか発情の季節が終わるまでその状態が続くので、なかなかご飯を食べてくれません。

特に雄猫は雌猫を探してどこかへ行ってしまい帰ってこない日が続くことも・・。

そういうことにならないためにも不妊・去勢手術を受けさせましょう。

外の猫が気になる?喧嘩した?

猫の縄張り争い

よそから来た猫が家の周りをうろついている、喧嘩をしたばかりで興奮している、もしこんな状況だったら食事どころではありませんよね。

喧嘩にならないために室内飼いが基本ですが、室内で飼っていても家の周りに猫がやってくることもあります。

その地域のボス猫が「この家には猫が居る」という情報が伝わって呼びに来るのです。

向こうにとってみれば、室内飼いだろうが外飼いだろうが関係ありませんから「ちゃんと挨拶に来い!どうして出て来ないんだおまえ?」と窓や玄関越しに喧嘩をふっかけられるなんてこともあります。

そういう状況のときは窓にカーテンをして一時的に外が見えないようにしたり、睨みあってるなら強制的に他の部屋に移動させましょう。

よその猫の存在が気にならなくなれば自然と食欲も沸いてくるのでそれほど心配は要りません。

猫はムラ食いが多い生き物

猫はムラ食いが多い生き物で、好き嫌いも激しく、体調に問題がなかったとしても、その時の気分によっては食べないなんてこともしょっちゅうです。

猫の祖先は野生で獲物を獲って生きてきました。当然、思うように狩りが出来ず食事にありつけないこともありますから、たくさん食べたあとはしばらく食べなくても平気なように体が作られています。

その習性が残っているため突然食べなくなってしまうことがあるのです。

いつでも食べられる環境があるため気が向いたら食べようと考えているのかもしれません。

慌てずしばらく愛猫の様子を見ましょう。

普段通り元気にしているようなら特に心配は要りません。

また、猫は味や臭いにはとても敏感です。

フードに飽きた、新しいフードが嫌いなんてこともありえます。

最近、キャットフードの切り替えを行ったのなら、元のフードに戻すか、新しいキャットフードを少しだけ混ぜ食べさせましょう。

そしてちょっとずつ新しいフードの量を増やして慣れさせていきます。

キャットフードにしてもその猫によって好みがありますから、お宅の愛猫が好むフードを見つけましょう。

放置したキャットフードは食べない事も多い

餌を出して時間が経ったという理由だけで食べないなんてことはしょっちゅうです。

時間が経って臭いが弱くなると口をつけようとしないのです。

飼い主さんは愛猫が食べやすいように気を配る必要があります。

一度にたくさんあげ過ぎないように、そのとき食べる分をだけを与える、食べ残しが出たらラップなどで密封します。

また、ウェットフードも活用できます。

ドライフードより臭いが強く味に変化がつくので食べてくれる可能性があります。

熱すぎたり冷たいフードは食べないことが多いので、熱かったら冷まし、冷めたフードは電子レンジでほんのちょっと温めましょう。

レンジで温めることで臭いも感じられるようになります。食事にちょっと変化をつけてあげるだけで猫の食欲が沸いてくるので試してみてください。

高齢猫は食欲が落ち歯が弱くなる

猫も人間と同じように老いがやってきます。

個体差もありますが10歳を過ぎたあたりから食べる量が落ちてきますし、歯も弱くなってきます。

そういうときは小粒で食べやすくドライフードや、柔らかくて食べやすいウェットフードを与えましょう。

また、キャットフードはライフステージごとに用意されています。

高齢猫に不足しがちなビタミンやタンパク質を強化し消化吸収に優れた「10歳以上」や「13歳以上」などと書かれたものを与えてください。

まとめ

猫ちゃんは気まぐれですが、長期間ご飯を食べない様なら何かしらの問題があると考えて良いでしょう。

何か異常だなと感じたら早めに獣医さんに連れて行ってあげてくださいね。